907件中 51 - 60件表示
  • ゴモラ (ウルトラ怪獣)

    ゴモラ (ウルトラ怪獣)から見たウルトラマンウルトラマン

    ゴモラは特撮テレビ番組『ウルトラマン』に登場した架空の怪獣。高い人気を誇り、『ウルトラマン』以降も多くのウルトラシリーズの作品に登場している。別名「古代怪獣」。ゴモラ (ウルトラ怪獣) フレッシュアイペディアより)

  • ガボラ

    ガボラから見たウルトラマンウルトラマン

    ガボラは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』を始めとするウルトラシリーズに登場する架空の怪獣。別名「ウラン怪獣」。ガボラ フレッシュアイペディアより)

  • ジラース

    ジラースから見たウルトラマンウルトラマン

    ジラースは、特撮テレビドラマ『ウルトラマン』や『レッドマン』に登場した架空の怪獣。別名「エリ巻き恐竜」。ジラース フレッシュアイペディアより)

  • 金城哲夫

    金城哲夫から見たウルトラマンウルトラマン

    1963年に円谷プロダクションへ入社、『ウルトラQ』『ウルトラマン』『快獣ブースカ』『ウルトラセブン』など、黎明期の円谷プロが製作した特撮テレビ映画の企画立案と脚本を手掛ける。順風満帆かと思われたが、大人向けの特撮を目指した1968年製作の『マイティジャック』は、平均視聴率が8.3%と低迷したために1クールで打ち切りとなってしまう。挽回を図った『怪奇大作戦』は、平均視聴率22%と健闘したものの、スポンサーが「ウルトラに比べて低い」という判断を下したために、予定の2クールで終了。番組の受注が途絶えた円谷プロは、経営状態が悪化に伴い大幅なリストラを敢行し始める。その煽りで文芸部も廃されて以前のような発言力を失った金城は、1969年に円谷プロダクションを退社する。沖縄県に帰郷しラジオパーソナリティーや沖縄芝居の脚本・演出、沖縄海洋博の構成・演出などで活躍したが、円谷プロ時代のような才能の輝きを見せるまでには至らなかった。金城哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 超人キンタマン

    超人キンタマンから見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラマンを意識した作品であるにもかかわらず、立石はウルトラマンの製作側である円谷プロの満田かずほから「他の人がウルトラマンの下ネタを描くのは許せないけど、君が描くのなら構わない」とお墨付きをもらったという。超人キンタマン フレッシュアイペディアより)

  • 大決戦!超ウルトラ8兄弟

    大決戦!超ウルトラ8兄弟から見たウルトラマンウルトラマン

    タイトルの通り、本編にはウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンメビウス、初代ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンAの8体のウルトラ戦士からなる超ウルトラ8兄弟が登場する。いわゆる「平成シリーズ」である前三者と他の「光の国シリーズ」(『メビウス』含む)とは世界観が異なるためこれまで相容れなかったが、今回はパラレルワールドという形で初の共演を果たしている。大決戦!超ウルトラ8兄弟 フレッシュアイペディアより)

  • ULTRAMAN (2004年の映画)

    ULTRAMAN (2004年の映画)から見たウルトラマンウルトラマン

    テレビシリーズ『ウルトラマン』第1話での出来事が現代社会において現実に起こった場合を想定する形でリメイクされた作品。また、今作の公開時に放映されていたテレビシリーズ『ウルトラマンネクサス』と同じ世界観であり、『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』同様、テレビシリーズの前日談である。ULTRAMAN (2004年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 宮内國郎

    宮内國郎から見たウルトラマンウルトラマン

    フジテレビに勤務していた友人・円谷皐の推薦により、円谷プロダクションがフジテレビで放映する予定であった初のテレビ特撮ドラマ『WOO』の音楽担当に抜擢される。この企画は実現しなかったが、TBSで放映が決まった『ウルトラQ』、引き続いて『ウルトラマン』の音楽を担当し、初期ウルトラシリーズのイメージ作りに、音楽面で大きく貢献した。宮内國郎 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラシリーズ

    ウルトラシリーズから見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラマン 恐怖のルート87:1989年4月28日公開。ウルトラマン大会(フェスティバル)内の1作。ウルトラシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • レッドキング

    レッドキングから見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラシリーズで初めて「具体的に強い」と設定された怪獣である。好戦的で凶暴でありながらも、コミカルな描写が多い。全身が蛇腹のような凸凹に覆われたデザインが特徴的で、高さを強調するために足元から頭頂部に向かって体全体が細くなっている。初登場は『ウルトラマン』の第8話であり、その着ぐるみの頭部を取り替え、体色を青く塗り直してアボラスとして第19話で再利用された後、再度頭部を作り直して第25話に再登場した。レッドキング フレッシュアイペディアより)

907件中 51 - 60件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード