452件中 41 - 50件表示
  • べえすけ

    べえすけから見たウナギウナギ

    一年を通じて漁獲があるが、とおなじく春先から初夏にかけて漁獲量が多くなる。べえすけ フレッシュアイペディアより)

  • 名蔵川

    名蔵川から見たウナギウナギ

    上流域には1999年(平成11年)に名蔵ダムが完成し、農業用水として利用されている。流域は島内屈指の水田地帯で古くから開発が進み、下流の神田橋近くには下田原式土器が出土した大田原遺跡や、神田貝塚、名蔵貝塚群などがある。しかし大雨のたびに被害が出て放置される田も多かったため、乾隆5年(1740年)に初めて河川整備が行われた。また、流域では近年ウナギの養殖も行われている。河口部では1km以上の細長い砂洲が河口をふさぐように南北に形成されており、両端の切れ目から名蔵湾に水が流入する。その近くには名蔵橋が架かっている。名蔵川 フレッシュアイペディアより)

  • 子ほめ (テレビドラマ)

    子ほめ (テレビドラマ)から見たウナギウナギ

    簡単に解説すると、飲んだくれの亭主に愛想を尽かした妻と子が家を出て行く。それから数年、亭主は改心し酒も止めて仕事に打ち込む。ある日偶然自分の別れた子どもと出会う。別れた自身の子どもに、「、好きか?、ご馳走したる。ただ、おかん(自分の別れた妻)には言うなよ」と約束し、その日は別れる。子どもが妻の家に帰ると、別れた亭主から小遣いをもらったことがバレてしまい、それがきっかけで鰻をご馳走してくれるということもバレてしまう。その次の日、子どもは亭主との約束を守るため、鰻屋へ行くが、様子が気になる妻は、子どもの後を付けるが如く、鰻屋へ向かう。そこで、もう一度二人がやり直す。子ほめ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ヘテロスポリス症

    ヘテロスポリス症から見たウナギウナギ

    ヘテロスポリス症(英:heterosporiosis)とはHeterosporis anguillarum感染を原因とするウナギの感染症。べこ病とも呼ばれる。体表が陥没して凹凸が認められる。ヘテロスポリス症 フレッシュアイペディアより)

  • 大歩危峡遊覧船

    大歩危峡遊覧船から見たウナギウナギ

    明治24?25年頃、国道開通景気にあおられて宿屋兼飲食店(現在のレストラン大歩危峡まんなか・峡谷の湯宿大歩危峡まんなか)を始めた大平磯吉(山城町水無)が一艘のかんどり舟を仕立ててきぎやの漁を始めた。朝夕に吉野川を上下する内、その景観にうたれ、宿泊客を舟に乗せて大歩危を見せ、喜ばせた。明治42年、時の逓信大臣、後藤新平が土佐へ向かう途中、紅葉に染められた大歩危の美しさに打たれ、「岩に題す 天下第一歩危の秋」と詠った。天下の名勝として紹介されたのはこの一句によってと言われている(現在、レストラン大歩危峡まんなかの敷地内に石碑がある)。大歩危峡遊覧船 フレッシュアイペディアより)

  • 鰻池

    鰻池から見たウナギウナギ

    1912年(明治45年)頃からウナギの養殖が行われていたが、水質悪化や後継者不足などの問題によって1996年(平成8年)に終了している。鰻池 フレッシュアイペディアより)

  • 薬缶 (落語)

    薬缶 (落語)から見たウナギウナギ

    「『』は?」薬缶 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 八幡巻

    八幡巻から見たウナギウナギ

    煮て下調理した牛蒡を芯に、穴子、、牛肉などで巻き、付け焼きや、煮てつくる料理。八幡巻 フレッシュアイペディアより)

  • レプリカート

    レプリカートから見たウナギウナギ

    パック・イン・ビデオから1988年に発売されたMSX2用ゲーム「軍人将棋」では、一定数の勝利をおさめるとウナギの画像とともに「ウナギカート」というタイトルが表示される。これは「レプリカート」が元ネタとなっている。レプリカート フレッシュアイペディアより)

  • バンバンバンピー

    バンバンバンピーから見たウナギウナギ

    巨大なオタマジャクシとナマズかウナギが混ざったような生物で、体長30mになるものもいるという。「バンバンバンピー」の#03 つりにて登場し青玉親方を感電させ、#13 星に願いをでは別のオオオタマが登場しバンピーたちを食べてしまった。しかし#23 マッドナースリターンズでは追いかけてきたマッドナースからバンピーたちを結果的に救っている。バンバンバンピー フレッシュアイペディアより)

452件中 41 - 50件表示

「ウナギ」のニューストピックワード