216件中 61 - 70件表示
  • トラヴィス・ドッド

    トラヴィス・ドッドから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    アデレード・シティFCで16歳281日とNSL史上4番目の若さでデビュー。2003年の戦でNSL史上5人目となる途中出場でハットトリックを達成し、4-1で勝利した。2003-04シーズン終了に伴いNSLが消滅すると、国外にプレーする場を移し、マレーシアのジョホールSC, ギリシャのパニオニオスGSSに所属した。パニオニオス時代は監督交代により滞在は短いものとなり、リーグ戦4試合, UEFAカップ 2004-05はイタリアのウディネーゼ・カルチョ相手にゴールを決めた試合を含め、5試合に出場した。トラヴィス・ドッド フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・パスクアーレ

    ジョヴァンニ・パスクアーレから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2006年からココとの交換トレードでASリヴォルノ・カルチョへ移籍する。クラブの降格に伴い、ウディネーゼ・カルチョに移籍。ウディネーゼでは左サイドバックおよびウイングバックのレギュラーとして、リーグ戦15位に低迷した2009-10シーズン以外のチームの上位進出に貢献した。2010-11シーズン以降はパブロ・アルメロの控えに回ったが、アルメロが攻撃的MFに回る場合はパスクアーレがレギュラーとしてプレーした。ジョヴァンニ・パスクアーレ フレッシュアイペディアより)

  • イバン・ピリス

    イバン・ピリスから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2011年コパ・リベルタドーレスのCSDコロコロ戦でプロ初ゴールを決めるなど準決勝進出に貢献した。そこで活躍したことからイングランドのマンチェスター・ユナイテッドFC、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズやトッテナム・ホットスパーFC、SLベンフィカ、FCポルト、ボローニャFC、ウディネーゼ・カルチョが関心を寄せたが、最終的にブラジルの名門サンパウロFCに移籍金300万ユーロで加入した。(実際はイングランドの投資グループがピリスの保有権を300万ドル(470万ユーロ)で買い取ってサンパウロに2年間譲渡するという形で移籍がまとまった。)イバン・ピリス フレッシュアイペディアより)

  • ニキ・ジムリング

    ニキ・ジムリングから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2008年7月20日、同年末のエスビャウとの契約満了後にセリエAのウディネーゼ・カルチョへ加入することが発表された。2009年3月22日のジェノアCFC戦で同クラブデビューとなった。6-2で大勝したシーズン最終節のカリアリ・カルチョ戦では、途中出場3分後の82分にオディオン・イガロのゴールをアシストした。2009年7月に移籍を視野にデンマークへ帰国したが、最終的にウーディネに留まった。しかし、ギョクハン・インレル、ガエターノ・ダゴスティーノ、クリスティアン・オボド、フェルナンド・ティッソーネら中盤の層は厚く、パルマFCとのシーズン開幕戦が同シーズン唯一のプレー機会となった。ニキ・ジムリング フレッシュアイペディアより)

  • ズボニミール・ボバン

    ズボニミール・ボバンから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ユーゴスラビアのディナモ・ザグレブでプロデビューし、19歳にしてキャプテンを務めた。1990年5月13日、クロアチアとセルビアの対立を背景にしたディナモ・ザグレブ対レッドスター・ベオグラードの試合で起こった暴動の際に、セルビア側の警官隊と乱闘を起こし、9か月間の出場停止処分を受け、ワールドカップ・イタリア大会を棒に振った。1991年、謹慎が解けると才能を見込まれてセリエAのACミランへ入団。1年間バーリへレンタル移籍した後、ACミランに加入、当初は度々外国籍枠に悩まされ、出場は限られた。1993-94年シーズンは徐々にレギュラークラスの選手となり、リーグ優勝決定のウディネーゼ戦ではボレーシュートを決めるなど、リーグ優勝とチャンピオンズリーグ優勝の二冠に貢献した。1994年のトヨタカップ、CAベレス・サルスフィエルド戦では決定機を逃した。ミランでは1995-96年、1998-99年のセリエA優勝にも貢献した。しかし怪我などで徐々に出番を失い、2001年よりセルタへ移籍したが、アレクサンドル・モストボイの存在もあり、ここでもサブでの出場に限定され、シーズン途中に突如引退した。ズボニミール・ボバン フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・マレザーニ

    アルベルト・マレザーニから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2007年1月にウディネーゼ・カルチョ監督に任命され、イタリアに復帰。2007-08シーズン途中に、エンポリFCの監督に就任するが、途中解任。アルベルト・マレザーニ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・パブロ・カリーソ

    フアン・パブロ・カリーソから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2013年7月、インテルはカリーソとの契約を2015年6月30日まで延長。その後はコッパ・イタリアやUEFAヨーロッパリーグなどで定期的に出場機会を得たものの、2017年5月に2016-17シーズンをもって退団することが発表され、2017年5月28日のウディネーゼ戦に先発出場を果たし勝利に貢献した。フアン・パブロ・カリーソ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・コンティ (1994年生のサッカー選手)

    アンドレア・コンティ (1994年生のサッカー選手)から見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2015年夏にアタランタへ復帰しトップチームに昇格。2015年12月2日のコッパ・イタリア4回戦・ウディネーゼ戦でトップチームデビューを飾り、2016年1月6日には再びウディネーゼを相手に先発出場しセリエAデビューを果たした。2016-17シーズンにはジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下でレギュラーに定着。リーグ33試合8得点を記録し、アタランタの4位躍進に貢献した。アンドレア・コンティ (1994年生のサッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • フロリアン・ルジューヌ

    フロリアン・ルジューヌから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2009年夏、リーグ・ドゥ(2部)のFCイストルのトライアルに参加。親善試合2試合で好印象を与え、3年間のプロ契約を交わしてリザーブチームに組みこまれた。移籍当初は守備的ミッドフィールダーのポジションでプレーしたが、最終的にはセンターバックのポジションに転向した。2009-10シーズン前半戦にはリザーブチームで積極的なプレーを見せ、2010年1月にトップチームに招集された。1月19日のEAギャンガン戦(0-0)でプロデビューし、この試合にフル出場。シーズン終了までにトップチームでさらに14試合に出場したが、そのすべてがフル出場であった。2010-11シーズンは開幕からレギュラーとなり、クープ・ドゥ・ラ・リーグのACアジャクシオ戦(4-0)でシーズンのスタートを切った。2010年9月にはU-20フランス代表にサプライズ選出された。2011年1月4日、レキップ紙はスペインのレアル・マドリードがルジューヌの成長をチェックしていると報じた。それに続き、特にイングランドのマンチェスター・ユナイテッドFC、マンチェスター・シティFC、アーセナルFC、イタリアのSSCナポリ、ウディネーゼ・カルチョなどとの繋がりが報じられ、報道では元フランス代表のローラン・ブランになぞらえられた。このような噂話があったが、イストルのFrancis Collado会長は「いかなるクラブからも選手への公式な接触はない」と断言した。フロリアン・ルジューヌ フレッシュアイペディアより)

  • ルベン・ミカエル

    ルベン・ミカエルから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    翌2012-13シーズンはSCブラガに貸し出されると、8月下旬の3日の間に行われた2試合で3得点を記録する素晴らしい形でシーズン序盤をきった: SCベイラ・マル戦(ホーム3-1勝利)で2得点、UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13プレーオフのウディネーゼ・カルチョとの第2戦(アウェイ1-1)では引き分けに持ち込む貴重な得点を挙げ、最終的にPK戦を制しクラブ史上2度目の本戦に進出した。同大会のガラタサライSKとのグループリーグ第2節(アウェイ2-0勝利)で先制点を挙げている。ルベン・ミカエル フレッシュアイペディアより)

216件中 61 - 70件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード