318件中 31 - 40件表示
  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た野長瀬三摩地

    脚本:金城哲夫、千束北男(飯島敏宏)、山田正弘、南川竜(野長瀬三摩地)、藤川桂介、佐々木守(第22話は名義のみ)、海堂太郎(樋口祐三)、若槻文三、上原正三、関沢新一、宮田達男ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た一峰大二

    『ウルトラQ』や『ウルトラセブン』に比べれば少ないものの、上原正三脚本の「宇宙基地救助命令」「怪獣用心棒」や藤川桂介脚本の「東京危機一発」「科学島脱出」など、予算や技術的な問題から映像化が断念された脚本がある。この中で「怪獣用心棒」は講談社の月刊誌『ぼくら』で放送終了後も4か月間連載が延長される中、一峰大二によって漫画化が行われた。現在では翔泳社の『ウルトラマン完全版』(全2巻)で見ることができる。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た成田亨

    ウルトラマンのデザインは、前作『ウルトラQ』でも怪獣や宇宙人のデザイン、セットの美術デザインを依頼された彫刻家の成田亨が担当した。仕上げの最終段階で平面上の作業に見切りをつけたため、デザイン画の決定稿は存在しない。成田の指示のもと、美術スタッフの佐々木明が粘土による造型作業を繰り返す中で、あのマスクと身体の模様が出来上がった。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た上原正三

    『ウルトラQ』や『ウルトラセブン』に比べれば少ないものの、上原正三脚本の「宇宙基地救助命令」「怪獣用心棒」や藤川桂介脚本の「東京危機一発」「科学島脱出」など、予算や技術的な問題から映像化が断念された脚本がある。この中で「怪獣用心棒」は講談社の月刊誌『ぼくら』で放送終了後も4か月間連載が延長される中、一峰大二によって漫画化が行われた。現在では翔泳社の『ウルトラマン完全版』(全2巻)で見ることができる。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た満田かずほ

    なぜ制限が3分間であるかについて、円谷プロの満田かずほ監督は、予算を大量に浪費する特撮・格闘シーンを30分番組の1割に当たる3分間に収めるという約束事がなされたためと語っている。また、当時の人気格闘技ボクシングにおける1ラウンドの試合時間、長嶋茂雄の背番号などからヒントを得たとしている。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た藤川桂介

    『ウルトラQ』や『ウルトラセブン』に比べれば少ないものの、上原正三脚本の「宇宙基地救助命令」「怪獣用心棒」や藤川桂介脚本の「東京危機一発」「科学島脱出」など、予算や技術的な問題から映像化が断念された脚本がある。この中で「怪獣用心棒」は講談社の月刊誌『ぼくら』で放送終了後も4か月間連載が延長される中、一峰大二によって漫画化が行われた。現在では翔泳社の『ウルトラマン完全版』(全2巻)で見ることができる。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た宮田洋容・布地由起江

    治の両親(第26・27話):宮田洋容(三平)、布地由起江(リエ子)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た金星

    第16話に登場した有人金星探査ロケット。現実的なデザインの三段式ロケットで、三段目がそのまま宇宙船となる。全体的なレイアウトはサターンVに近い。また、船内には人工重力が働いている。開発者の毛利博士が自ら乗り込み、人類初の有人金星探査に向けて打ち上げられた。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見たトレーラートラック

    第23話に登場した自走高射砲。ベース車両は16輪の大型トレーラートラックで、トレーラーの荷台に高射砲1門を装備している。水が苦手なジャミラを人工降雨弾で攻撃した。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た稲吉靖司

    科学センター警備員(第12話):稲吉靖(原田)、奥村公延(森)ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

318件中 31 - 40件表示

「ウルトラマン」のニューストピックワード