1203件中 31 - 40件表示
  • 空気清浄機

    空気清浄機から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    ファン式は、現在の主流となっている方式で、扇風機やエアコンと同じようにファンによって強制的に空気を吸い込んで、フィルターで濾過し、きれいになった空気を吹き出す方式である。使われるファンは、空気の押し出しに向くプロペラファン(扇風機などのファン)ではなく、吸い込みに適するシロッコファン(天井据付式の換気扇などに使われる)である。クロスフローファンを採用した機種もある。一昔前なら業務用として使われるような風量の豊富なものが多く出てくるようになった。空気清浄機 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ10000系電車

    東京メトロ10000系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    蛍光灯や空調ダクトの配置を工夫することで、本系列の天井の高さは07系より185mm高い2,415mmとなった。空調ダクトは側に寄せており、中央部のみ高い凸形となっている。このため、ラインデリア(補助送風機)は枕木方向の設置とし、先頭車7台・中間車8台設置されている。このラインデリア取り付け部の側面はステンレスの鏡面仕上げ材を使用し、天井部を貫通しているかのようなデザインとしている。東京メトロ10000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・コルヴェア

    シボレー・コルヴェアから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    シボレーは熟慮して、コルヴェアを保守的な既存シボレー車からの革新的な出発点として設計した。リアエンジン配置は大きな室内空間と経済性を提供し、低いシルエットと室内の平床化を実現する。前輪荷重が小さいのでパワーステアリングが不要であり、(前方から車内空間を吹き抜けるエンジンの熱が無いおかげで)エアコンの必要性を減らし、乗心地、トラクションとブレーキ・バランスを劇的に改善した。それまでと革新的に異なる設計は他メーカー(主に輸入車)の購買層をも惹きつけたが、これは重要ではあるがしばしば軽視されがちなこの車の成功の要因であった。シボレー・コルヴェア フレッシュアイペディアより)

  • 営団9000系電車

    営団9000系電車から見たエアー・コンディショナーエア・コンディショナー

    4次車までの編成では、インバータ制御による集中式の容量48.9kW(42,000kcal/h)の冷暖房装置を搭載する。南北線ではワンマン運転を行うため、冷暖房装置は細かい操作の不要な全自動モードにより運転することができる。車内は冷房ダクトによるラインフローファン方式で、ラインデリアは先頭車に9台、中間車に10台設置している。また、車内放送用スピーカーは各車6台ある。側窓は車端部は固定窓、それ以外の2連窓は開閉可能な下降窓である。営団9000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 電源車

    電源車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    また、空港などで見られる航空電源車も存在する。駐機中のエアコン、照明などのサービス用や、メインエンジン始動用の電力を供給するのが目的である。電源車 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3500形電車

    京成3500形電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    京成の通勤車では初の冷房車である。京成3500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ライトエース

    トヨタ・ライトエースから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    ダッシュボードを核とした明るめの同系色で統一された内装は大きく近代化され、冷房装置も吊り下げ式クーラーに代わり、フルエアミックスタイプのエアコンが設定された。トヨタ・ライトエース フレッシュアイペディアより)

  • 三洋電機

    三洋電機から見たエアコンエア・コンディショナー

    エアコンの世界市場では高いシェアを有していた。三洋電機 フレッシュアイペディアより)

  • アイシン精機

    アイシン精機から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    他にもベッドやミシンなど住生活関連製品、ガスヒートポンプなどのエネルギー関連製品、さらには電動車いすなど福祉用品も扱っている。1980年代前半までは、シャープ製のカラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどを「TOYOTA」マークをつけて「トヨタ家庭用機器」として販売していた。また、1976年に伊奈製陶(現LIXIL)と共同開発した「シャワートイレ」はその後の主力製品となった。アイシン精機 フレッシュアイペディアより)

  • ランボルギーニ・ミウラ

    ランボルギーニ・ミウラから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    トラクターの製造販売やエアコンなどの事業で大成功を収めたフェルッチオ・ランボルギーニがフェラーリに対抗すべく1963年に興したランボルギーニによって1966年3月ジュネーヴ・モーターショーにて発表され、1966年から1973年までに約750台が生産された。ランボルギーニ・ミウラ フレッシュアイペディアより)

1203件中 31 - 40件表示

「エアコン」のニューストピックワード