452件中 81 - 90件表示
  • デンキウナギ目

    デンキウナギ目から見たウナギウナギ

    体型はウナギのように細長く、デンキウナギ亜目の魚類は円筒形であることが多い。ステルノピュグス亜目では左右に平べったく側扁し、その姿から英語ではナイフフィッシュと総称される。背鰭と腹鰭をもたないが臀鰭は極端に長く、前端部分は胸鰭の近くにまで達している。臀鰭を波打たせるように泳ぎ、前進のみならず後進も可能である。ほとんどの種類では尾鰭も退化しており、アプテロノートゥス科の一部に痕跡的に残るのみである。肛門は頭部あるいは胸鰭のすぐ下にある。デンキウナギを除き、上顎は未発達である。下鰓蓋骨を欠き、口蓋骨は骨化しない。デンキウナギ目 フレッシュアイペディアより)

  • カインチュア

    カインチュアから見たウナギウナギ

    Canh chua l??n - ウナギカインチュア フレッシュアイペディアより)

  • 里帰りウナギ

    里帰りウナギから見たウナギウナギ

    里帰りウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ワニトカゲギス目

    ワニトカゲギス目から見たウナギウナギ

    ミツマタヤリウオ亜科 Idiacanthinae 1属4種。ウナギのように細長い体型をもつ。背鰭は非常に長く、体長の半分以上に及ぶ。鱗はない。成魚は胸鰭を欠く。矮雄をもつグループで、最大50cmにまで成長する雌に対し、雄は5cm程度にしかならない。本亜科はミツマタヤリウオ科 Idiacanthidae として分類されることもある。ワニトカゲギス目 フレッシュアイペディアより)

  • 運動性エロモナス敗血症

    運動性エロモナス敗血症から見たウナギウナギ

    運動性エロモナス敗血症(うんどうせいエロモナスはいけつしょう、英:motile aeromonad disease)とはエロモナス・ハイドルフィア(Aeromonas hydrophila)感染を原因とする魚類の感染症。ウナギの鰭赤病、コイやキンギョの立鱗病(松かさ病)、赤斑病などが含まれる。Aeromonas hydrophilaの選択培地としてリムラーショット培地が存在する。運動性エロモナス敗血症 フレッシュアイペディアより)

  • カラムナリス病

    カラムナリス病から見たウナギウナギ

    カラムナリス病(カラムナリスびょう、英:columnaris disease)とはFlavobacterium columnare(en)感染を原因とする魚類の感染症。水温15℃以上でウナギ、コイ、アユなどに発生し、口ぐされ、鰭ぐされ、尾ぐされ、鰓ぐされを引き起こす。病変部である鰓や皮膚の生標本では特徴的な柱状構造物が認められる。Flavobacterium columnareの分離にはサイトファガ寒天培地、TY寒天培地が使用される。治療には塩水浴が有効である。カラムナリス病 フレッシュアイペディアより)

  • ブランキオマイセス症

    ブランキオマイセス症から見たウナギウナギ

    ブランキオマイセス症(ブランキオマイセスしょう、英:branchiomycosis)とはBranchiomyces sanguinis感染を原因とする温水性淡水魚の感染症。ウナギでは鰓ぐされが認められる。ブランキオマイセス症 フレッシュアイペディアより)

  • トゥナ

    トゥナから見たウナギウナギ

    トゥナ(Tuna)は、ポリネシアのマオリ族等に伝わるの神。トゥナ フレッシュアイペディアより)

  • うなぎ

    うなぎから見たウナギウナギ

    うなぎ フレッシュアイペディアより)

  • 丸之内 (津市)

    丸之内 (津市)から見たウナギウナギ

    人口1人あたりの消費量全国一を誇る、津市の名物であるの名店の多くもこの丸之内地区と大門地区に集まっている。丸之内 (津市) フレッシュアイペディアより)

452件中 81 - 90件表示

「ウナギ」のニューストピックワード