214件中 11 - 20件表示
  • ウナギ

    ウナギから見た貝原益軒

    また古くから、鰻と梅干は食い合わせが悪いとされる。これは食禁の代表的な例として挙げられることが多いが、貝原益軒の『養生訓』にも記載がなく、江戸時代中期以降に広まった日本固有の俗信と考えられる。医科学的な根拠は(少なくとも現時点では)見出せない。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た平賀源内

    日本で最も一般的な料理法。開いて頭と骨を取り去った身に串を打ち、東西共通して甘辛いタレをつけて焼く。東西の作り方で最も違う点は蒸しの工程が入るか如何か。関西では直焼きすることで程好い歯応えが楽しめ、関東では蒸してから焼くことで、ふっくらとした食感が楽しめる。開き方の違いとしては関西は腹開きで関東は背開きになる。町人の町の大坂では、腹開きは「腹を割って話す」と言う意味を持ち、武士の町の江戸では、腹開きは「切腹」を連想させるので背開きになったと言われる。実際は腹開きにすると、蒸す過程で「身が崩れるから」と言う説が有力。九州では背開きで蒸さずに深めに焼くものが主流。当初は筒切りにしたウナギに縦に串を打ち、焼いたものに山椒味噌などを塗って屋台などで供されていた。その形が「蒲の穂」に似ていたことから蒲焼の名がついた。油が強い為、労働者などには喜ばれたが下賎な食べ物と看做されていた。一般に広まったのは、開いて焼いたり蒸したりして油を落とすようになってからである。開いて串にさす調理法は元々筏焼きと呼ばれ、従来の蒲焼と区別していたが、筏焼きが好評を博すにつれ従来の蒲焼は急速に廃れ、専ら筏焼きのみが作られるようになるとそれも蒲焼と称されるようになった。日本で土用の丑の日に、ウナギの蒲焼を食べる習慣が始まったのは、一説によれば江戸時代末期。蘭学者の平賀源内に相談したウナギ店から頼まれ、「本日、土用丑の日」と言う広告を考案したことがきっかけで、それ以来、江戸で起こった流行が全国に広まったとされているが、そもそもウナギの蒲焼が何処で生まれ、現在のような形状で食べられるようになったかは定かではない。近年では寒の土用の丑の日も広まりつつある。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た今村昌平

    うなぎ - 映画。今村昌平監督作品ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た四国

    暖流に面した本州・四国・九州に分布しており、南西諸島ではウナギよりも多い。日本以外にも太平洋、インド洋熱帯域に広く分布する。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た釣り

    日本ではウナギは重要な食用魚の一つで、年間11万トンものウナギが消費されている。20世紀後半頃には養殖技術が確立され、輸入も行われるようになったとはいえ、野生のウナギ(天然もの)の人気は根強く、釣りや延縄などで漁獲されている。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見たコンビニエンスストア

    中国側の検査の実情として、中国の国家品質監督検査検疫総局は2007年7月11日、中国の食品会社41社の安全管理に問題があったとして、輸出差し止めとした。このうち11社は、日本向けに水産食品を輸出、そのうち5社はウナギのかば焼きであった。これらの工場は日本の通関時に違反事例を起こしており、既に日本への輸入は止められている。また15社は中国側の検疫手続きを免れていたことが判明している。また日本側検査の信頼性については、厚生労働省名古屋検疫所は同日(2007年7月10日)基準値の勘違いなどのミスで殺虫剤ベンゼンヘキサクロリドが残留する中国産ショウガ25トンが流通してしまったことを発表している。また森山喬司理事長の所属する佳成食品株式会社は、2007年7月に細菌多数につき食品衛生法違反でウナギ廃棄を命じられている。そんな事もあり、2007年の土用の丑の日の各コンビニやスーパーマーケットは前年に比べ値段は高くなったものの、国産ウナギ使用のうな重等をアピールしていた。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た猪苗代湖

    シラスウナギは黒潮に乗って生息域の東南アジア沿岸にたどり着き、川をさかのぼる。流れの激しいところは川岸に上陸し、水際を這ってさかのぼる。川で小動物を捕食して成長し、5年から十数年ほどかけて成熟する。その後ウナギは川を下り、産卵場へと向かうが、その経路に関してはまだよく分かっていない。海に注ぐ河口付近に棲息するものは、淡水・汽水・海水に常時適応できるため、自由に行き来して生活するが、琵琶湖や猪苗代湖等の大型湖沼では、産卵期に降海するまで棲息湖沼と周辺の河川の淡水域のみで生活することが多い。また、近年の琵琶湖等、いくつかの湖沼では外洋へ注ぐ河川に堰が造られたり、大規模な河川改修によって外洋とを往来できなくなり、湖内のウナギが激減したため、稚魚の放流が行われている。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た太平洋戦争

    日本のウナギ養殖(養鰻)は、に東京深川で試みられたが、太平洋戦争によって一時衰退する。後に養鰻の中心地は浜名湖周辺へ移った。に、原田仙右エ門という人物が7ヘクタールの池を造り、日本で初めて人工池での養鰻を試みたのが、浜名湖の養殖ウナギのルーツである。温暖な気候や地下水などウナギの生育に適した環境に加え、浜名湖や天竜川河口でシラスウナギが多く獲れたことが、この地で養鰻業が盛んになった理由とされている。現在、国内での都道府県別の養殖ウナギ収穫量は鹿児島県が最も多く、次いで愛知県、宮崎県、静岡県、高知県の順となっている。日本全体の活鰻は2005年度で約2万トン養殖されている。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た九州

    暖流に面した本州・四国・九州に分布しており、南西諸島ではウナギよりも多い。日本以外にも太平洋、インド洋熱帯域に広く分布する。ウナギ フレッシュアイペディアより)

  • ウナギ

    ウナギから見た広東省

    ウナギの養殖はまず、天然のシラスウナギを捕ることから始まる。黒潮に乗って日本沿岸にたどり着いたウナギの子供、シラスウナギを大量に漁獲してこれを育てるのである。養殖方法は、台湾と中国南部の広東省では池を掘っただけの露地養殖、日本と中国の福建省ではビニールハウスを利用した養殖が主流である。ハウス養殖は、ボイラーを焚いて水温を約30℃に保っており、成長を早めることができる。ウナギ フレッシュアイペディアより)

214件中 11 - 20件表示

「ウナギ」のニューストピックワード