1203件中 21 - 30件表示
  • 京都市交通局10系電車

    京都市交通局10系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    京都市交通局初の地下鉄路線として建設された烏丸線用の電車である。アルミ製、両開き片側4扉の車体構造をもち、側面窓上部と正面非常用貫通扉に京都らしい色として京都市営バスと共通の緑色の帯が入れられている。内装は暖色系で、シートは緑色、登場時から全車に冷房装置を備える。1981年(昭和56年)5月の烏丸線開業時に4両編成9本が準備されたのち、1988年(昭和63年)6月の竹田延伸開業時に中間車2両を追加して全編成が6両編成化されるとともに6両編成5本が増備された。烏丸線延伸などに伴って順次増備され、1997年(平成9年)までに合計で6両編成20本、120両が製造された。開業時に準備された車両と、それ以外の車両では外観、車内の装備、機器配置などが異なる。1988年(昭和63年)8月からは近畿日本鉄道(以下、近鉄)との相互乗入が始まり、当初は新田辺までの普通列車に、2000年(平成12年)3月からは新田辺行き各駅停車に加えて急行として近鉄奈良まで運転する列車にも充当されている。京都市交通局10系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 叡山電鉄700系電車

    叡山電鉄700系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    叡山電鉄700系電車(えいざんでんてつ700けいでんしゃ)は、経営合理化のためのワンマン運転と、近代化のためのATS導入、冷房サービスの提供のため、1987年(昭和62年)と1988年(昭和63年)に在来車の機器を流用して武庫川車両工業で合計8両が製造された叡山電鉄の電車である。全車が両運転台構造の制御電動車で、改造元となった車両によって3形式に細分される。本稿では叡山本線上で南側を出町柳寄り、北側を八瀬寄りと表現する。叡山電鉄700系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東海 (列車)

    東海 (列車)から見たエアー・コンディショナーエア・コンディショナー

    2月:「東海」の一等車を冷房装置付きのサロ165形に置き換え。東海 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道の車両形式

    名古屋鉄道の車両形式から見たエアーコンディショナーエア・コンディショナー

    通勤車の冷房化については、主制御器を新開発のGE社系MCMパッケージ型電動カム軸式制御器とすることで床下機器追加用スペースを確保した5500系を1959年に新製することで先鞭をつけたが、その後は旧型非冷房車の置換え(車体更新)より車両増備(輸送力増強)を優先した関係で、冷房車の車両数は順次増加したが保有車両全体の冷房化率は1980年代半ばまで伸び悩んだ。名古屋鉄道の車両形式 フレッシュアイペディアより)

  • 新京成電鉄8900形電車

    新京成電鉄8900形電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置:三菱電機製CU-715型集約分散式冷房装置(能力18,000kcal/h(75.6kWh))×2基/両(1両36,000kcal/h≒151.2kWh)新京成電鉄8900形電車 フレッシュアイペディアより)

  • JR西日本キハ187系気動車

    JR西日本キハ187系気動車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    0番台は屋根上の冷房装置は1台搭載とされ、車体側面に島根県の花「牡丹」のイラストが貼付されている。2008年春には「スーパーいなば」の増結車として中間に組み込まれたことがある。JR西日本キハ187系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E655系電車

    JR東日本E655系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    座席は横1+2列配置の電動式リクライニングシートで、各座席にはスポット空調の吹き出し口や読書灯のほか、各種デジタル放送や車内販売システム、運転席からの展望映像などに対応したタッチパネル式の8インチモニタ装置が設置されている。各車両ともデッキを含めてすべて禁煙となっている。JR東日本E655系電車 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・カローラスパシオ

    トヨタ・カローラスパシオから見たエアコンエア・コンディショナー

    11月 - 特別仕様車X-Sリミテッドを発売。Xグレードの1.5L FF車と1.8L 4WD車をベースに、上級のSエアロツアラー用のスポーツシート、ダーク木目調パネルのほか、リヤスポイラー、プライバシーガラス、オートエアコンなどを特別装備している。トヨタ・カローラスパシオ フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン

    ヒューストンから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    第二次世界大戦が開戦すると、ヒューストン港の貨物取扱量は減少し、積降は保留とされるようになった。しかし、戦争需要から市の経済はむしろ活性化した。戦時中の石油化学製品や合成ゴムの需要増加に対応するため、シップ・チャネル沿いには石油化学工場や製造工場が建設された。地元の造船業も増産し、市の成長を促した。経済成長をエリントン・フィールド空港は、もとは第一次世界大戦の最中に設置されたものであったが、航空士や爆撃手の上級訓練センターとして生まれ変わった。1945年、M.D.アンダーソン財団はテキサス医療センターを設置した。第二次世界大戦の終結とともに、ヒューストンの経済は再び港湾中心に戻った。1948年、近隣の所属未定地を合併したことにより、ヒューストンの市域はそれまでの2倍以上になり、地域全体にわたって広がり始めた。1950年代に入り、エアコンが普及し始めると、蒸し暑いヒューストンの夏も快適に過ごせるようになり、多くの企業がヒューストンに移転してきた。その結果、ヒューストンの経済は高度成長期を迎え、エネルギー産業を中心とした経済に移行していった。1961年には有人宇宙船センター(1973年にジョンソン宇宙センターに改称)が設置され、ヒューストンには航空宇宙産業が興った。ヒューストン フレッシュアイペディアより)

  • 営団8000系電車

    営団8000系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    本系列は営団地下鉄初の本格的な冷房装置搭載準備車(冷房準備車)で落成し、当初から屋根の中央に集中式冷房装置を取り付けられるように準備されていた。開口部はフタがされ、上部に通風器2台と開口部の前後に車内の換気を行う2台の排気扇が設置された。車内天井部には冷房用ダクトと吹き出し口、中央に三菱電機製の横流ファン(ラインデリア)を設置した。その後、1988年(昭和63年)から1989年(平成元年)にかけて全車両に冷房装置(インバータ制御式、能力48.84kW (42,000kcal/h) 搭載改造を施工した。また、半蔵門線は営団の路線で最初に全車両の冷房化が完了した。編成中の弱冷房車は2号車である。営団8000系電車 フレッシュアイペディアより)

1203件中 21 - 30件表示

「エアコン」のニューストピックワード