216件中 41 - 50件表示
  • ルイス・ビジガウ

    ルイス・ビジガウから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    1995年からポルトガルの名門スポルティングCPに移籍し、5シーズン在籍。その後、活躍が認められてイタリアのナポリに移籍し、リヴォルノ、ウディネーゼなどを経て、ポルトガルに帰還し引退した。ルイス・ビジガウ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアーノ・ジャンニケッダ

    ジュリアーノ・ジャンニケッダから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    豊富なスタミナと高い守備力が売りの典型的な潰し屋。試合終盤の守備固めの時のオプションとして非常に重宝する選手である。また、センターバックもこなすことができる。ウディネーゼ・カルチョ時代にはキャプテンを務めていた。ジュリアーノ・ジャンニケッダ フレッシュアイペディアより)

  • ジェリコ・ブルキッチ

    ジェリコ・ブルキッチから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    地元のFKヴォイヴォディナ・ノヴィサドで活躍し、2011年夏にイタリアのウディネーゼ・カルチョへ移籍したが、すぐにACシエナへレンタル。2011-12シーズンはシエナでプレーした後、ウディネーゼに復帰した。2013-14シーズン開幕前のトレーニング中に左肩を負傷し4か月間戦列を離れることとなり、代役に抜擢された当時17歳のシモーネ・スクッフェートが台頭した。2014-15シーズンはグラナダCFへのレンタルを終えたオレスティス・カルネジスにレギュラーの座を奪われ、2015年1月9日にカリアリ・カルチョへ期限付き移籍することが発表された。ジェリコ・ブルキッチ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・アントニオ・デ・マットス・フィリォ

    マルコ・アントニオ・デ・マットス・フィリォから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2015年8月8日、ウディネーゼ・カルチョに4年契約で移籍した。マルコ・アントニオ・デ・マットス・フィリォ フレッシュアイペディアより)

  • ガエターノ・ダゴスティーノ

    ガエターノ・ダゴスティーノから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ASローマの下部組織出身。2001年にはASバーリとの共同保有選手になり、アントニオ・カッサーノと入れ替わるようにバーリに移籍した。2004年に移籍したFCメッシーナでは中心選手となり、2006年にはウディネーゼ・カルチョに移籍した。ガエターノ・ダゴスティーノ フレッシュアイペディアより)

  • ニコラス・ロペス

    ニコラス・ロペスから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2013年7月、ウディネーゼ・カルチョに共同保有で移籍決定。2014年6月20日にはクラブが保有権を完全に取得したことを発表した。ニコラス・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・オボド

    クリスティアン・オボドから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2001年、イタリア・セリエAに所属していたACペルージャでプロデビュー。2004-2005シーズン、ACFフィオレンティーナに移籍。2005-2006シーズンからはウディネーゼ・カルチョでプレーしていたが、度重なる負傷や若手の新戦力の加入で出場機会は減少。2010-11シーズン、トリノFCにレンタル移籍。2011-12シーズンはUSレッチェにレンタル移籍。クリスティアン・オボド フレッシュアイペディアより)

  • ルーカス・カストロマン

    ルーカス・カストロマンから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    1998年2月17日のラシン・クラブ戦でプロデビュー。2001年1月、イタリア・セリエAのラツィオへと初の国外移籍を果たす。しかし出場機会にはあまり恵まれない上にクラブ首脳陣とはゴタゴタが続き、2003年にはウディネーゼへレンタル移籍。2003-04シーズン終了後に古巣ベレス・サルスフィエルドへと復帰した。復帰後カストロマンはフォワードへとコンバートされたが、これをきっかけに活躍の機会を得るようになった。そしてベレス・サルスフィエルドの7年ぶりのクラウスーラ優勝を経験した。ルーカス・カストロマン フレッシュアイペディアより)

  • ルカ・カステラッツィ

    ルカ・カステラッツィから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    セザルがイングランドのQPRに移籍した2012-13シーズンはウディネーゼ・カルチョから移籍してきたサミール・ハンダノヴィッチの控えを務めることが予想されたが、ハンダノヴィッチの負傷離脱にともない代わってゴールを守ることになった。8月2日、ペスカーラとの開幕戦に先発フル出場。無失点に抑え、3-0で勝利した。その後、第2節のASローマ戦でも先発を務めたが、ハンダノヴィッチが復帰した第3節のトリノFCからは再び控えに戻った。12月18日、コッパ・イタリア5回戦のエラス・ヴェローナ戦で相手のシュートを防いだ際にピッチに倒れこみ、その後肩の脱臼が判明した。ルカ・カステラッツィ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・グイドリン

    フランチェスコ・グイドリンから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    その後、ウディネーゼ・カルチョの監督を務め(1998-99)、UEFAカップ出場権を確保するが、オーナーとの確執で解任される。1999-2000シーズンにはボローニャFC監督に就任。2003年まで監督を務め、常に中位を確保する安定した成績を残した。フランチェスコ・グイドリン フレッシュアイペディアより)

216件中 41 - 50件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード