90件中 11 - 20件表示
  • メディ・ベナティア

    メディ・ベナティアから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    メディ・ベナティア(, , 1987年4月17日 - )は、フランス・エソンヌ県エヴリー出身のサッカー選手。セリエA、ウディネーゼ・カルチョ所属。ポジションはディフェンダー。メディ・ベナティア フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・キメンティ

    アントニオ・キメンティから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2002年から2006年までユヴェントスFCに在籍し、ジャンルイジ・ブッフォンのバックアッパーとしてプレーした。出場機会を得るために2006年からカリアリ・カルチョやウディネーゼ・カルチョを渡り歩き、2008年7月にユヴェントスに復帰した。アントニオ・キメンティ フレッシュアイペディアより)

  • マウロ・エスポージト

    マウロ・エスポージトから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    01-02シーズンにウディネーゼ・カルチョから当時セリエBのカリアリ・カルチョへ移籍し、03-04シーズンに40試合17ゴールの活躍でセリエA昇格に貢献。マウロ・エスポージト フレッシュアイペディアより)

  • ネド・ソネッティ

    ネド・ソネッティから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    1974年にセリエDで監督業をスタートして以来、30年以上の経験を持ち、主に中小クラブの監督を歴任。クラブの昇格請負人として、コゼンツァ・カルチョ(1980)、Sambenedettese(1981)、アタランタBC(1984)、ウディネーゼ・カルチョ(1989)、アスコリ・カルチョ(1991)、USレッチェ(1999)、ブレシア・カルチョ(2000)において、クラブの昇格に成功している。ネド・ソネッティ フレッシュアイペディアより)

  • UEFAインタートトカップ 2000

    UEFAインタートトカップ 2000から見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    UEFAインタートトカップ 2000は、ウディネーゼ、セルタ・デ・ビーゴ、シュトゥットガルトが優勝し、UEFAカップ 2000?01に進んだ。UEFAインタートトカップ 2000 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンピエロ・ピンツィ

    ジャンピエロ・ピンツィから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ジャンピエロ・ピンツィ(Giampiero Pinzi, 1981年3月11日 - )は、イタリア出身の元同国代表、セリエA・ウディネーゼ・カルチョ所属のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。ジャンピエロ・ピンツィ フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・サンマルコ

    パオロ・サンマルコから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    サンプドリアにおいてはワルテル・マッツァーリの指導下で才能が開花し、積極的な攻め上がりでチーム躍進に貢献。2007-2008シーズンは30試合出場で5得点を記録した。2008-2009シーズン、サンプドリアへ完全移籍した。2009-10シーズンはウディネーゼ・カルチョへレンタル移籍。2011年1月にはACチェゼーナへレンタル移籍。2011年8月、古巣のキエーヴォへレンタルで復帰した。パオロ・サンマルコ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・パスクアート

    クリスティアン・パスクアートから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2003年にユヴェントスの下部組織に入団。プリマヴェーラ在籍時の2007年には、スーペルコッパ・プリマヴェーラの決勝戦のインテル戦でFKを含む2ゴールを決め、チームの優勝に貢献する。07-08シーズンの最終節、5月11日のカターニャ戦でセリエAデビュー。2008年8月24日、セリエBのエンポリへローン移籍することが公式に発表された。08-09シーズンはエンポリで36試合に出場し2ゴールを記録。契約が1年延長され、09-10シーズンもエンポリに在籍していたが、2010年1月の冬の移籍市場でトリエスティーナへローン移籍。同シーズンが終わり、一旦、ユヴェントスへ復帰し、新監督のデルネリ監督の下でサイドハーフとしてテストされるが、慣れないポジションの為、激しいポジション争いに勝ち残ることができず、セリエBのモデナへのローン移籍が決まった。10-11シーズンは、8月22日の開幕戦のピアチェンツァ戦で後半のロスタイムに決勝点となるFKを決め、チームを1-0の勝利に導く。続く翌週の第二節、アウェイのアスコリ戦でも同点ゴールを決め、幸先のいいスタートを切る。第四節のトリエスティーナ戦でも2ゴールするなど好調を維持し、シーズン合計9ゴールを記録した。2011-12シーズンはセリエAのレッチェへローン移籍したが契約を解除。2012年1月、トリノFCに移籍。2012年6月、ユヴェントスがクワドォー・アサモアとマウリシオ・イスラを獲得する条件の一部としてウディネーゼへ共同保有権が譲渡される。2012-13シーズンはボローニャへローン移籍。クリスティアン・パスクアート フレッシュアイペディアより)

  • ディダク・ビラ

    ディダク・ビラから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2011年1月28日、イタリア・セリエAのACミランに移籍した。2010-11シーズン最終節のウディネーゼ・カルチョ戦でデビューしたが、ジャンルカ・ザンブロッタやルカ・アントニーニの壁は厚く、この1試合の出場のみに終わった。ディダク・ビラ フレッシュアイペディアより)

  • ピースカップ (サッカー)

    ピースカップ (サッカー)から見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    6月12日付けの韓国連合ニュースによると、主力選手の移籍のため、ウディネーゼが出場をキャンセルし、代わりにラシン・サンタンデールが出場すると報道。ピースカップ (サッカー) フレッシュアイペディアより)

90件中 11 - 20件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード