1033件中 31 - 40件表示
  • ケムール人

    ケムール人から見たウルトラマンウルトラマン

    ウエットスーツで造形された宇宙人というコンセプトは、後のウルトラマンの造型につながっていった。ケムール人 フレッシュアイペディアより)

  • 祖師ヶ谷大蔵駅

    祖師ヶ谷大蔵駅から見たウルトラマンウルトラマン

    2006年(平成18年)3月18日 - ウルトラマン商店街発足1周年を記念して小田急初の接近メロディが導入され、列車接近時に『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』のオルゴール調の曲が流れるようになる(上りホーム - ウルトラマン、下りホーム - ウルトラセブン)。これは海老名駅・本厚木駅(後に登戸駅・向ヶ丘遊園駅なども)で接近メロディが導入されるまでは、小田急電鉄の駅では唯一の採用例であった。祖師ヶ谷大蔵駅 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンメビウス

    ウルトラマンメビウスから見たウルトラマンウルトラマン

    ツルギがセリザワの身体を乗っ取っていたことや、クルーたちとウルトラ兄弟のテレパシーでの会話の内容を知っていたり、別任務や本部出勤などで不在なことが多いなど、謎めいた部分を持つ。その正体はGUYS JAPAN総監であると同時に科学特捜隊の宇宙勤務での隊長でもあり、宇宙での任務中に地球との時間の遅れ(ウラシマ効果)を経験していることから、亜高速によって光よりも早く宇宙を航行していたため、常人よりも成長時間の進行が遅くなってしまったことからタケナカより40年近く差異が生じており、実際にはタケナカ最高総議長と同い年であることが明かされた。当時の任務中、冥王星の軌道上で謎の円盤群に襲われたところをゾフィーに救われ、この一件が理由でウルトラマンとともに戦いたいと考えており、GUYS設立のきっかけになる。そして、地球への帰還後は総監の身分を隠してまで隊長として前線に立っていた。第50話でゾフィーと一体化し、メビウス=ミライらとともにエンペラ星人と戦った。ウルトラマンメビウス フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラセブンの登場怪獣

    ウルトラセブンの登場怪獣から見たウルトラマンウルトラマン

    着ぐるみの体部分は、『ウルトラマン』の2代目ケムール人を流用したもの。また、頭部もケムール人に似たデザインで、同様の眼球可動機構も内蔵されている。ウルトラセブンの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • 黒部進

    黒部進から見たウルトラマンウルトラマン

    黒部 進(くろべ すすむ、1939年10月22日 - )は、日本の俳優である。本名は吉本隆志(よしもと たかし)で、芸名は出身地である富山県黒部市に由来する。『ウルトラマン』のハヤタ隊員役で知られる。アートプロモーションがマネジメントしている。『ウルトラマンティガ』レナ隊員役の女優吉本多香美は長女である。黒部進 フレッシュアイペディアより)

  • 二瓶正也

    二瓶正也から見たウルトラマンウルトラマン

    二瓶 正也(にへい まさなり、1940年12月4日 - )は、日本の俳優。本名・旧芸名は二瓶 正典。『ウルトラマン』のイデ隊員役や岡本喜八監督作品の常連俳優として知られる。二瓶正也 フレッシュアイペディアより)

  • 小林昭二

    小林昭二から見たウルトラマンウルトラマン

    劇団俳優座養成所の第2期生で、同期には小沢昭一や土屋嘉男がいる。1952年に新東宝の映画『殺人容疑者』で銀幕デビュー。以降も舞台を中心に各社の映画に出演する一方、円谷プロダクションや東映製作の特撮テレビ作品で活躍。『ウルトラマン』のムラマツ隊長(キャップ)役や『仮面ライダー』の立花藤兵衛役などが広く知られる。また、『ゴジラシリーズ』や『ガメラ2 レギオン襲来』にも出演し、日本を代表する特撮シリーズに多く関わっている。第一次怪獣ブーム・第二次怪獣ブーム・変身ブームを股に掛け、その人柄は当時の多くの共演者から慕われていた。小林昭二 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンパワード

    ウルトラマンパワードから見たウルトラマンウルトラマン

    怪獣対特殊戦力チーム W.I.N.R. の隊員のひとりケンイチ・カイと合体したウルトラマンパワードの戦いを、アメリカを舞台に描く。登場するウルトラマンや怪獣は全て初代『ウルトラマン』のリメイクである。ウルトラマンパワード フレッシュアイペディアより)

  • 実相寺昭雄

    実相寺昭雄から見たウルトラマンウルトラマン

    1966年(昭和41年)、初夏に『現代の主役 ウルトラQのおやじ』で、円谷英二をドキュメント・ルポする。これが好評を得て、以後円谷特技プロに出向して、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』の演出で名を高める。なお、話の内容が現実味を含んだ夢幻なのか、幻想のような現実なのかよくわからない世界を舞台にした話が多く、映像効果もマッチしたものが多いために、その演出スタイルは後に実相寺マジックと呼ばれた。実相寺昭雄 フレッシュアイペディアより)

  • 帰ってきたウルトラマン

    帰ってきたウルトラマンから見たウルトラマンウルトラマン

    なお、本作の主役であるウルトラマンは、後年にウルトラマンジャックという正式名称が設定されたが(詳細はを参照)、本項では放送当時の名称に基づき、基本的に本作の主役ウルトラマン(ジャック)を「ウルトラマン」と表記し、「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」に出てきた「ウルトラマン」を「初代ウルトラマン(初代マン)」と表記する。帰ってきたウルトラマン フレッシュアイペディアより)

1033件中 31 - 40件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード