1084件中 21 - 30件表示
  • 新京成電鉄8900形電車

    新京成電鉄8900形電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置:三菱電機製CU-715型集約分散式冷房装置(能力18,000kcal/h(75.6kWh))×2基/両(1両36,000kcal/h≒151.2kWh)新京成電鉄8900形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 空気清浄機

    空気清浄機から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    ファン式は現在の主流となっている方式で、扇風機やエアコンと同じようにファンによって強制的に空気を吸い込んで、フィルターで濾過し、きれいになった空気を吹き出す方式である。使われるファンは、空気の押し出しに向くプロペラファン(扇風機などのファン)ではなく、吸い込みに適するシロッコファン(天井据付式の換気扇などに使われる)である。クロスフローファンを採用した機種もある。一昔前なら業務用として使われるような風量の豊富なものが多く出てくるようになった。空気清浄機 フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みシステム

    組み込みシステムから見たエアコンディショナーエア・コンディショナー

    炊飯器、洗濯機、エアコンディショナー(業務用空調設備含む)組み込みシステム フレッシュアイペディアより)

  • JR西日本キハ187系気動車

    JR西日本キハ187系気動車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    0・1000番台は屋根上の冷房装置は1台搭載とされ、車体側面に島根県の花「牡丹」のイラストが貼付されている。2008年春には「スーパーいなば」の増結車として中間に組み込まれたことがある。JR西日本キハ187系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン

    ヒューストンから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    第二次世界大戦が開戦すると、ヒューストン港の貨物取扱量は減少し、積降は保留とされるようになった。しかし、戦争需要から市の経済はむしろ活性化した。戦時中の石油化学製品や合成ゴムの需要増加に対応するため、シップ・チャネル沿いには石油化学工場や製造工場が建設された。地元の造船業も増産し、市の成長を促した。経済成長をエリントン・フィールド空港は、もとは第一次世界大戦の最中に設置されたものであったが、航空士や爆撃手の上級訓練センターとして生まれ変わった。1945年、M.D.アンダーソン財団はテキサス医療センターを設置した。第二次世界大戦の終結とともに、ヒューストンの経済は再び港湾中心に戻った。1948年、近隣の所属未定地を合併したことにより、ヒューストンの市域はそれまでの2倍以上になり、地域全体にわたって広がり始めた。1950年代に入り、エアコンが普及し始めると、蒸し暑いヒューストンの夏も快適に過ごせるようになり、多くの企業がヒューストンに移転してきた。その結果、ヒューストンの経済は高度成長期を迎え、エネルギー産業を中心とした経済に移行していった。1961年には有人宇宙船センター(1973年にジョンソン宇宙センターに改称)が設置され、ヒューストンには航空宇宙産業が興った。ヒューストン フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄113系電車

    国鉄113系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置はクハ111-360とモハ112-15が東芝製AU73X形、モハ112-55とクハ111-369が日立製作所製AU74X形、クハ111-52とモハ113-15・55が三菱電機製AU75X形と集中式3種類が車体・台枠を補強のうえで搭載され、車内の意匠も冷房風道や吹き出し口の配置、扇風機の有無も数種類が存在した。冷房用電源装置は、製作期間の関係から急行用の110kVAのMGを流用しクハ111形に搭載した。国鉄113系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3500形電車

    京成3500形電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    京成の通勤車では初の冷房車である。京成3500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄203系電車

    国鉄203系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    本系列の導入前は、常磐緩行線と帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)千代田線との相互直通運転用に、国鉄では103系1000番台を直通開始当初から運用していたが、抵抗制御であるため加速時や発電ブレーキでの廃熱が地下鉄トンネル内の温度上昇をもたらしていた。さらに、主抵抗器が冷却扇を持たない自然通風方式であったこと、同様に抵抗制御車の運用されていた東西線とは異なり、比較的長い単線トンネル区間を高速で走行するために冷却が不十分で車内の温度上昇や、発熱による主制御器の誤作動、床下機器の劣化があったこと、営団との協定の起動加速度が性能の限界だったため、重量増となる冷房装置が搭載できないこと、などの問題点があった(常磐緩行線も参照)。また、電機子チョッパ制御や回生ブレーキを採用する営団6000系に比べて消費電力が大きく、国鉄は営団車との電力消費量の差額を営団に支払うよう会計検査院から指導を受けていた。このような経緯もあり、営団側からも国鉄に対し、早期のチョッパ制御化を望む申し入れがなされていた。国鉄203系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東武8000系電車

    東武8000系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置搭載改造以前の車両は、運転室前後長さが短く(狭く)、運転室の仕切り扉の構造も違っていた。また、車掌側キセには手ブレーキの円形ハンドルが埋め込まれており、ワイヤーで作動する構造であった。東武8000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・コスモ

    マツダ・コスモから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    マイナーチェンジによって、当時としては高級品であったヂーゼル機器製のエアコンがオプションで装着可能となった。このヂーゼル機器製クーラーの価格は40万円を超えたという。ユニットは座席後ろの手荷物スペースに置かれたため、冷風は後方から吹き出す形であった。コスモスポーツ専用設計のクーラーであったため効きは悪くなかったが、発熱量の多いロータリーのためオーバーヒート気味となることもままあった。当時の取扱説明書にも「クーラ装着車はクーラ作動時、シフトをTOPおよびO・Tにし、エンジン回転1,500rpm以下の低回転でノロノロ運転している場合オーバ・ヒート気味になることがありますので、このような場合はシフトを2速か3速にして運転してください。」(原文)との記載がある。マツダ・コスモ フレッシュアイペディアより)

1084件中 21 - 30件表示

「エアコン」のニューストピックワード