前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示
  • ウナギ

    ウナギから見たうなぎパイ

    うなぎパイ(郷土菓子:静岡県)ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見たらでぃっしゅぼーや

    2003年に台湾産鰻から合成抗菌剤スルファジミジンが検出され残留農薬に関する調査が厳重化され始める。2005年にはらでぃっしゅぼーやが台湾産を国産と偽って販売し、しかもその蒲焼から合成抗菌剤エンロフロキサシンが検出された。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た日本水産

    コープさっぽろは2007年の土用の丑の日の翌日になって、2007年7月31日に日本水産の子会社に委託していた中国産鰻から発ガン性のある抗菌剤を検出したと発表、回収を開始した。このウナギはweb上では「抗生物質などの薬品をほとんど使用していません」と宣伝され、店頭では「コープ札幌で取り扱っているウナギは報道等で取り上げられているウナギとは別の商品なので安全です」と広告されていた。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た海水

    体内調節が得意なため、淡水でも海水でも生きられる。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た浜名湖

    なお、近畿地方ではウナギのことを「マムシ」と呼ぶが、これはニホンマムシとは関係なく鰻飯(まんめし)が『まむし』と訛り、それが材料のウナギに転用されたものである。他に、関西での調理法(正確には浜名湖・諏訪湖以西)の特色である、蒸さずに蒲焼にして、飯の上に乗せた上に更に飯を乗せて蒸らす「飯蒸し」(ままむし)から来たという説、同じく料理法から飯と飯の間で蒸すという意味で「間蒸し」とする説、飯の上にウナギやたれをまぶすものとして「まぶし」が転じたとの説もある。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見たオオウナギ

    オオウナギ Anguilla marmorataウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た徳川家康

    徳川家康の時代に江戸を開発した際、干拓によって多くの泥炭湿地が出来、そこに鰻が住み着くようになったため鰻は労働者の食べ物となったが、当時は蒲焼の文字通り、蒲の穂のようにぶつ切りにした鰻を串に刺して焼いただけ、という食べ方で、雑魚扱いだった。鰻が現在のような形で一般に食べられるようになったのは江戸時代後期からで、特に蒲焼は江戸発祥の料理であることから、江戸の代表的食物とされる。蕎麦ほど徹底した美学はないものの、「鰻屋でせかすのは野暮」(注文があってから一つひとつ裂いて焼くために時間がかかる)、「蒲焼が出てくるまでは新香で酒を飲む」(白焼きなどを取って間をつなぐのは邪道。したがって鰻屋は新香に気を遣うものとされた)など、江戸っ子にとっては一家言ある食べ物である。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見たいしいしんじ

    ポーの話 - いしいしんじの小説。うなぎ女の息子ポーの物語ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た清浦奎吾

    鰻香内閣 - 大正時代・清浦奎吾の幻の内閣。「鰻丼の匂いだけは嗅いだが結局ありつけなかった」の意。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た大伴家持

    夏バテを防ぐためにウナギを食べる習慣は、日本では大変古く、『万葉集』にまでその痕跡をさかのぼる。以下の歌は大伴家持による(括弧内は国歌大観番号)。「むなぎ」はウナギの古形。ウナギ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示

「ウナギ」のニューストピックワード