490件中 11 - 20件表示
  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た青島幸男

    花嫁を出した新聞記者:青島幸男(11)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た青野武

    ザラブ星人:青野武(18)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た成田亨

    カラータイマーはデザイン上の要請とは無関係に考案されたものであり、デザイン担当の成田亨はこれを嫌い、自身が作成したウルトラマンの絵画や塑像にはカラータイマーをつけていないことも多い。また、ウルトラマンの変身・巨大化時の右手を宙空に突き上げたポーズの人形にはカラータイマーがついていない。しかしウルトラマンに不可欠なデザイン上の特徴として以後のウルトラシリーズに継承され、他の類似作品にも大きな影響を与えた。成田は、次作『ウルトラセブン』をデザインする際に、このことを見越してセブンの額に小さなランプをあらかじめ盛り込んでおり、実際にシリーズ中盤から活動限界を知らせる機能が追加されている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た円谷一

    自動車はシボレー・コルヴェアを使用。撮影に用いられたのは円谷一監督の愛車で、これに科特隊のステッカーを貼付けて撮影に用いられた。その後、科特隊のステッカーを外し、『マイティジャック』第8話で使用されたのちに、第12話で爆破破壊された。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た飯島敏宏

    「スペシウム」の名称は「スペース(宇宙)」+「イウム(「物質」を意味する接尾語)」から成り、命名とポーズの考案は脚本・監督の飯島敏宏によるもので、飯島によれば「十字ポーズは忍者が手裏剣を投擲する際の動作が元になっている」とのことである。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た長嶋茂雄

    なぜ制限が3分間であるかについて、円谷プロの満田かずほ監督は、予算を大量に浪費する特撮・格闘シーンを30分番組の1割に当たる3分間に収めるという約束事がなされたためと語っている。また、当時の人気格闘技ボクシングにおける1ラウンドの試合時間、長嶋茂雄の背番号などからヒントを得たとしている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た前田日明

    初放映から50年が経過した2017年現在でも世代に関係なく認知度が高く、『決定! これが日本のベスト100』(テレビ朝日系列)の2002年9月8日放送分「あなたが選んだヒーローベスト100」の第2位にランクインしている。固有名詞としての「ウルトラマン」は、『広辞苑』の見出しにも記載されている(2008年刊の第6版287ページ)。また、第39話(最終回)でウルトラマンがゼットンに倒されたシーンは、初放映当時の子供たちに少なからず衝撃を与え、影響を受けたと語る著名人も多い。大仁田厚や前田日明は「大人になったらゼットンを倒してウルトラマンの仇をとろう」と、格闘技を始めたきっかけになったことを語っている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た金星

    ジェットビートルと同じく岩本博士が開発し、コクピットに銃架を備えた支援機で、主に偵察や観測に使われる。劇中ではジェットビートルと区別なく単に「ビートル」と呼ばれる。当初は、パトロール用として使用されていたが、ガマクジラ戦からは戦闘用としても使用された。一種のリフティングボディ機で、動力はロケットエンジン。武装としてビーム砲とロケット弾を有する。また、自動追尾飛行や本部基地からの遠隔操縦が可能で、第16話で金星ロケット「おおとり」が2段ロケットを点火するまでの間護衛する。ミニチュアは木製。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た鹿島信哉

    湾岸事務官:鹿島信哉、渡辺晃三(6)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た伊藤実

    村の男:伊藤実、塚田正明(30)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

490件中 11 - 20件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード