490件中 31 - 40件表示
  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た円谷英二

    『ウルトラマンティガ』第49話で、円谷英二監督の想いが実体化して現れたウルトラマンが使用。ヤナカーギーを弾き飛ばす。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た満田かずほ

    なぜ制限が3分間であるかについて、円谷プロの満田かずほ監督は、予算を大量に浪費する特撮・格闘シーンを30分番組の1割に当たる3分間に収めるという約束事がなされたためと語っている。また、当時の人気格闘技ボクシングにおける1ラウンドの試合時間、長嶋茂雄の背番号などからヒントを得たとしている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た宮田洋容・布地由起江

    治の両親:宮田洋容(三平)、布地由起江(リエ子)(26・27)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た神戸空港

    劇場版では、ウルトラマンメビウスが地球に派遣される20年前にセブン、ジャック、エースとともにファイナル・クロスシールドでヤプールを封印したのと引き替えに変身能力を失い、かつて一心同体だったハヤタの姿になり、神戸空港の空港長を務めながらヤプールを監視していた。十字架にかけられたメビウスを救出するため、決死の変身を果たす。上着の襟には科学特捜隊のエンブレムを付けている。ミライ(メビウス)に「ウルトラマンは神ではなく頑張ろうと救えない命もある」と諭す。映画のエンドロールや公式サイトなどのクレジットでは「ハヤタ」のみの表記であるが、劇中の小道具である神戸空港制限区域立入証では「ハヤタ・シン」と表記されている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た火星

    ウルトラマンが使う代表的な必殺技で、左右の手刀を十字型に交差させて右手から発射する破壊光線である。右腕にマイナス、左腕にプラスのエネルギー(磁場)が蓄えられ、それをスパークさせて発射すると設定されている。そのエネルギーはすさまじく、相手を爆破または炎上させる効果がある。決まり手として多用される一方、通用しない敵も数体いる。連射や長時間照射も可能。この光線には火星に存在しバルタン星人が苦手とする架空の物質スペシウムが含まれているとされ、劇中では第2話でムラマツがそのことを指摘したのを受けてフジ隊員が命名する。50万度の威力がある。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た科学特捜隊

    怪獣や宇宙人によって起こされる災害や超常現象の解決に当たる科学特捜隊と、それに協力するM78星雲光の国の宇宙警備隊員であるウルトラマンの活躍劇である。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た原子炉

    イデ隊員が開発し、主にアラシ隊員が装備している大型熱線銃。ホシノ少年でも扱いが可能。銃の後部上面にセレクターがあり、熱線、リング状光線、火炎の3種類を発射する。8種類の光線を発射可能なことから8本の脚を持つ蜘蛛にちなんで命名された、と紹介されることもある。動力は超小型原子炉で、カートリッジ式で交換できるとの設定がある(本編未登場)。火炎放射はスフランのツタを焼き切る。熱線はミイラ人間を倒し、ネロンガの片眼を潰す。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た加藤茂雄

    伊和送電所技師:加藤茂雄(3)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見たトレーラートラック

    第23話に登場する自走高射砲。ベース車両は16輪の大型トレーラートラックで、トレーラーの荷台に高射砲1門を装備している。水が苦手なジャミラを人工降雨弾で攻撃する。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た稲吉靖司

    科学センター警備員:稲吉靖(原田)、奥村公延(森)(12)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

490件中 31 - 40件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード