216件中 31 - 40件表示
  • スレイマン・ディアムテーヌ

    スレイマン・ディアムテーヌから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ディアムテーヌは故郷のでキャリアを始め、その後ウディネーゼ・カルチョのスカウトに連れられイタリアに渡った。2001年から2004年までセリエC1ので過ごし、その間の2003-04シーズンにセリエAのペルージャ・カルチョにレンタルで在籍した。スレイマン・ディアムテーヌ フレッシュアイペディアより)

  • アルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオール

    アルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオールから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2000年には、かつて父ジーコが在籍したセリエA・ウディネーゼ・カルチョの入団テストを受けたが、契約には至らず。その後はUSAのニューイングランド・レヴォリューション、2003年はJ2のサガン鳥栖へとそれぞれCFZ・ド・リオからの期限付き移籍で在籍した。鳥栖では開幕の一週間前にようやく来日したが、低調なパフォーマンスが続き6月に契約解除された。引退後はCFZの社長を務めている。アルトゥール・アントゥネス・コインブラ・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • ジャンピエロ・ピンツィ

    ジャンピエロ・ピンツィから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    SSラツィオのユース出身であるが、出場機会のないまま、2000年にウディネーゼ・カルチョへ移籍する。中盤の中核をなす選手として活躍したが、2007年に就任したパスクアーレ・マリーノ監督の下では負傷もあって出場機会が減少する。2008年から2010年まで、ACキエーヴォ・ヴェローナへレンタル移籍し、ゲームメーカーとしての才能を見せた。ジャンピエロ・ピンツィ フレッシュアイペディアより)

  • モディボ・ディアキテ

    モディボ・ディアキテから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ペスカーラ・カルチョのプリマヴェーラ出身。2006年夏、SSラツィオに移籍。しかし、怪我で1シーズン目のほとんどを棒に振り、デビューしたのは2007年4月1日のウディネーゼ・カルチョ戦であった。2007-08シーズンは開幕戦・トリノFC戦でスターティングメンバーに名を連ねるも、前半で大怪我を負い途中交代。またもや長期の離脱となってしまった。ラツィオ加入後は怪我に泣かされており、在籍の2年間でわずか4試合の出場にとどまっている。モディボ・ディアキテ フレッシュアイペディアより)

  • パナギオティス・コネ

    パナギオティス・コネから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2014年8月13日、ボローニャの2部降格に伴いウディネーゼ・カルチョへ移籍。2015-16シーズンは負傷の影響により出場機会に恵まれず、2016年2月1日にACFフィオレンティーナへ買い取りオプション付きで期限付き移籍することが発表された。4月10日のエンポリFC戦で82分にヨシップ・イリチッチに代わってピッチに立ち、同クラブ初出場となった。パナギオティス・コネ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・モッタ

    マルコ・モッタから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2005年よりアタランタとウディネーゼ・カルチョの共同保有となり、2007年に完全移籍した。その後、8月3日にトリノFCへレンタル移籍し、2009年1月2日には故障などによるDF不足に苦しむASローマにレンタル移籍した。2月24日のアーセナルFC戦でUEFAチャンピオンズリーグ初出場を果たす。7月1日、移籍金350万ユーロ・3年契約の共同保有で移籍した。しかし、2009-10シーズンはマルコ・カッセッティの控えに甘んじ、シーズン終了後にウディネーゼに復帰した。マルコ・モッタ フレッシュアイペディアより)

  • ピエルマリオ・モロジーニ

    ピエルマリオ・モロジーニから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    地元のアタランタBCでキャリアをスタートさせ、2005年にはウディネーゼ・カルチョとの共同保有選手となった。2006年にはウディネーゼがアタランタから全保有権を買い取り、経験値を積むためにセリエB(2部)のボローニャFCにレンタル移籍させた。2007年にはヴィチェンツァ・カルチョが保有権の50%を獲得し、2009年まではヴィチェンツァでプレーした。この期間中には、クラブの試合ではプロ経歴唯一となる得点を決めている。2009年8月31日、セリエBに降格したばかりのレッジーナ・カルチョにレンタル移籍した。2010年2月1日、カルチョ・パドヴァにレンタル移籍した。2010年6月、パドヴァは買い取りオプションを行使しないことを決めた。2010-11シーズン前半戦はヴィチェンツァにレンタル移籍して15試合に出場した。2012年1月、ASリヴォルノ・カルチョにレンタル移籍した。ボローニャからリヴォルノまで、レンタル移籍先はすべてセリエBのクラブであった。ピエルマリオ・モロジーニ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・ドッセーナ

    アンドレア・ドッセーナから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2006年7月12日にウディネーゼ・カルチョに移籍。2年目の2007-08シーズン、パスクアーレ・マリーノ監督の指導下でブレイクし、左のサイドハーフおよびサイドバックとして注目を集めた。アンドレア・ドッセーナ フレッシュアイペディアより)

  • ベルナルド・コッラーディ

    ベルナルド・コッラーディから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2001年のガイスカ・メンディエタの移籍金の未払い分の清算(1000万ユーロ分)として2004-05シーズンにステファノ・フィオーレ(650万ユーロ分)とともにリーガ・エスパニョーラ・バレンシアへ移籍したが、同国人のクラウディオ・ラニエリ監督解任後は出場機会を失い、結局メンディエタのラツィオ移籍と同様フィオーレともども国外移籍は大失敗に終わった。翌シーズンにはパルマへレンタル移籍。2006-07シーズンからはマンチェスター・シティへ完全移籍。2007-08シーズンは大量補強を敢行したマンチェスター・シティを離れ、再びパルマにレンタル移籍。2008-09シーズンからレッジーナに完全移籍。レッジーナのセリエB降格に伴い、2009-10シーズンからはウディネーゼに移籍。当初は別の背番号をつける予定だったが、背番号9を着けていたナイジェリア人FWオディオン・イガロが譲ったため9をつけることになった。ベルナルド・コッラーディ フレッシュアイペディアより)

  • ミケーレ・パオルッチ

    ミケーレ・パオルッチから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ユヴェントスFCの下部組織で育ち、06-07シーズンにアスコリ・カルチョへローン移籍。デビューシーズンながら6ゴールを記録する。2007年夏、共同保有の形でウディネーゼ・カルチョへと移籍したが冬の移籍市場でアタランタBCへ移籍。また、08-09シーズンにはカルチョ・カターニアへの移籍が決まり渡り鳥生活が続く。カターニアではワルテル・ゼンガ監督の指揮の下、26試合に出場し7ゴールを挙げキャリアハイの成績を残した。2009年夏、ユヴェントスはウディネーゼから保有権の半分を買い戻すが、今度はACシエーナへ保有権の半分を売却。2010年1月、古巣のユヴェントスで怪我人が続出した為、急遽シエーナからユヴェントスへ復帰し4試合に出場する。2010年夏の移籍市場では、カターニアやACキエーヴォ・ヴェローナなどセリエA所属のクラブへの移籍の噂が取沙汰されたが契約までは至らず、10-11シーズンはシエーナへ復帰し、セリエBでプレイすることになった。ミケーレ・パオルッチ フレッシュアイペディアより)

216件中 31 - 40件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード