216件中 71 - 80件表示
  • ダルウィン・マチス

    ダルウィン・マチスから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2012年7月、イタリアのウディネーゼ・カルチョに移籍した後、提携チームにあたるスペインのグラナダCFと5年契約を締結。8月20日のラーヨ・バジェカーノ戦でリーガデビューを飾るも、チームに馴染めず、2013年1月にヴィトーリアSCにローン移籍して以降は、あらゆるチームとローン移籍を繰り返すシーズンが続く。ダルウィン・マチス フレッシュアイペディアより)

  • アンドレア・コーダ

    アンドレア・コーダから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ルッケーゼのユースを経て、若手の育成に長けるエンポリFCにてキャリアをスタート。2006年夏に共同保有でウディネーゼ・カルチョへ移籍し、2007年夏にはウディネーゼが保有権の全てを獲得した。クリスティアン・サパタやフェリペらとコンビを組み、若くしてウディネーゼの守備陣の中核選手に成長した。アンドレア・コーダ フレッシュアイペディアより)

  • ダミアーノ・フェロネッティ

    ダミアーノ・フェロネッティから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    ASローマの下部組織出身。ローマでのリーグ戦出場は1試合のみで、セリエB・USトリエスティーナ へのレンタルを経て、2004年にパルマFCへ移籍(共同保有)。2007年夏に完全移籍したが、直後にウディネーゼへ移籍することになった。ダミアーノ・フェロネッティ フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィデ・ディ・ジェンナーロ

    ダヴィデ・ディ・ジェンナーロから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2007年5月19日のウディネーゼ・カルチョ戦(アレッサンドロ・コスタクルタの引退試合)で、そのコスタクルタと交代でピッチに立ち、セリエAデビューを飾った。ポジションは主にトップ下、1.5列目などの攻撃的な位置を取ることが多い。ACミランの下部組織で背番号10を背負い2006-2007シーズンは14ゴールを上げた。2007-2008シーズンはセリエBボローニャFCにレンタル移籍、2得点を挙げる。2008-2009シーズンはマルコ・ボリエッロと入れ替わる形でジェノアCFCに移籍したものの、レッジーナ・カルチョにレンタル移籍。2009年、2月7日の古巣ミラン戦でセリエA初得点。2009-2010シーズンから古巣ACミランに買い戻され復帰。2010年1月28日、ASリヴォルノ・カルチョにシーズン終了までレンタル移籍した。2011-2012シーズンはモデナFCへレンタル移籍。32試合に出場し、10得点を挙げ、シーズン通じて活躍したことにより、ACミラン復帰が囁かれた。ダヴィデ・ディ・ジェンナーロ フレッシュアイペディアより)

  • スヴェン・クムス

    スヴェン・クムスから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2014-2015シーズンはKAAヘントに所属し、リーグ戦26試合に出場。キャプテンとしてチームのジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献し、2015年のベルギー・ゴールデン・シューを与えられた。2016年8月29日、セリエAのウディネーゼ・カルチョに期限付き移籍することが発表された。スヴェン・クムス フレッシュアイペディアより)

  • デリオ・ロッシ

    デリオ・ロッシから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2009年11月23日、ワルテル・ゼンガの後任としてパレルモの監督に就任。チームの立て直しに成功し、ACミランやユヴェントスといった強豪クラブを撃破し、5位でリーグ戦を終えた。翌2010-11シーズンも引き続き指揮を任されるが、2011年2月27日のウディネーゼ戦で0-7と大敗し、翌28日に解任された。しかし、後任のセルセ・コズミが結果を残せず4試合で解任されたため、4月3日にパレルモの監督に復帰。コッパ・イタリアでは決勝まで勝ち進んだが、インテルに敗れた。シーズン終了後の6月1日、再びパレルモを退団することが発表された。デリオ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ダヴィデ・ファラオーニ

    マルコ・ダヴィデ・ファラオーニから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2011年11月19日のカリアリ・カルチョ戦に途中出場しセリエA初出場。続いて同月22日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのトラブゾンスポル戦にもアディショナルタイムに出場し、ヨーロッパの舞台でのデビューも果たした。12月3日のウディネーゼ・カルチョ戦で初先発すると、続く12月7日のCL・CSKAモスクワ戦でもスタメンに名を連ねた。2012年1月7日のパルマFC戦では初ゴールを決め、チームの勝利に貢献した。これらの活躍が評価され、契約期間が2016年まで延長された。マルコ・ダヴィデ・ファラオーニ フレッシュアイペディアより)

  • カール・ジェンキンソン

    カール・ジェンキンソンから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2000年にチャールトン・アスレティックFCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2010年12月、フットボールリーグトロフィーのブレントフォードFC戦でプロデビューを果たした。2011年6月、アーセナルFCに移籍した。8月16日、UEFAチャンピオンズリーグのウディネーゼ・カルチョ戦で移籍後初出場を果たした。カール・ジェンキンソン フレッシュアイペディアより)

  • ウカシュ・ザウスカ

    ウカシュ・ザウスカから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2010-11シーズン開幕前にボルツがイタリア1部のACFフィオレンティーナへ移籍したことで正GKを務めることになり、開幕戦を先発で迎えることになったが、程なくしてニューカッスル・ユナイテッドFCからフレイザー・フォースターが期限付き移籍で加入すると、第3節から再び控えに転落した。同シーズン終了後にフォースターがニューカッスルへ復帰したことで翌2011-12シーズンに正GKとなり、ハイバーニアンFCとの開幕戦 (2-0) で先発し無失点を記録する好調な滑り出しとなった。しかし、フォースターが再度ニューカッスルから期限付き移籍で加入するとまたしても控えに甘んじることとなった。そのような状況下で9月29日にUEFAヨーロッパリーグ 2011-12のウディネーゼ・カルチョ戦で好プレーを見せる等、少ない出場機会で自身の力を示してアピールするも定位置を奪えずに退団の噂が定期的に囁かれた。ウカシュ・ザウスカ フレッシュアイペディアより)

  • アドリアン・ロペス・アルバレス

    アドリアン・ロペス・アルバレスから見たウディネーゼ・カルチョウディネーゼ・カルチョ

    2011年7月19日、アトレティコ・マドリードと4年契約を結んだ。フリーエージェントのため移籍金は発生していない。7月28日、UEFAヨーロッパリーグ予選3回戦のストレームスゴトセトIF戦ファーストレグ (2-1) でデビューし、ホセ・アントニオ・レジェスの2得点の両方をアシストした。セカンドレグ (2-0) では先制点を決めた。8月25日、同大会本選出場プレーオフのヴィトーリア・ギマランイス戦 (4-0) ではグループリーグ進出を確実にする2得点を挙げた。9月18日のラシン・サンタンデール戦 (4-0) で、アルダ・トゥランのクロスをヘディングしてリーグ戦での初得点を挙げた。気性の激しいレジェスは控えという立場に不満を抱き、アドリアンがレギュラーの地位を確立した。10月30日のレアル・サラゴサ戦 (3-1) と11月3日のウディネーゼ・カルチョ戦(UEFAヨーロッパリーグ、4-0)ではともに2得点し、わずか5日間で計4得点を挙げた。アドリアン・ロペス・アルバレス フレッシュアイペディアより)

216件中 71 - 80件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード