490件中 21 - 30件表示
  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た黒部進

    ハヤタの姿で登場する作品は◎、ハヤタの姿で登場しないがハヤタ役の黒部進がウルトラマンの声を担当している作品は●を付記。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見たビデオリサーチ

    本放送時の平均視聴率は36.8%、最高視聴率は42.8%(1967年3月26日放送の第37話。ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した人気番組だった。放送終了後もその人気が衰えることはなく、最初に行われた再放送でも平均視聴率が18%台を記録した。海外でも1970年代から100を超える国・地域で放映されてきた。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見たWOWOW

    2012年8月より、円谷プロ×WOWOWウルトラ三大プロジェクトの一環として、初のHDリマスターによるハイビジョン版が放映された。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見たグリーンランド (遊園地)

    三井グリーンランド(熊本県荒尾市。現・グリーンランド)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た学習研究社

    講談社から発売されたオフィシャルファイルマガジン『ULTRAMAN』の専用バインダー初回生産分と、学習研究社の「ウルトラマン大百科」で「ジャイアント作戦」の復刻版脚本が収録されている。2005年、飯島が「千束北男」名義で執筆した小説版が発売された。また、『ウルトラマン 科特隊奮戦記 ジャイアント作戦』として川崎郷太により漫画化されている(1993年、朝日ソノラマ)。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た武田薬品工業

    『ウルトラマン』は、日本の特撮テレビ番組(カラー)、および、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。制作は円谷プロダクション。1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された。映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」。武田薬品の一社提供枠「タケダアワー」内で放送。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た武田薬品

    武田薬品 - 初代ウルトラマンのスポンサーウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見たテレビ朝日

    初放映から50年が経過した2017年現在でも世代に関係なく認知度が高く、『決定! これが日本のベスト100』(テレビ朝日系列)の2002年9月8日放送分「あなたが選んだヒーローベスト100」の第2位にランクインしている。固有名詞としての「ウルトラマン」は、『広辞苑』の見出しにも記載されている(2008年刊の第6版287ページ)。また、第39話(最終回)でウルトラマンがゼットンに倒されたシーンは、初放映当時の子供たちに少なからず衝撃を与え、影響を受けたと語る著名人も多い。大仁田厚や前田日明は「大人になったらゼットンを倒してウルトラマンの仇をとろう」と、格闘技を始めたきっかけになったことを語っている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見たバンダイビジュアル

    VHSが、1980年に、第1話、第2話、第3話、第8話、第19話、第25話、第26話、第27話、第33話、東宝映像事業部から発売(各巻1話収録)。1987年には同じ東宝より、新たに各巻3話収録による全13巻(全話収録)が発売、同年にバンダイ・ネットワークフロンティア事業部よりLDが発売された。1992年にはD2ニューマスター版LD-BOXとVHSがバンダイビジュアルより発売。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た野長瀬三摩地

    脚本 - 金城哲夫、千束北男(飯島敏宏)、山田正弘、南川竜(野長瀬三摩地)、藤川桂介、佐々木守(第22話は名義のみ)、海堂太郎(樋口祐三)、若槻文三、上原正三、関沢新一、宮田達男ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

490件中 21 - 30件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード