1203件中 11 - 20件表示
  • 蒸発熱

    蒸発熱から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    固体や液体が気体に変化する現象を気化という。気化にはエネルギーが必要である。物質が気化するとき、多くの場合、気化に必要なエネルギーは熱として物質に吸収される。多くのエアコンや冷蔵庫で、この吸熱作用を利用したヒートポンプという技術が使われている。蒸発熱 フレッシュアイペディアより)

  • カーヒーター

    カーヒーターから見たエアコンエア・コンディショナー

    ヒーターコアによる熱交換はエンジン排熱の再利用にあたる。通常、室内用エアコンの暖房機能では蒸気圧縮冷凍サイクルを4方弁と呼ばれるバルブを用いて冷房サイクルとは逆方向に冷媒ガスを回し、室外機側で冷風を放出、室内機側で冷媒の熱を放熱させることで暖房を成立させているが、水冷エンジンの場合にはヒーターコアでの排熱再利用の方がエンジンに負荷が掛からず合理的なため、後述のホットガス式ヒーターを除いて、コンプレッサーを用いた暖房は用いられない。カーヒーター フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みシステム

    組み込みシステムから見たエアコンディショナーエア・コンディショナー

    自動車、オートバイのエンジンコントロールユニット(燃料噴射装置を含むエンジンマネジメント)、自動変速機、エアコンなどの制御組み込みシステム フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の鉄道史

    アメリカ合衆国の鉄道史から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    第一次世界大戦では、一時的にアメリカの鉄道網は国有化されて軍事輸送に当たった。大戦が終わると本格的に自動車など他の交通機関との競争が始まり、鉄道もディーゼル化やエアコンの装備など、競争力の向上に努めることになった。第二次世界大戦では国有化されること無く軍事輸送に努め、一時的に他の交通機関との競合が収まったこともあり一息をつくことができた。アメリカ合衆国の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の客車史

    日本の客車史から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    日本で初めて、同一系列の車両による「固定編成」を組むことを前提に設計された客車であり、冷房装置や空気ばね台車の装備などで居住性を大きく改善した画期的な車両であった。通常編成端に連結される緩急車や荷物車は流線型デザインとされ、青一色に統一された外観は、以後の客車寝台特急も含めて「ブルートレイン」と呼ばれる起源となった。日本の客車史 フレッシュアイペディアより)

  • いすず型護衛艦

    いすず型護衛艦から見たエアーコンディショナーエア・コンディショナー

    船体設計に当たっては、従来は重量配分を基準として行われていたのに対し、本型ではスペースベースの手法が導入された。これにより、レーダーやソナー、指揮・統制(C2)装備など電子機器やそのための各種配管・空調設備のため、急激に増大していたスペース所要への対応がなされた。また28DEで惨憺たる結果に終わった居住性改善についても施策が講じられており、科員一人あたりの居住面積は「いかづち」の1.82mから2.40mに増大したほか、電子機器冷却が主眼とはいえ、空調設備も導入された。いすず型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知環状鉄道100系電車

    愛知環状鉄道100系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置は、直流1500Vの架線電源で直接駆動する方式のものを搭載した。このため補助電源装置は5kVAという小容量のものとなっている。愛知環状鉄道100系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 高機動車

    高機動車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    一部車両は運転席と助手席の間のスペースにエアコン装置を装着している。初期生産型はシートのリクライニング機構が省かれていたが、後の改良でリクライニングシートとオプションでCDプレイヤー付きラジオが設定された。高機動車 フレッシュアイペディアより)

  • 暖房

    暖房から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    エア・コンディショナー(通称:ヒーポン、ガスによるヒートポンプ)暖房 フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄6000系電車

    相鉄6000系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    材質は普通鋼製。登場時の車体の色は5000系と同じ紺色系の塗装に塗り分けられた。貫通扉の塗り分けが、最初の8編成とそれ以降とで若干の違いがある。1973年より緑色系の塗装に変更されている。全車両が非冷房で登場したものの、1979年(昭和54年)から冷房装置搭載工事を行い、1986年(昭和61年)までに全車完了している。屋根上に搭載された冷房装置の形式は日立FTUR-550で能力は40000kcal/hである。相鉄6000系電車 フレッシュアイペディアより)

1203件中 11 - 20件表示

「エアコン」のニューストピックワード