452件中 51 - 60件表示
  • 志佐川

    志佐川から見たウナギウナギ

    流域のほぼ全域が水田に利用されており、集落が各所に散在する。また、内水面漁業協同組合があり、アユ・コイ・ウナギ・モクズガニなどが漁獲される。ただし下流域では一部禁漁区間が設定されている。お盆には下流域で精霊流しも行われる。志佐川 フレッシュアイペディアより)

  • 赤潮警報

    赤潮警報から見たウナギウナギ

    魚類、無顎類(ウナギなど)、貝類、頭足類(イカやタコなど)、棘皮動物(ウニやナマコなど)、甲殻類(エビやカニなど)のほか、ホヤやクラゲなどが対象。また、ノリ、コンブ、ワカメ、ヒジキ、アオサ、モズクなどの食用海藻も対象とする。食用のみならず、真珠の母貝などの非食用水産物も対象である。赤潮警報 フレッシュアイペディアより)

  • 千綿川

    千綿川から見たウナギウナギ

    また、川では内水面漁業協同組合が組織されていて、ウナギ・アユ・フナ・ハヤ・モクズガニが漁獲される。ただしモクズガニは禁漁中である。千綿川 フレッシュアイペディアより)

  • 根木名川

    根木名川から見たウナギウナギ

    かつては、水流も穏やかで水運として使われていた。また、成田市長沼地区にかつては長沼というひょうたん型の沼が広がっており、コイ、フナ、ウナギ、サクラエビなどを獲る漁場としても利用されており、農業用水としても使われている。現在は、成田市や成田国際空港をはじめとする近隣町村の雨水を利根川へと流し、水害から市内を守ることが主な役割となっている。根木名川 フレッシュアイペディアより)

  • 8月11日 (旧暦)

    8月11日 (旧暦)から見たウナギウナギ

    宝永4年(グレゴリオ暦1707年9月6日) - 生類憐みの令により、ドジョウ・ウナギ・鳥を扱う商売が禁止に8月11日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 北部製糖

    北部製糖から見たウナギウナギ

    現在は精製糖生産事業からは撤退し、特殊加工糖や黒糖の生産を行っている。1974年から1993年まではウナギ養殖事業も行っていた。北部製糖 フレッシュアイペディアより)

  • 鰻

    から見たウナギウナギ

    フレッシュアイペディアより)

  • 鰻屋

    鰻屋から見たウナギウナギ

    鰻屋 フレッシュアイペディアより)

  • ゲンゲ科

    ゲンゲ科から見たウナギウナギ

    ゲンゲ科の仲間は一般にウナギのように細長い体型をもつ。体長は数十cmのものが多く、最大種(Macrozoarces americanus)では1.1mに達する。口は吻の先端か、あるいはやや下向きについている。鱗は非常に小さく皮膚に埋もれ、ハダカゲンゲ属など一部は鱗を欠く。鰓膜は峡部で接続する。浮き袋をもたない。ゲンゲ科 フレッシュアイペディアより)

  • スナヤツメ

    スナヤツメから見たウナギウナギ

    口は丸い吸盤状で顎がない。この仲間は原始的な魚類とされるが研究者によっては魚類ではないとみなすものもある。外見はウナギに似ており、えら穴が7つほどある。スナヤツメ フレッシュアイペディアより)

452件中 51 - 60件表示

「ウナギ」のニューストピックワード