452件中 21 - 30件表示
  • 錦市場

    錦市場から見たウナギウナギ

    ここで業務用の食材を仕入れる割烹、料亭、旅館なども多く、一般向けには京都名物の鱧など鮮魚を扱う店が20店舗以上と一番多い。そのほか伝統野菜とも呼ばれる京野菜、京漬物・豆腐や湯葉・麩・ウナギ・佃煮・蒲鉾・干物・乾物などから茶・菓子・パン・寿司まで京料理の食材はほとんどここで揃うといっても過言ではない。錦市場 フレッシュアイペディアより)

  • 合食禁

    合食禁から見たウナギウナギ

    中国では食経と呼ばれる書物でたびたび採り上げられ、例えば、元の忽思慧による『飲膳正要』という本には「食物相反」の章が立てられて「牛肉と栗子」などの例が挙げられている。日本では、養老律令の職制律に、天皇に出す食事に食禁を犯した場合には内膳司の責任者(次官)である典膳は徒3年の刑に処されるとある。また、南北朝時代に洞院公賢が著したとされる『拾芥抄』や江戸時代初期に貝原益軒が著した『養生訓』には多くの食禁が記されている。ただし、これらの書籍には鰻(うなぎ)と梅干、天麩羅と西瓜、蕎麦と田螺などのような今日知られる代表的な例は記されていない。これは鰻の蒲焼、蕎麦切り、天麩羅が江戸時代になってから食されるようになった食物であることによる(『養生訓』には蕎麦に関する例は一部挙げられているが、ごくわずかである)。合食禁 フレッシュアイペディアより)

  • 自然発生説

    自然発生説から見たウナギウナギ

    エビやウナギ → 泥から自然に生じる自然発生説 フレッシュアイペディアより)

  • アンギラ

    アンギラから見たウナギウナギ

    アンギラとはスペイン語()やフランス語()でウナギの意味で、島の形がウナギに似ていたことから命名されたと推測される。アンギラ フレッシュアイペディアより)

  • 四万十川

    四万十川から見たウナギウナギ

    流長196kmを誇る四万十川は水質も良く日本有数の清流で、古くから漁が盛んに行われてきた。天然ウナギ、アユ、ゴリ(チチブ、ヌマチチブ)、ツガニ(モクズガニ)、テナガエビなどの魚介類のほか、青海苔の産地として知られている。四万十川は川漁で生計を立てている人が多いことでも日本有数の河川といえる。四万十川 フレッシュアイペディアより)

  • 手賀沼

    手賀沼から見たウナギウナギ

    当時の手賀沼はカモなどの水鳥やコイ、ウナギなどの魚介類に恵まれ、特に水鳥とウナギは江戸の人々に美味として珍重されていた。現在でも我孫子市内には江戸時代から続くウナギ屋や、コイやフナ料理の店が多い。手賀沼 フレッシュアイペディアより)

  • ヤツメウナギ

    ヤツメウナギから見たウナギウナギ

    ヤツメウナギ(八目鰻、lamprey)は、無顎類(円口類)頭甲綱(ヤツメウナギ類)ヤツメウナギ目に属する動物。一般に脊椎動物として最も原始的な形質を持った動物の一つであると認知されている。無顎類は、現在大多数を占める顎を持った脊椎動物(顎口類)の先祖系(化石種)またはそこから分岐したグループ(現生種)である。魚類に含めるかどうかは議論があり、魚類の範囲を顎をもつものに限定する主張では魚類には含まれないが、顎の有無は魚類かどうかの判別にかかわらないとする主張では魚類に含まれる。一般的には魚とみなされる。外見の類似から「ウナギ」の名を冠してはいても、ウナギとは無縁の動物である。ヤツメウナギ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田町

    吉田町から見たウナギウナギ

    かつては大井川の伏流水、および焼津港周辺の水産加工場から出る魚のアラを利用したの養殖が盛んで、養鰻池(ようまんいけ)が町の各所に点在した。しかし近年は生産量が増えている愛知県産や価格の安い台湾または中国からの輸入ものに押されており、廃業する事業者があるため養鰻池が減少している。残った養鰻事業者は高級ブランド化を模索している。吉田町 フレッシュアイペディアより)

  • ヌタウナギ

    ヌタウナギから見たウナギウナギ

    ヌタウナギの仲間は世界中の温帯域に広く分布し、ほとんどの種類は大陸棚辺縁にかけての深海に生息する。名前にウナギと付いているがウナギ目との類縁関係は遠く、同じ無顎類に属するヤツメウナギと近縁な生物である。厳密な意味での魚類ではないが、広義の魚類(無顎魚類)として魚の分類に含められることが多い。生きた化石と呼ばれるグループの一つであり、脊椎動物の起源と進化を考える上で重要な動物である。ヌタウナギ フレッシュアイペディアより)

  • 魚類

    魚類から見たウナギウナギ

    ウナギの仲間 - レプトケファルス幼生 Leptocepharus。仔魚は円筒形の体ではなく、細長く側偏した柳の葉のような体型をしている。体も透明である。この幼生のタイプはウナギに限らず、カライワシ上目Elopomorpha の魚に共通のものである。魚類 フレッシュアイペディアより)

452件中 21 - 30件表示

「ウナギ」のニューストピックワード