90件中 21 - 30件表示
  • ジャンドメニコ・メスト

    ジャンドメニコ・メストから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    南部にあるレッジーナ・カルチョの下部組織出身で、各年代のイタリア代表に選出された。レッジーナでは2002年から2005年まで、中村俊輔のチームメートでもあった。2006-07シーズンにはワルテル・マッツァーリ監督の指導の下、左サイドのフランチェスコ・モデストと共にサイド攻撃を支える。その活躍が認められ、インテル・ミラノも関心を示す程であったが、出場機会を得る事を優先したメストは中堅クラブのウディネーゼ・カルチョへ移籍。ウディネーゼの攻撃サッカーを支え、次いでジェノアCFCに移籍し、着実な成長を見せていた。一方で、戦術的柔軟性に欠ける嫌いがあり、2011-12シーズンからアルベルト・マレザーニ監督に変わった影響もあり、システムがメストが得意とする3バックから4バックに変更されたことで、出場機会がやや減少した。ジャンドメニコ・メスト フレッシュアイペディアより)

  • エミルソン・サンチェス・クリバリ

    エミルソン・サンチェス・クリバリから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2005年夏、ウディネーゼ・カルチョからラツィオにレンタル移籍。セバスティアーノ・シヴィーリアやグリエルモ・ステンダルドとセンターバックのコンビを組み、完全移籍を果たした2006-2007シーズンにはラツィオが3位に躍進する原動力となった。エミルソン・サンチェス・クリバリ フレッシュアイペディアより)

  • セルセ・コズミ

    セルセ・コズミから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2004-2005シーズン、セリエBのジェノアCFCを率いて優勝を果たしたが、クラブ会長エンリコ・プレツィオージによる買収疑惑が浮上して取り消しとなった。2005-2006シーズンはルチアーノ・スパレッティの後任としてウディネーゼ・カルチョ監督に就任。チームはUEFAチャンピオンズリーグとの両立で疲弊し、辞任に追い込まれた。2007年から2008年まではブレシア・カルチョを率いたが、セリエA昇格は成らなかった。2009年10月、低迷するASリヴォルノ・カルチョの監督に就任。2010年1月24日、アルド・スピネッリ会長との確執で辞任を表明するが、2日後の1月26日に辞任撤回を表明。4月5日、スピネッリ会長により解任された。セルセ・コズミ フレッシュアイペディアより)

  • デリオ・ロッシ

    デリオ・ロッシから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2009年11月23日、ワルテル・ゼンガの後任としてパレルモの監督に就任。チームの立て直しに成功し、ACミランやユヴェントスといった強豪クラブを撃破し、5位でリーグ戦を終えた。翌2010-11シーズンも引き続き指揮を任されるが、2011年2月27日のウディネーゼ戦で0-7と大敗し、翌28日に解任された。しかし、後任のセルセ・コズミが結果を残せず4試合で解任されたため、4月3日にパレルモの監督に復帰。コッパ・イタリアでは決勝まで勝ち進んだが、インテルに敗れた。シーズン終了後の6月1日、再びパレルモを退団することが発表された。デリオ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • ルイジ・デ・カーニオ

    ルイジ・デ・カーニオから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ペスカーラにて結果を残し、ウディネーゼの監督に招聘される。インタートトカップを獲得する(2000年)が、成績不振で翌年解任。ルイジ・デ・カーニオ フレッシュアイペディアより)

  • ピエルマリオ・モロジーニ

    ピエルマリオ・モロジーニから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    地元のアタランタBCでキャリアをスタートさせ、2005年にはウディネーゼ・カルチョとの共同保有選手となった。2006年にはウディネーゼがアタランタから全保有権を買い取り、経験値を積むためにセリエB(2部)のボローニャFCにレンタル移籍させた。2007年にはヴィチェンツァ・カルチョが保有権の50%を獲得し、2009年まではヴィチェンツァでプレーした。この期間中には、クラブの試合ではプロ経歴唯一となる得点を決めている。2009年8月31日、セリエBに降格したばかりのレッジーナ・カルチョにレンタル移籍した。2010年2月1日、カルチョ・パドヴァにレンタル移籍した。2010年6月、パドヴァは買い取りオプションを行使しないことを決めた。2010-11シーズン前半戦はヴィチェンツァにレンタル移籍して15試合に出場した。2012年1月、ASリヴォルノ・カルチョにレンタル移籍した。ボローニャからリヴォルノまで、レンタル移籍先はすべてセリエBのクラブであった。ピエルマリオ・モロジーニ フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・ラネーギー

    マティアス・ラネーギーから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2012年8月31日、移籍市場最終日にセリエAのウディネーゼ・カルチョと5年契約を結んだ。9月24日のACミラン戦でヘディングゴールがウディネーゼでの最初のゴールとなり、2-1で勝利した。マティアス・ラネーギー フレッシュアイペディアより)

  • トラヴィス・ドッド

    トラヴィス・ドッドから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    アデレード・シティFCで16歳281日とNSL史上4番目の若さでデビュー。2003年の戦でNSL史上5人目となる途中出場でハットトリックを達成し、4-1で勝利した。2003-04シーズン終了に伴いNSLが消滅すると、国外にプレーする場を移し、マレーシアのジョホールSC, ギリシャのに所属した。パニオニオス時代は監督交代により滞在は短いものとなり、リーグ戦4試合, はイタリアのウディネーゼ・カルチョ相手にゴールを決めた試合を含め、5試合に出場した。トラヴィス・ドッド フレッシュアイペディアより)

  • ダミアーノ・フェロネッティ

    ダミアーノ・フェロネッティから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ASローマの下部組織出身。ローマでのリーグ戦出場は1試合のみで、セリエB・USトリエスティーナ へのレンタルを経て、2004年にパルマFCへ移籍(共同保有)。2007年夏に完全移籍したが、直後にウディネーゼへ移籍することになった。ダミアーノ・フェロネッティ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・ラッツァーリ

    アンドレア・ラッツァーリから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    アンドレア・ラッツァーリ(Andrea Lazzari, 1984年12月3日 - )は、イタリア出身のサッカー選手。ウディネーゼ所属。ポジションはMF、FW。アンドレア・ラッツァーリ フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード