137件中 81 - 90件表示
  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たヒヴァ・ハン国

    ティムール朝の衰亡後、北からウズベク人が侵入し、ウズベク3ハン国と呼ばれるブハラ・ハン国、ヒヴァ・ハン国、コーカンド・ハン国を立てる。これらは19世紀に北からのロシア帝国に征服され、ロシア革命後はソビエト連邦下の共和国となり、その後ソビエト共産党政府の統治下に入り、ウズベク・ソビエト社会主義共和国となった。1966年4月、タシュケントを震源として市内では震度八をも記録する大地震が起こり、市内の建物のおよそ2/3が倒壊するという惨事となった。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たナヴォイ劇場

    日本との間も官民両面で友好関係を保っており、両国に大使館を持っている。第二次大戦後シベリア抑留を受けた日本人捕虜は首都タシュケントにも回され、中央アジア最大のバレエ・オペラ劇場たるナヴォイ劇場の工事などに従事した。1966年の地震にも全くの無傷という、過酷な強制労働にも関わらず見事な仕事を為し、それが現在ウズベキスタンで親日感情が高いことに繋がっている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たアラブ人

    ウズベキスタンの国土の中央部は、古代よりオアシス都市が栄え、東西交易路シルクロードの中継地ともなってきたトランスオクシアナ地域の大部分を占める。この地域は古代にイラン系のソグド人が活躍したが、8世紀にアラブ人によって征服され、宗教的にはイスラム化した。10世紀にはテュルク民族が進出し、言語的にテュルク語化が進む。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たソグド人

    ウズベキスタンの国土の中央部は、古代よりオアシス都市が栄え、東西交易路シルクロードの中継地ともなってきたトランスオクシアナ地域の大部分を占める。この地域は古代にイラン系のソグド人が活躍したが、8世紀にアラブ人によって征服され、宗教的にはイスラム化した。10世紀にはテュルク民族が進出し、言語的にテュルク語化が進む。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たシャフリサーブス

    「シルクロードの中心地」「ユネスコ世界文化遺産の宝庫」として、 青の街サマルカンドや茶色の町ブハラ、ヒヴァ、シャフリサーブス、仏教文化のテルメズなどが世界的に有名。ソ連からの独立後には歴史的遺構への訪問を目的とする各国からの観光客が急増し、それに伴い観光が外貨獲得源の1つとなった。これを受けて政府による観光客誘致が盛んに行われていることから、タシケントは海外のホテルチェーンの大規模ホテルが多く運営されている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たイスタンブール

    ウズベキスタン国営航空は、日本からウズベキスタンへの旅客輸送ではなく、イスタンブールやテルアビブなど、タシケント以遠の都市への旅客輸送が、殆どである為、国会でも問題視されたが、法律で禁止されている事ではない。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たロシア人

    2001年に2515万人。ウズベク人が80%を占め、5.5%のロシア人のほか、タジク人(5%)、カザフ人(3%)、カラカルパク人(2.5%)などの多くの少数民族が住む。その他、ソ連時代に沿海州から強制移住させられた朝鮮民族が約20万人ほど在住しており、「高麗人」と自称している他、ドイツ人やアルメニア人などもいる。ソ連時代に、ウズベク語を話すことのできるタジク人はウズベク人と分類されたため、タジク人は実際には相当数いるものとされる。実際には、人口の20?30%を占めているという調査もある。ソ連時代にはロシア人の割合は12.5%(1970年)を占め、タシュケントの人口の半数近くがロシア人・ウクライナ人であったが、現在はウズベク民族主義や経済的な理由により急減している。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見たドイツ軍

    一方、カリモフ大統領はイスラム過激派による武力蜂起だとして欧米側による報道を批判し、国際調査団を受け入れる考えのないことを表明している。また、2001年のアフガン侵攻以来、アメリカ軍の駐留を受け入れてきたが、2005年にこれを解消し、アメリカ軍は撤収することとなった。なお現在も、「反テロ作戦の一環」としてドイツ軍がテルメス飛行場に駐留を続けている。現在は上海協力機構の関係を深めている。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た果実

    また、綿花栽培に農地の大半を割いているため、各種穀物・果実野菜類を産する土地を有しながら、その食料自給率は半分以下である。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

  • ウズベキスタン

    ウズベキスタンから見た移動祝日

    上記の他、イスラム教に基く祝祭日。ヒジュラ暦に従って制定されるため、グレゴリオ暦では移動祝日となる。ウズベキスタン フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「ウズベキスタン」のニューストピックワード