前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
452件中 1 - 10件表示
  • アナゴ

    アナゴから見たウナギウナギ

    アナゴ(穴子)は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類の総称。ウナギによく似た細長い体型の海水魚で、食用や観賞用で利用される種類を多く含む。アナゴ フレッシュアイペディアより)

  • 釣り

    釣りから見たウナギウナギ

    防波堤の釣り(アジ、サバ、クロダイ、太刀魚、蛸、ウナギ、アナゴ)釣り フレッシュアイペディアより)

  • ハモ

    ハモから見たウナギウナギ

    産卵期は夏で、浮遊卵を産卵するが、ウナギのような大規模な回遊はせず、沿岸域に留まったまま繁殖行動を行う。レプトケファルスは秋にみられ、シラス漁などで混獲されることがある。ハモ フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川

    多摩川から見たウナギウナギ

    アユ、ニジマス、マルタ、ウグイ、オイカワ、カワムツ、ヌマムツ、ムギツク、カマツカ、ツチフキ、モツゴ、コウライモロコ、スゴモロコ、タモロコ、ニゴイ、コイ、ソウギョ、ギンブナ、キンブナ、ゲンゴロウブナ(ゲンゴロウブナ)、ドンコ、ヌマチチブ、トウヨシノボリ、ウキゴリ、スミウキゴリ、シマウキゴリ、オオヨシノボリ、ジュズカケハゼ、メダカ、カダヤシ、ドジョウ、シマドジョウ、ヤマトシマドジョウ、オヤニラミ、ナマズ、ウナギ、ヤツメウナギ、タウナギ、カムルチー、カワアナゴ、タイリクバラタナゴ、オオクチバス、コクチバス、ブルーギル、ナイルテラピア 等 多摩川 フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ目

    ウナギ目から見たウナギウナギ

    ウナギ目(英:Anguilliformes)は硬骨魚類の分類群の一つ。3亜目15科141属で構成され、ウナギ・アナゴ・ハモ・ウミヘビ・ウツボなど791種を含む。ウナギ目 フレッシュアイペディアより)

  • 大使閣下の料理人

    大使閣下の料理人から見たウナギウナギ

    ひとみへのお弁当 - 中身は"とグリンピースのごはん"、"レバーの竜田揚げ"、"ホウレン草の胡麻よごし"、"カキの味噌煮"大使閣下の料理人 フレッシュアイペディアより)

  • スパイニーイール

    スパイニーイールから見たウナギウナギ

    スパイニーイール(英:Spiny eel)は、ウナギに似た体型の熱帯魚の一種。トゲウナギとも呼ばれる。スパイニーイール フレッシュアイペディアより)

  • 順徳料理

    順徳料理から見たウナギウナギ

    順徳は珠江デルタの奥まった場所にあり、川や池が多く、温暖な地にあるため、ソウギョ、カムルチー、スズキ、ウナギ、コクレン、ケンヒーなど淡水魚や野菜などの食材が豊富な場所で、これらの素材の旨味をなるべく生かした味付けの料理が特長のひとつである。このため、繰り返し食べても飽きが来ないといわれる。近年は、淡水魚などの養殖も盛んで、スッポンなどの料理も名物となっている。順徳料理 フレッシュアイペディアより)

  • 日野宮神社

    日野宮神社から見たウナギウナギ

    この神社の所在地である四谷地区には「」を食べてはいけないという習慣が伝承されている。その理由が挙げられる話はいくつかあるが主に、近くを流れる多摩川が洪水を起こしそうになった時、「うなぎ」が堤にできた穴を埋めて防いでくれた、というものや薬師堂に安置してある勢至菩薩が「うなぎ」を召使いとしているためであるとか、四谷の鎮守の日野宮のご本尊が虚空蔵菩薩(本地仏)で、その召使いが「うなぎ」であるからなど諸説ある。日野宮神社 フレッシュアイペディアより)

  • うなぎのぼり

    うなぎのぼりから見たウナギウナギ

    うなぎのぼりの「うなぎ」は、動物のウナギのことである。ウナギはその習性として、産卵のために川をくだり海に入り、一定期間が経過した後、再び海から戻って来て、川を上って、もと住んでいた池や沼などに帰るという行動を取る。ウナギが川を上って来る行動には、周期性があり、またそれは予見されていることでもある。うなぎのぼり フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
452件中 1 - 10件表示

「ウナギ」のニューストピックワード