379件中 71 - 80件表示
  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たアムネスティ・インターナショナル

    しかし、(IHF)、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、アムネスティ・インターナショナルなどの非政府組織の人権団体はアメリカ合衆国国務省や欧州連合理事会とともに、ウズベキスタンを「市民権が制限された権力主義国家」と定義しており、「あらゆる基本的人権に対する広範囲の侵害」が存在することに重大な懸念を表明している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たスカート

    国内のイスラム教信者の割合は高いものの、イスラム教の実践は一枚岩からは程遠い。信仰については、20世紀を通して改革や世俗化、イスラム教の伝統との衝突を通して中央アジアで様々な方法が実践されているが、このような混乱した状況が世界へと発信され、定着することとなった。ソビエト連邦の崩壊により多くの人が予想したようなイスラム原理主義の台頭を招くことはなく、衣食に関する戒律は緩やかであり、基本的に女性は頭髪や足首を隠さない。しかし、ブハラなどイスラム色の強い都市では女性がパンツ(ズボン)を履くことに対して良く思わない傾向があり、多くの女性はスカートを履いている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た株式

    タシュケント証券取引所(共和国証券取引所、RSE)は1994年に取引を開始した。約1250のウズベキスタンのジョイント・ストック・カンパニーの株式や債券がRSEで取引されている。2013年1月時点において上場している企業の数は110に増加した。証券市場の発行済株式総数は2012年に2兆に達しており、証券取引所を通した取引に興味を持つ企業が増えていることからこの数字は急速に増大している。2013年1月時点における発行済株式総数は9兆を突破した。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たウズベク・ハン

    国名は、ウズベク人の自称民族名 (オズベク)と、ペルシア語で「?の国」を意味する (ウズベク語では )の合成語である。オズベクは、テュルク語で「自身が主君」を意味し、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)のウズベク・ハン(オズベク・ハン)の名に由来するといわれる。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た成田国際空港

    ウズベキスタン航空がタシュケント国際空港とアジアやヨーロッパの主要都市間を結んでおり、日本にも成田国際空港に週2便定期便を運航している。しかし、運休も多く、スケジュール通りに動くか当日にならないと判明しない事もあり、また、マイレージも独自のフライトのみでしか加算できないため、マニアックな人好みの航空会社となっている。タシケント国際空港にはアジアやヨーロッパから各国の航空会社が乗り入れており、ソ連時代より中央アジアにおけるハブ空港的な存在となっている。ウズベキスタン航空は、日本からウズベキスタンへの旅客輸送ではなく、イスタンブールやテルアビブなど、タシュケント以遠の都市への旅客輸送が、殆どである為、国会でも問題視されたが、法律で禁止されている事ではない。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たヒツジ

    ウズベキスタン料理は国内の農業に大きな影響を受けている。ウズベキスタンでは穀物の収穫高が多いことから、パンや麺はウズベキスタン料理において重要な地位を占めており、時に「ヌードル・リッチ(noodle rich、麺が豊富)」と形容されることがある。羊肉はウズベキスタン国内でヒツジの放牧が盛んであることから一般的に販売されている肉であり、様々なウズベキスタン料理に使用されている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たサンジャール・トゥルスノフ

    サッカーはウズベキスタンで最も人気のあるスポーツである。国内の最上位サッカーリーグはウズベク・リーグであり、2010年以降は14チームが所属している。2012年時点の国内リーグ王者はパフタコール・タシュケントであり、国内リーグ最多優勝はパフタコールの9回である。2012年のウズベキスタン年間最優秀サッカー選手賞受賞者はサンジャール・トゥルスノフとなっている。ウズベキスタンはアジアサッカー連盟(AFC)に加盟しているためAFCチャンピオンズリーグやAFCカップなどのAFCが主催する国際大会に出場しており、2012年にはFCブニョドコルがベスト4にまで進出した。また、2011年にはナサフ・カルシがAFCカップにおいてウズベキスタンサッカー界初の国際大会優勝を達成している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た土壌汚染

    アラル海の問題のため、特にアラル海に近いウズベキスタン西部にあるカラカルパクスタン地域では土壌に高い塩分濃度が検出されている上、重金属による土壌汚染が広がっている。また、国内の他の地域においても水資源のほとんどは農業に使用されており、その割合は約84%にのぼる。これは土壌の塩分濃度上昇に拍車をかけている。また、収穫量増加のため綿花農場における防虫剤や化学肥料の濫用を行ったため、深刻な土壌汚染が発生している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た原油

    ウズベキスタンはエネルギー資源として有用な鉱物に恵まれている。有機鉱物資源では世界生産量の2.2%に達する天然ガス(2175千兆ジュール、2001年)が有望。271万トンの亜炭、379万トンの原油も採掘されている。金属鉱物資源では世界シェア4.9%のウラン(1770トン、世界第7位)が際立つ。鉱業セクターは輸出にも貢献しており、特産物の絹織物につぎ、エネルギー輸出が全輸出額の10.3%を占める。その他の金属鉱物資源では、世界第9位の金(90トン)、銀のほか、小規模な銅採掘が続いている。リン鉱石も産出する。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た集会の自由

    事件に関する深い懸念がアメリカ合衆国、欧州連合、国際連合、OSCE議長、OSCE民主主義人権研究事務所によって示され、これらの機関はウズベキスタン政府から独立した調査を要求した。 ウズベキスタン政府が人命を不法に奪い、市民の集会の自由と表現の自由を否定していることにも非難が出ている。政府はこれらの非難を真っ向から否定した上で、必要最小限の武力を用いて反テロ活動を展開したにすぎないと主張した。さらに、政府の一部官僚は「ウズベキスタンに対して情報戦が仕掛けられている」と述べ、「アンディジャンの人権侵害」はウズベキスタンの内政に干渉するのに都合よい口実として、ウズベキスタンの敵対勢力がでっちあげたものであると主張した。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

379件中 71 - 80件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード