前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
318件中 1 - 10件表示
  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た実相寺昭雄

    『ウルトラマン』自体の汎用BGM録音は3回行われた。「特捜隊のテーマ」など一部の曲は主題歌録音と同時にステレオで録音されたが、モノラルのコピーしか残存していない。また、実相寺昭雄が監督した第14・15・23話では追加録音が行われ、これらの楽曲は他のエピソードでも使用される。追加録音は最終回の第39話でも行われたが、これらの追加録音曲はいずれもテープの所在が確認されていない。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た石坂浩二石坂 浩二

    ナレーター:石坂浩二(第1 - 19話)、浦野光(第20 - 39話)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た森山周一郎森山 周一郎

    脳外科医師・村木(第18話):森山周一郎ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た金城哲夫

    本作の企画が始動したのは、1965年の8月ごろのことだった。当時、第2クールを制作中の『ウルトラQ』が日曜夜7時枠で翌年1月からスタートとほぼ決定したことも追い風となり、TBSの栫井巍プロデューサーと円谷特技プロ企画文芸部室長・金城哲夫が中心となって様々なアイデアが出されていった。TBSはかなり早い段階で、四つの条件を円谷特技プロに提示している。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た古谷敏

    造形は、演技者の古谷敏の体型を採寸し、ライフマスクを取って完全に古谷専用として作られており、他の演技者が着用することは考慮されていない。古谷の体型が八頭身であることから、大きめのマスクを着けることで、成田が人体の美の理想とする七頭身になるとしている。なお、撮影における傷みによる作りなおしと改良・修正の意味も併せて、2度大きなモデルチェンジが行われている。これはAタイプ(第13話まで)、Bタイプ(第14 - 29話)、Cタイプ(第30話以降)と呼ばれて区別されている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た東宝

    撮影用模型は、郡司模型製作所によって、ブリキの叩き出しで制作されており、同製作所が担当した、映画『妖星ゴラス』(1962年、東宝)に登場した「国連VTOL機」のミニチュアと同じ叩き出し用の木型が使われている。この「国連VTOL機」とは外見はほぼ同じだが、翼端がロケット弾ランチャー仕様なことやカラーリングが異なり、両者は別々のミニチュアである。撮影話数が進むにつれ、破損と修理が相次いだため、数多くのモデルが新たに制作されている。少なくとも3種類以上のサイズの物があり、場面によって使い分けられていた。素材も金属製と木製の二種があった。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た講談社

    ※参考文献:『キャラクター大全ウルトラマン全調査報告』(講談社・2012年)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た青島幸男

    「石」の能力を試す新聞記者(第11話):青島幸男ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た青野武

    ザラブ星人(第18話):青野武ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た円谷英二

    『ウルトラマンティガ』第49話で、円谷英二監督の想いが実体化して現れたウルトラマンが使用。ヤナカーギーを弾き飛ばした。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
318件中 1 - 10件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード