1033件中 71 - 80件表示
  • 鈴木清 (映画監督)

    鈴木清 (映画監督)から見たウルトラマンウルトラマン

    1964年に円谷プロダクションに入社。『ウルトラQ』や『ウルトラマン』に撮影助手兼キャメラマンとして参加。鈴木清 (映画監督) フレッシュアイペディアより)

  • 怪奇大作戦

    怪奇大作戦から見たウルトラマンウルトラマン

    番組開始当初、SRIに出入りしてメンバーの助手を務めていた少年。年齢設定は11歳。主に野村と行動を共にしていた。『ウルトラマン』におけるホシノ少年的存在を目指したともとれるが、犯罪ドラマの本作では物語に絡みにくかったのか、初期3話に渡り顔を見せた後、「ジャガーの眼は赤い」を最後に姿を消す。彼のマスコット的立場は、小川さおりが引き継いでいった。怪奇大作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 福士秀樹

    福士秀樹から見たウルトラマンウルトラマン

    「ポンパ/ウルトラマンと工作」(ビデオ) 講談社 ※ウルトラマン役福士秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1966年

    1966年から見たウルトラマンウルトラマン

    7月17日 - TBS系でウルトラシリーズ第2弾『ウルトラマン』が放送開始。1966年 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラシリーズ

    ウルトラシリーズから見たウルトラマンウルトラマン

    この他、「マン」が1970年代にフジテレビ系で、「セブン」が1985年に日本テレビでそれぞれ再放送されたりと、再放送については地域系列放送媒体を問わず大多数のテレビ局で実績がある。なお、円谷プロの倒産回避措置として、1984年から1991年まではTBSが系列内外への販売窓口となっていた。ウルトラシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンティガの登場怪獣

    ウルトラマンティガの登場怪獣から見たウルトラマンウルトラマン

    アボルバスが『ウルトラマン』に登場するアボラス、レドルがバニラへのオマージュである。ウルトラマンティガの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンティガ

    ウルトラマンティガから見たウルトラマンウルトラマン

    『ウルトラマン80』以来、16年ぶりとなる『ウルトラQ』、『ウルトラマン』放映から30年となるTVシリーズのウルトラマン。次作『ウルトラマンダイナ』や『ウルトラマンガイア』と合わせて「平成3部作」もしくは「平成初期3部作」と呼ばれ、以降の作品も含めると「平成ウルトラシリーズ」と呼ばれる。ウルトラマンティガ フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンフェスティバル

    ウルトラマンフェスティバルから見たウルトラマンウルトラマン

    ウルトラマンフェスティバルは、TBSが主催して1989年からほぼ毎年(7月から8月にかけて)開催されているウルトラマンを題材にしたイベント。通称『ウルフェス』。ウルトラマンフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • ザ☆ウルトラマン

    ザ☆ウルトラマンから見たウルトラマンウルトラマン

    アニメという媒体への違和感を緩和するため、科学警備隊の隊員編成を、隊長、ウルトラマンに変身するヒーロー、巨漢、科学者、紅一点としたうえ、隊員たちが隊長を「キャップ」と呼ぶなど、『ウルトラマン』の科学特捜隊を踏襲している。そのネーミングも、科特隊と『ウルトラセブン』のウルトラ警備隊を掛け合わせたかのような名前で、エンブレムは科特隊を意識している。また、オープニングアニメーションには、『帰ってきたウルトラマン』のOPで採用されたシルエットと同様の、隊員が一斉射撃を構えるポーズが挿入されており、『ウルトラマン』での科学者タイプのイデ隊員を思わせるトベ隊員の声優には、実際にイデ隊員役の二瓶正也が起用されている。ザ☆ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマンA

    ウルトラマンAから見たウルトラマンウルトラマン

    重厚な人間ドラマを強調した前作『帰ってきたウルトラマン』とは打って変わって娯楽性が強調され、より子供向けに徹している。特に、前作でウルトラマンとウルトラセブンの客演が好評だったことを受け、『ウルトラマン』最終話(第39話)以来の登場となったゾフィーを加えたウルトラ兄弟の設定を本格的に打ち出しているうえ、新キャラクター・ウルトラの父も初登場している。ウルトラマンA フレッシュアイペディアより)

1033件中 71 - 80件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード