1033件中 61 - 70件表示
  • 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

    大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEから見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラマン』の主人公の一人。「ハヤタ」とはウルトラマンが地球人に変身した姿で、地球で一体化していた『ウルトラマン』の主人公の一人・ハヤタがモデル。大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE フレッシュアイペディアより)

  • バラゴン

    バラゴンから見たウルトラマンウルトラマン

    着ぐるみは従来の怪獣のものより軽量化され、吊りのシーンでも少人数で引っ張り上げることが可能であった。「抜け殻状態のバラゴンのぬいぐるみを、人間形態のフランケンシュタインが担ぎ上げて振り回す」といったアクションスタイルは、翌年に円谷が手掛けたテレビ映画『ウルトラマン』(円谷特技プロダクション、TBS)で、主役ヒーロー「ウルトラマン」と怪獣の格闘の基礎パターンとなった。バラゴン フレッシュアイペディアより)

  • 超人キンタマン

    超人キンタマンから見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラマンを意識した作品であるにもかかわらず、立石はウルトラマンの製作側である円谷プロの満田かずほから「他の人がウルトラマンの下ネタを描くのは許せないけど、君が描くのなら構わない」とお墨付きをもらったという。超人キンタマン フレッシュアイペディアより)

  • ジャンボーグA

    ジャンボーグAから見たウルトラマンウルトラマン

    本作の原型は1966年に遡り、『ウルトラマン』第1話の脚本で難儀している時に、平行して小学館と雑誌展開先行のヒーロー企画・巨大ロボットに興味を示すことが明記されていて、これが後のジャンボーグAとなった。ジャンボーグA フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンダイナ

    ウルトラマンダイナから見たウルトラマンウルトラマン

    スタッフによると本作は、初代『ウルトラマン』のような作風を目指した、あるいは第2期ウルトラの破天荒な魅力を導入したものとされている。また、野球に例えたセリフやエピソードがシリーズ各所にちりばめられていることも一つの特色である。ウルトラマンダイナ フレッシュアイペディアより)

  • ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス

    ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポスから見たウルトラマンウルトラマン

    ハヤタ隊員(ウルトラマン)ヒーロー戦記 プロジェクト オリュンポス フレッシュアイペディアより)

  • 生物彗星WoO

    生物彗星WoOから見たウルトラマンウルトラマン

    円谷英二らが『ウルトラマン』以前に企画していたテレビシリーズ案『WOO』を原案としている。生物彗星WoO フレッシュアイペディアより)

  • 前田日明

    前田日明から見たウルトラマンウルトラマン

    少年時代は1966年に放送された特撮テレビ番組『ウルトラマン』に熱中。その中で1967年4月9日に放送された最終回「さらばウルトラマン」において初代ウルトラマンが宇宙恐竜ゼットンに倒されたシーンを見てショックを受け、ウルトラマンの仇を討つために打倒ゼットンを志し少林寺拳法を習い始めた(小学生で初段を取得)。北陽高校時代は空手とバイクに熱中した。空手は無想館拳心道館長岩崎孝二から学んだ(二段を取得)。極真空手の大山倍達の弟子達のようにアメリカで空手の道場を開きたいという夢を持っていた。大学受験に失敗し、アメリカに行く金を貯めるためアルバイトに暮れる。前田日明 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンコスモスの登場怪獣

    ウルトラマンコスモスの登場怪獣から見たウルトラマンウルトラマン

    デザインはAKIHITO真偽屋による。モデルは『ウルトラマン』に登場したピグモン。ウルトラマンコスモスの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • ゴモラ (ウルトラ怪獣)

    ゴモラ (ウルトラ怪獣)から見たウルトラマンウルトラマン

    ゴモラは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』に登場する架空の怪獣。高い人気を獲得し、『ウルトラマン』以降も多くの「ウルトラシリーズ」の作品に登場している。別名は古代怪獣。英字表記はGOMORA。ゴモラ (ウルトラ怪獣) フレッシュアイペディアより)

1033件中 61 - 70件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード