30件中 11 - 20件表示
  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たペア・クロルドルップ

    育成した高名な選手に、オリバー・ビアホフ、マルシオ・アモローゾ、マルティン・ヨルゲンセン、ダビド・ピサーロ、ペア・クロルドルップ、マレク・ヤンクロフスキー、アサモア・ギャン、ギョクハン・インレル、サミール・ハンダノヴィッチなどがいる。マヌエル・ジェロリン、エルネスト・ヴァルニエら優秀なスカウト陣が成功していることは安定して中位を確保していることからも分かる。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たマレク・ヤンクロフスキー

    育成した高名な選手に、オリバー・ビアホフ、マルシオ・アモローゾ、マルティン・ヨルゲンセン、ダビド・ピサーロ、ペア・クロルドルップ、マレク・ヤンクロフスキー、アサモア・ギャン、ギョクハン・インレル、サミール・ハンダノヴィッチなどがいる。マヌエル・ジェロリン、エルネスト・ヴァルニエら優秀なスカウト陣が成功していることは安定して中位を確保していることからも分かる。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たサミール・ハンダノヴィッチ

    育成した高名な選手に、オリバー・ビアホフ、マルシオ・アモローゾ、マルティン・ヨルゲンセン、ダビド・ピサーロ、ペア・クロルドルップ、マレク・ヤンクロフスキー、アサモア・ギャン、ギョクハン・インレル、サミール・ハンダノヴィッチなどがいる。マヌエル・ジェロリン、エルネスト・ヴァルニエら優秀なスカウト陣が成功していることは安定して中位を確保していることからも分かる。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たダビド・ディ・ミケーレ

    ダビド・ディ・ミケーレ 2001-2002、2004-2006ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たジャンパオロ・ポッツォ

    ウディネーゼはプロビンチャに過ぎず、ジャンパオロ・ポッツォ・オーナーによる援助はあるものの財政規模は決して大きくない。そのため、ウディネーゼは外国の若くて無名の優秀な選手を確保し育成、その選手を高額で売却することでクラブ経営を成立させてきた。スカウトは世界中に散らばっており、1995年のボスマン判決後にこの路線を徹底して推進している。イタリア人プレーヤーの育成を重視して下部組織を充実させているアタランタなどと異なり、選手リクルーティングの活動範囲を世界中へ拡大したことが、現在のウディネーゼ躍進の原動力となっている。国内外より発掘した若い選手達には、イタリアサッカーに適応する時間と環境の提供を重視している。こうした経営方針から、クラブは多国籍チームになる傾向が強い。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たギョクハン・インレル

    育成した高名な選手に、オリバー・ビアホフ、マルシオ・アモローゾ、マルティン・ヨルゲンセン、ダビド・ピサーロ、ペア・クロルドルップ、マレク・ヤンクロフスキー、アサモア・ギャン、ギョクハン・インレル、サミール・ハンダノヴィッチなどがいる。マヌエル・ジェロリン、エルネスト・ヴァルニエら優秀なスカウト陣が成功していることは安定して中位を確保していることからも分かる。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たアタランタBC

    ウディネーゼはプロビンチャに過ぎず、ジャンパオロ・ポッツォ・オーナーによる援助はあるものの財政規模は決して大きくない。そのため、ウディネーゼは外国の若くて無名の優秀な選手を確保し育成、その選手を高額で売却することでクラブ経営を成立させてきた。スカウトは世界中に散らばっており、1995年のボスマン判決後にこの路線を徹底して推進している。イタリア人プレーヤーの育成を重視して下部組織を充実させているアタランタなどと異なり、選手リクルーティングの活動範囲を世界中へ拡大したことが、現在のウディネーゼ躍進の原動力となっている。国内外より発掘した若い選手達には、イタリアサッカーに適応する時間と環境の提供を重視している。こうした経営方針から、クラブは多国籍チームになる傾向が強い。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    1990年代後半からはセリエAの中でも中位と健闘し、1997-98シーズンにはアルベルト・ザッケローニ監督の下で同シーズンの得点王オリバー・ビアホフらを擁して3位となり、「奇跡のウディネーゼ」(Udinese dei miracoli)と称された。2004-05シーズンはルチアーノ・スパレッティ監督の下で4位という成績を収め、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たグラナダCF

    2009年より、ポッツォ・オーナーが出資しているスペインのグラナダCFと業務提携を行っている。また、2012年からは同じくポッツォ所有のイングランドのワトフォードFCとの提携しており、多数の選手がレンタル移籍している。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

  • ウディネーゼ・カルチョ

    ウディネーゼ・カルチョから見たASローマ

    1896年にソチエタ・ウディネーゼ・ディ・ジンナスティカ・スケルマ(Società Udinese di Ginnastica e Scherma、ウディネーゼ体操およびフェンシングクラブ)として創設された。1950-51シーズンに初めてセリエAに昇格。1954-55シーズンにはローマに次ぐ2位でシーズンを終えたが、不正行為が発覚したためカターニアと共にセリエB降格処分を受けた。ウディネーゼ・カルチョ フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「ウディネーゼ」のニューストピックワード