1033件中 41 - 50件表示
  • ウルトラ検定

    ウルトラ検定から見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラ検定(ウルトラけんてい)とは2008年から円谷プロが企画したウルトラマンの知識を調べるための検定。ウルトラ検定 フレッシュアイペディアより)

  • チャンドラー (ウルトラ怪獣)

    チャンドラー (ウルトラ怪獣)から見たウルトラマンウルトラマン

    チャンドラーは、円谷プロダクション制作の特撮テレビ番組『ウルトラマン』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の怪獣。別名「有翼怪獣」。チャンドラー (ウルトラ怪獣) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木明 (造形家)

    佐々木明 (造形家)から見たウルトラマンウルトラマン

    佐々木 明(ささき あきら)は日本の造形家、彫刻家。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)卒。代表作はウルトラマン、ウルトラセブンなど。入間市在住。佐々木明 (造形家) フレッシュアイペディアより)

  • アボラス

    アボラスから見たウルトラマンウルトラマン

    アボラスは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する、架空の怪獣。別名は''。英字表記はABOLAS。アボラス フレッシュアイペディアより)

  • 円谷一

    円谷一から見たウルトラマンウルトラマン

    1963年、TBSがテレビ映画の自社製作を行なうために映画部を設立すると、飯島敏宏、中川晴之助らとともに映画部に移籍して、TBS初の特撮テレビ映画『ウルトラQ』の制作にあたった。『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』といった特撮番組の監督を務め、奇抜な演出方法が周囲に理解されずTBSで干されていた実相寺昭雄を拾うなど、シリーズの隆盛に力を尽くした。円谷一 フレッシュアイペディアより)

  • 津沢彰秀

    津沢彰秀から見たウルトラマンウルトラマン

    1966年、小学6年生(11歳)の時に『ウルトラマン』にホシノ少年役として出演する。しかしロケ中によみうりランドの人工スキー場で滑走中に足を骨折したため、第25話を最後に降板した。その後、中学校進学を機に芸能活動を終了し、長い間芸能界にかかわることなく生活していた。津沢彰秀 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島敏宏

    飯島敏宏から見たウルトラマンウルトラマン

    1965年、円谷英二率いる円谷特技プロダクションにやはり映画部所属の監督として出向、『ウルトラQ』の監督を担当する。その後も、のちに円谷プロの代表作となる『ウルトラマン』(1966年)や『ウルトラセブン』(1967年)などのウルトラシリーズ、『怪奇大作戦』(1968年)などを世に送り出した。飯島敏宏 フレッシュアイペディアより)

  • ウー (ウルトラ怪獣)

    ウー (ウルトラ怪獣)から見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラマン』第30話「まぼろしの雪山」に登場。ウー (ウルトラ怪獣) フレッシュアイペディアより)

  • 成田亨

    成田亨から見たウルトラマンウルトラマン

    1965年春、円谷特技プロダクションの契約社員となり、特撮テレビ映画『ウルトラQ』(1966年、TBS)の第2クールから美術監督を務める。続く『ウルトラマン』(1966年、TBS)、『ウルトラセブン』(1967年、TBS)、『マイティジャック』(1968年、フジテレビ)でも、怪獣やレギュラーメカのデザインを手がけた。これらキャラクターデザインに関しては、後にその著作権を巡り、円谷プロと争うことになる。成田亨 フレッシュアイペディアより)

  • 快獣ブースカ

    快獣ブースカから見たウルトラマンウルトラマン

    スーツは『ウルトラマン』に登場したバニラの改造で、大作役の宮本智弘が『ウルトラマン』第25話に出演したことへの返礼の意味がこめられている。頭部の4本の角は、着ぐるみのメンテナンスも担当していたスーツアクターの鈴木邦夫により『ウルトラマン』の再生ドラコに流用された。快獣ブースカ フレッシュアイペディアより)

1033件中 41 - 50件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード