452件中 91 - 100件表示
  • タラ目

    タラ目から見たウナギウナギ

    ウナギダラ科 Muraenolepididae は1属4種。分布は南半球の冷たい海に限られ、南極海の大陸棚が主な生息域である。尾鰭がウナギのように臀鰭・第2背鰭とつながっていることが最大の特徴。第1背鰭の鰭条は少なく、1-2本程度である。鰓の開口部は狭く、上端は胸鰭の位置までしかない。体長は40cmほど。タラ目 フレッシュアイペディアより)

  • 子別れ

    子別れから見たウナギウナギ

    面目ない思いでいっぱいになった熊さんは、せがれに五十銭の小遣いをやって「明日、もう一度会ってをご馳走する」と約束してその場を去った。子別れ フレッシュアイペディアより)

  • 神之池

    神之池から見たウナギウナギ

    かつてはコイ、フナ、ウナギ、ボラ、エビなどが多数生息し、漁業も活発であったが、現在はブラックバスやブルーギルなどが多く、これらの釣りを楽しむ人は多いものの、商業目的の漁業は行なわれていない。神之池 フレッシュアイペディアより)

  • 牙の時代

    牙の時代から見たウナギウナギ

    その山にいた魚や虫は人間を殺そうとし、大杉がその山にいた頃、大杉の家の飼い犬も留守番をしていた大杉の姪に噛み付き、そして、その犬も大雨の中によって殺された。局地戦争・内乱…暴動・殺人…人間すらも凶暴化していた。牙の時代 フレッシュアイペディアより)

  • 広見川

    広見川から見たウナギウナギ

    鮎、ウナギ、川蟹等の漁業資源にも恵まれている。鮎は太平洋戦争前には多量の遡行が見られたが、今日では放流によっており、落ちアユ漁が行なわれている。ウナギは、「地獄」と呼ばれる仕掛けを用いて捕獲する。これらを材料に用いた郷土料理は沿岸地域の観光資源ともなっている。広見川 フレッシュアイペディアより)

  • マサライ

    マサライから見たウナギウナギ

    ある時、とある村で村人達がウナギを殺して食べた事によりマサライの怒りに触れ、マサライに村ごと滅ぼされてしまった。しかし、ウナギを食べなかった一人の女だけが生き残った。その女は身体からヤムイモを生み出す力を得て、一緒に住むようになった人々から感謝されるようになったとされる。マサライ フレッシュアイペディアより)

  • イクチ

    イクチから見たウナギウナギ

    『耳袋』ではいくじの名で述べられており、西海から南海(近畿地方、九州)にかけて時折現れ、船の舳先などにかかるものとされている。ウナギのように非常に長いもので、船を通過するのに2,3日もかかるとあり、「いくじなき」という俗諺はこれが由来とされている。また同書では、ある人物が「豆州八丈(現・東京都八丈島)の海に、いくじの小さいものと思われるものがいるが、それは輪になるウナギ状のもので、目や口がなく動いているものなので、船の舳先へかかるものも、長く伸びて動くのではなく、丸くなって回るものだ」と語ったという。イクチ フレッシュアイペディアより)

  • ヨハネス・シュミット (生物学者)

    ヨハネス・シュミット (生物学者)から見たウナギウナギ

    ヨーロッパ産ウナギの産卵場所の研究に一生をささげ、デーナ号で大西洋の広域な海洋調査を行い、ついに10mm未満のウナギの幼魚レプトセファルスが大西洋バミューダ島南東の海中で発見されたことから、サルガッソー海が産卵場所であることを突き止めた。ヨハネス・シュミット (生物学者) フレッシュアイペディアより)

  • 石がま漁

    石がま漁から見たウナギウナギ

    1月下旬から2月上旬にかけての、寒いが波の穏やかな日に家族・親類総出の「石がま揚げ」が行われる。石の間に身を寄せている魚を、松丸太の突き棒で魚道の奥へと追い込んでいく。作業は4?7時間にも及び、この間は突き棒で絶えず石がま内部を突き続ける。突く手を休めると魚が外に出てしまうため、食事もおにぎりなどを片手に持って立ったまま行う。最後は胴函に落とし戸を入れて追い込まれた魚を漁網で一網打尽にする。コイ・フナ・ナマズ・ウナギ・ワカサギなどが多く獲れる。石がま漁 フレッシュアイペディアより)

  • 潤井川

    潤井川から見たウナギウナギ

    富士宮市内での魚類の天然生息はわずかで、アブラハヤなど。かつてはウナギの遡上もあったという。潤井川 フレッシュアイペディアより)

452件中 91 - 100件表示

「ウナギ」のニューストピックワード