216件中 51 - 60件表示
  • レアンドロ・リナウド

    レアンドロ・リナウドから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2005年10月30日:セリエA初出場 - 第10節 vsウディネーゼ・カルチョ (スタディオ・フリウーリ)レアンドロ・リナウド フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・フローロ・フローレス

    アントニオ・フローロ・フローレスから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    アレッツォで得点源として活躍したが、2006-07シーズンにセリエC1降格が決まると、2007-08シーズンからセリエAのウディネーゼ・カルチョへ引き抜かれる。アントニオ・ディ・ナターレやファビオ・クアリャレッラ、シモーネ・ペペなど前線にタレントが揃っていたため、定位置確保に至らなかった。アントニオ・フローロ・フローレス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ボリミロフ

    ダニエル・ボリミロフから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2004年1月に古巣レフスキ・ソフィアへと戻り、2005-06シーズンのUEFAカップではベスト8となるなど活躍。ベスト16でのウディネーゼ戦、ベスト8でのシャルケ04戦で得点した。2005年にボリミロフはブルガリア人最優秀選手に選ばれた。また、2007年7月1日に香港の独立10周年記念に開催された中国代表とのオールスターゲームに出場。2008年5月17日のPFCスラヴィア・ソフィア戦を最後に引退した。ダニエル・ボリミロフ フレッシュアイペディアより)

  • ヘノク・ゴイトム

    ヘノク・ゴイトムから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    地元のクラブでキャリアをスタートさせたゴイトムは、2004年にイタリアセリエAのウディネーゼ・カルチョに移籍した。ウディネーゼでのデビュー戦、対インテル・ミラノの試合でいきなりプロ初ゴールをあげたが、主にベンチを温める存在であった。ヘノク・ゴイトム フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・サンマルコ

    パオロ・サンマルコから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    サンプドリアにおいてはワルテル・マッツァーリの指導下で才能が開花し、積極的な攻め上がりでチームに貢献。2007-2008シーズンは30試合出場で5得点を記録した。2008-2009シーズン、サンプドリアへ完全移籍した。2009-10シーズンはウディネーゼ・カルチョへレンタル移籍。2011年1月にはACチェゼーナへレンタル移籍。2011年8月、古巣のキエーヴォにレンタルで復帰した。パオロ・サンマルコ フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー) 1950-1951

    セリエA (サッカー) 1950-1951から見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    1949-1950年シーズンのセリエAからバーリとヴェネツィアがセリエBへ降格し、代わりにナポリとウディネーゼがセリエAへ昇格した。セリエA (サッカー) 1950-1951 フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー) 1955-1956

    セリエA (サッカー) 1955-1956から見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    1954-1955年シーズンのセリエAからウディネーゼとカターニアがセリエBへ降格し、代わりにヴィチェンツァとパドヴァがセリエAへ昇格した。セリエA (サッカー) 1955-1956 フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー) 1956-1957

    セリエA (サッカー) 1956-1957から見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    1955-1956年シーズンのセリエAからノヴァーラとプロ・パトリアがセリエBへ降格し、代わりにウディネーゼとパレルモがセリエAへ昇格した。セリエA (サッカー) 1956-1957 フレッシュアイペディアより)

  • アラン・マルケス・ロウレイロ

    アラン・マルケス・ロウレイロから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2012年、セリエA・ウディネーゼ・カルチョへ移籍。2015年まで3季連続で30試合以上に出場していた。2012-2013シーズンは欧州5大リーグで最も多くのタックル成功数を記録し、2014-15シーズンにはセリエA最多となる127回のタックルを成功させた。アラン・マルケス・ロウレイロ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・アルメロ

    パブロ・アルメロから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2010年8月28日にセリエAのウディネーゼ・カルチョと契約したアルメロは、フランチェスコ・グイドリン監督が施行する3-5-2(または5-3-2)のフォーメーションでジョヴァンニ・パスクアーレから左ウィングバックのポジションを勝ち取り、主力としてチームの4位と翌年のUEFAチャンピオンズリーグ・予選プレーオフ出場権獲得に貢献した。シーズン終了後にに同僚のアントニオ・ディ・ナターレ、サミール・ハンダノヴィッチと共に名を連ねた。パブロ・アルメロ フレッシュアイペディアより)

216件中 51 - 60件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード