1203件中 41 - 50件表示
  • フォード・スコーピオ

    フォード・スコーピオから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    スコーピオは、ヨーロッパ市場でエグゼクティヴカーを購入しようとしている人がメルセデス・ベンツやBMWと並べる主要な選択肢としてフォードの車を挙げるような地位を保ち続けるような役割を持たされていた。フォードは既に前モデルであるグラナダ MkIIで広範囲に渡る各種装備(この時期にはヒーター付電動調節革シート、エアコン、電動サンルーフ、トリップ・コンピューター等のような特別装備が装着できた)を装備して市場に非常に新しい技術を提供してきた。スコーピオではヨーロッパ・フォードでは最初となる熱線ウインドスクリーン、クルーズコントロールや四輪駆動が含まれていた。スコーピオは背もたれのホールド感に欠けるのが多少評価を落としつつも非常に乗り心地が良く後部座席の足元の空間も広かったが、頭の側方空間は驚くほど狭かった。スコーピオの最大の長所はヨーロッパの量産車で初めて全てのグレードに渡り標準でアンチロック・ブレーキ・システムを装備したことであった。フォード・スコーピオ フレッシュアイペディアより)

  • 東武8000系電車

    東武8000系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置搭載改造以前の車両は、運転室前後長さが短く(狭く)、運転室の仕切り扉の構造も違っていた。また、車掌側キセには手ブレーキの円形ハンドルが埋め込まれており、ワイヤーで作動する構造であった。東武8000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • LGエレクトロニクス

    LGエレクトロニクスから見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    LGエレクトロニクスの白物家電の中でもエアコンの世界シェアは7年連続の世界シェア1位となった。LGエレクトロニクス フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄203系電車

    国鉄203系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    本系列の導入前は、常磐緩行線と帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)千代田線との相互直通運転用に、国鉄では103系1000番台を直通開始当初から運用していたが、抵抗制御であるため加速時や発電ブレーキでの廃熱が地下鉄トンネル内の温度上昇をもたらしていた。さらに、主抵抗器が冷却扇を持たない自然通風方式であったこと、同様に抵抗制御車の運用されていた東西線とは異なり、比較的長い単線トンネル区間を高速で走行するために冷却が不十分で車内の温度上昇や、発熱による主制御器の誤作動、床下機器の劣化があったこと、営団との協定の起動加速度が性能の限界だったため、重量増となる冷房装置が搭載できないこと、などの問題点があった(常磐緩行線も参照)。また、電機子チョッパ制御や回生ブレーキを採用する営団6000系に比べて消費電力が大きく、国鉄は営団車との電力消費量の差額を営団に支払うよう会計検査院から指導を受けていた。このような経緯もあり、営団側からも国鉄に対し、早期のチョッパ制御化を望む申し入れがなされていた。国鉄203系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    鉄道車両(ただし電気機関車と、電車用VVVFインバータ制御装置や空調、補助電源、電動機、主制御器、マスター・コントローラー、列車選別装置などの電装品のみ)も手掛けており、日本では総合車両製作所、川崎重工業、アルナ車両の両車両メーカー、阪急電鉄/阪神電気鉄道(神戸電鉄・北神急行電鉄を除く阪急阪神東宝グループ、特に神宝線)などの各鉄道事業者や東海旅客鉄道(JR東海)などのJRグループ各社をメインユーザーとする。とりわけ、静止形インバータにおいて納入実績が非常に多い。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置は相模鉄道、京王帝都電鉄(現社名:京王電鉄)などに供給している。かつては京浜急行電鉄などにも供給していた。日立製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ183系気動車

    国鉄キハ183系気動車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置は集中式の AU79X 形を屋根上の中央に1基搭載しており、通風・換気は各車の屋根上に冷房装置の前後に2基設置された新鮮外気取入装置によって行う。なお、キハ181の中間車に搭載されていたエンジンのラジエータである放熱器フィンは姿を消している。国鉄キハ183系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • ポルシェ・991

    ポルシェ・991から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    内装はセンターコンソールの両側にスイッチ類が並べられるパナメーラに準じている。中央タコメーター右側にはVGAディスプレイが用意され、左右前後方向のGなど様々な情報が表示される。997と比較してホイールベースが延長されたが、室内の居住空間は997同等で広くなっていないが、レッグスペースは6mmとわずかに拡大している。室内高は997型と不変。唯一後部座席背面の荷物収納スペースが明らかに広くなった。フロントのトランク容量は997と比較して減少した。運転席のペダル類はアームの断面積を拡大して剛性を向上させている。エア・コンディショナーは左右独立温度調整システムとなった。また日本仕様には全車にクラリオン製オーディオ統合型カーナビゲーションが搭載され、オプションでボーズ製サウンドシステムに変更することも可能。911としては初の電動可倒式サイドミラーもオプション設定された。サンルーフはアウタースライド式となり従来式と比較すると室内スペースの犠牲が少なくなった。サンルーフの状態に対応してリヤスポイラーの角度と高さは自動的に最適位置に制御される。ポルシェ・991 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄113系電車

    国鉄113系電車から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    冷房装置はクハ111-360とモハ112-15が東芝製AU73X形、モハ112-55とクハ111-369が日立製作所製AU74X形、クハ111-52とモハ113-15・55が三菱電機製AU75X形と集中式3種類が車体・台枠を補強のうえで搭載され、車内の意匠も冷房風道や吹き出し口の配置、扇風機の有無も数種類が存在した。冷房用電源装置は、製作期間の関係から急行用の110kVAのMGを流用しクハ111形に搭載した。国鉄113系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たエア・コンディショナーエア・コンディショナー

    LED電球においては三菱ケミカルホールディングス、エアコンにおいては三菱重工業との間で事業が重複している(「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」の呼称は三菱電機のエアコンのことを指す。ITS事業についてETC車載器製造販売が重複していたが、2017年重工は古野電気に事業譲渡した。ただ、地上部門では引き続き事業重複している。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

1203件中 41 - 50件表示

「エアコン」のニューストピックワード