907件中 31 - 40件表示
  • ウルトラマンA

    ウルトラマンAから見たウルトラマンウルトラマン

    重厚な人間ドラマを強調した前作『帰ってきたウルトラマン』とは打って変わって娯楽性が強調され、より子ども向けに徹した作品を目指している。とくに、前作でウルトラマンとウルトラセブンの客演が好評だったことを受けて、『ウルトラマン』最終話以来の登場となったゾフィーを加えたウルトラ兄弟の設定を本格的に打ち出しており、さらに新たにウルトラの父も登場している。ウルトラマンA フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンパワード

    ウルトラマンパワードから見たウルトラマンウルトラマン

    怪獣対特殊戦力チーム W.I.N.R. の隊員のひとりケンイチ・カイと合体したウルトラマンパワードの戦いを、アメリカを舞台に描く。登場するウルトラマンや怪獣は全て初代『ウルトラマン』のリメイクである。ウルトラマンパワード フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンコスモスの登場怪獣

    ウルトラマンコスモスの登場怪獣から見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラマンのコピー。腕を巨大な八つ裂き光輪(ウルトラスラッシュ)に変える能力(カオススラッシュ)を有する。カオススペシウム光線は、ウネウネした光の線が合体すると放たれる。武器は持っていないが、技が強力な為、素手でも強い。ウルトラマンコスモスの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラ (架空の怪獣)

    ゴジラ (架空の怪獣)から見たウルトラマンウルトラマン

    頭部はモスゴジの型から作られた物。本作撮影後、大戦争ゴジの頭部とモスゴジの胴体を組み合わせたものが上野赤札堂で展示され、それにエリマキを付けて『ウルトラマン』のジラースに流用された。ゴジラ (架空の怪獣) フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラQの登場怪獣

    ウルトラQの登場怪獣から見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラQの登場怪獣(ウルトラキューのとうじょうかいじゅう)は、1966年(昭和41年)にTBS系で放映された、円谷特技プロダクションの特撮テレビ番組『ウルトラQ』に登場した架空の怪獣、宇宙人、その他の生物・物体の詳細を記述する。並び順は登場話数順。本作の後番組『ウルトラマン』に登場した怪獣も多い。ウルトラQの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラ警備隊

    ウルトラ警備隊から見たウルトラマンウルトラマン

    ドラマの中心になって怪事件に対応する特殊部隊という役どころは、「ウルトラマン」の科学特捜隊を引き継いでいるが、大組織の中の精鋭部隊として上層部メンバーや一般隊員も多数登場していることが大きな特色である。ウルトラ警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラ検定

    ウルトラ検定から見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラ検定(ウルトラけんてい)とは2008年から円谷プロが企画したウルトラマンの知識を調べるための検定。ウルトラ検定 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木明 (造形家)

    佐々木明 (造形家)から見たウルトラマンウルトラマン

    佐々木 明(ささき あきら)は日本の造形家、彫刻家。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)卒。代表作はウルトラマン、ウルトラセブンなど。入間市在住。佐々木明 (造形家) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木守

    佐々木守から見たウルトラマンウルトラマン

    同時期には大島の紹介で、当時TBSのディレクターだった実相寺昭雄と知り合う。佐々木と実相寺は意気投合し、特撮テレビドラマ『ウルトラマン』をはじめとして、『怪奇大作戦』、『シルバー仮面』などコンビでの仕事を多く行なった。また、ABCではプロデューサー・山内久司とのコンビで"脱ドラマ"を標榜した『月火水木金金金』『お荷物小荷物』を世に送るなど、テレビの世界にも活躍の場を広げたが、児童文学を知っていることもあり子供向けドラマを中心に脚本を執筆。日本古代史や少数民族に着目した作品が多い。佐々木守 フレッシュアイペディアより)

  • 津沢彰秀

    津沢彰秀から見たウルトラマンウルトラマン

    1966年、小学6年生(11歳)の時に『ウルトラマン』にホシノ少年役で出演していたが、ロケ地であったよみうりランドの人工スキー場で滑走中に足を骨折したために、第25話を最後に降板した。その後、中学校進学を機に芸能活動を終了し、長い間芸能界にかかわることなく生活していた。津沢彰秀 フレッシュアイペディアより)

907件中 31 - 40件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード