前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1203件中 1 - 10件表示
  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見たエアコンエア・コンディショナー

    ヒートポンプ()は、熱媒体や半導体等を用いて低温部分から高温部分へ熱を移動させる技術である。手法はいくつかあるが主流は気体の圧縮・膨張と熱交換を組み合わせたもので、一般家庭でもみられる製品でヒートポンプを使っているものとして冷凍冷蔵庫、エアコン、ヒートポンプ式給湯器などがある。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

  • 富士通ゼネラル

    富士通ゼネラルから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    旧来はブラウン管テレビ(1995年頃に撤退)を主力製品としたが、現在は売上額8割以上がエア・コンディショナーや脱臭機など冷暖房、空調機器で、約6割をルームエアコンのシェアが高いヨーロッパ、中東、オーストラリア各国など日本国外で売り上げる他、市町村防災、消防救急、タクシー無線など各種ソリューションも取り扱う。富士通ゼネラル フレッシュアイペディアより)

  • 可変電圧可変周波数制御

    可変電圧可変周波数制御から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    日本では、鉄道車両の交流モータ駆動方式として、可変電圧可変周波数を英語に直訳した語の頭文字をとって、VVVF制御(ブイブイブイエフせいぎょ、もしくは、スリーブイエフせいぎょ)と呼ぶが、鉄道分野以外で一般に「電動機の可変速駆動制御」などと呼ばれるものに含まれる。家電分野ではインバータ・エアコンなどに使われる。可変電圧可変周波数制御 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局12-000形電車

    東京都交通局12-000形電車から見たエアー・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置は車両限界から屋根上に設置できず、床下には機器が多く設置できないことから、車内床置式冷房装置(14.53kW(12,500kcal/h)出力品を各車2台搭載、1両あたり29.07kW(25,000kcal/h)出力)を採用し、車端部の一部は冷房機器室となっている。なお、都営地下鉄における冷房装置の搭載は都営新宿線用の10-000形試作車が初めてであり、本車両は同試作車に続く2番目の採用となる。ただし、10-000形試作車の冷房装置は量産化改造時に撤去されている。東京都交通局12-000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 73式小型トラック

    73式小型トラックから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    リアエンドパネルにアクセサリーソケットと左右ドアに灰皿を搭載したほか、災害情報収集のためAM・FMラジオも標準装備されている。また、民間向け車両の部品を流用した事からエアコンのような快適装備も引き継がれ、冷房可能なエアコン搭載車となるが、電装系は民間向けパジェロの12V仕様に対し、防衛省向けは24Vであるため、操作パネルは同じながらも中身は別物である。73式小型トラック フレッシュアイペディアより)

  • 営団05系電車

    営団05系電車から見たエアー・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置はインバータによる容量可変式の能力48.84kW(42,000kcal/h)、装置キセは角型となっている。補助電源装置は170kW出力のDC-DCコンバータ(DDC)を採用した。このタイプの電源装置は後の9次車まで使用されている。営団05系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ダイキン工業

    ダイキン工業から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    ダイキン工業株式会社(ダイキンこうぎょう、英名:DAIKIN INDUSTRIES, Ltd.)は、日本の大阪府に本社を置き、世界五大陸38ヶ国に拠点を持つ空調機、化学製品の世界的メーカーである。略称は「ダイキン」。空調事業の売上高は2010年からキヤリア社を抜き世界第1位、またフッ素化学製品でもデュポン社に次いで世界第2位、換気事業においても世界第1位のシェアを誇る。約150か国に事業展開し海外売上比率は7割、全従業員の8割が日本国外で働いている。日経平均株価採用銘柄。ダイキン工業 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄103系電車

    国鉄103系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    1968年(昭和43年)に京王帝都電鉄(現在の京王電鉄)が初代5000・5100系電車増備車に冷房を装備したのを皮切りに、私鉄において冷房を取付けたロングシート車両が登場したのに呼応し、私鉄とのサービス格差を改善する目的で試作冷房装置を搭載して山手線に10両編成1本が試験投入された。国鉄103系電車 フレッシュアイペディアより)

  • テラリウム

    テラリウムから見たエアコンエア・コンディショナー

    多くの亜熱帯から熱帯の生き物を温帯で飼育栽培する際には保温装置が不可欠である。また、温帯産の動物においても、冬場活動させる際、健康維持を図る際などに保温が必要となる場合も多い。保温装置は様々あるが、代表的なもので、エアコン(テラリウムが設置してある部屋ごと保温という場合もある)、赤外線ヒーター(薄いフィルム状のものなど様々ある)、観賞魚用の水中ヒーター、小動物用のパネルヒーターなどがある。また、爬虫類など一部の変温動物は、ホットスポット(温度が高い石の上や日向)から熱をもらい、体温を上げるという行動が体温調節において重要な役割を果たすため、レフ球、バスキングランプ、メタルハライドランプなど局所的な熱源となる照明も重要となってくる。テラリウム フレッシュアイペディアより)

  • ウィリス・キャリア

    ウィリス・キャリアから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    ウィリス・キャリア(Willis Carrier、1876年11月26日 - 1950年10月7日)は技術者で発明家であり、近代的空気調和設備(エア・コンディショナー)を発明したことで知られている。ウィリス・キャリア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1203件中 1 - 10件表示

「エアコン」のニューストピックワード