前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • フィンエアー

    フィンエアーから見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    2007年3月8日 エアバス社の次世代新型機エアバスA350-900(A350XWB)を、世界の航空会社で初めて確定発注し、エアバスA350 XWBのローンチカスタマーとなる。ロールス・ロイス トレントの新世代エンジンである、トレントXWBエンジンが搭載される。フィンエアー フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たA350エアバスA350 XWB

    2013年10月7日 - 株式再上場後初の大規模な機材更新計画となる A350型機31機の導入を決定。初めて欧州エアバス社の大型機を次期主力国際線機材に選定。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス トレント

    ロールス・ロイス トレントから見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    トレントが開発された結果、キャセイパシフィック航空やブリティッシュ・エアウェイズ、カンタス航空といったイギリスに関係のある航空会社以外にもシンガポール航空やタイ国際航空、マレーシア航空、ルフトハンザドイツ航空、ニュージーランド航空、ハワイアン航空等過去にロールス・ロイス製エンジンを採用しない航空会社がこぞって発注するようになりシェアを拡大した。さらに日本でもボーイング787のローンチカスタマーである全日本空輸がトレント1000を選択した。スカイマークではエアバスA330の搭載エンジンはトレント700を、エアバスA380の搭載エンジンはトレント900を選択した。日本航空はエンジンがトレントXWBのみとなるエアバスA350 XWBを発注した。ロールス・ロイス トレント フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング787

    ボーイング787から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    787-10 : 座席数290席のさらなる胴体延長型である。エアバス社のA350-900に対抗するために計画された機体である。ボーイングでは777-200ERと競合している。2013年6月のパリ航空ショーで正式ローンチが発表された。サウスカロライナ州ノースチャールストン工場のみで製造する。ボーイング787 フレッシュアイペディアより)

  • LATAM ブラジル

    LATAM ブラジルから見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWB-900:(27機発注中)LATAM ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • イベリア航空

    イベリア航空から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    2015年7月31日にIAG主導で経営改善が進み、新機材としてA330-200やA350-900を発注していてこれら機材を使用してアジア、アフリカ、アメリカ大陸の新路線を開設する意向を表明し、アジアでは東京、上海への就航を検討していることが報じられた。スペインのバルセロナは、イタリアのローマやヴェネチアと並んで日本人観光客から高い人気を誇るため、以前から直行便就航を要望する声が多かった。イベリア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ウィングレット

    ウィングレットから見たA350エアバスA350 XWB

    エアバス A330 neo - エアアジアグループやイラン航空などが次期主力機に選定。A350と同時新造生産。ウィングレット フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト航空85便緊急着陸事故

    ノースウェスト航空85便緊急着陸事故から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    NW85便を前身とするデトロイト - 成田線は、2017年現在も1日1往復体制(DL275便(デトロイト発成田行)・DL276便(成田発デトロイト行))で運航中(北米国際オートショー開催期間中は臨時便を増発)だが、退役が進み、関空・セントレアからも撤退した事から、この路線がノースウエスト航空・デルタ航空を通じた日本路線で最後の747-400運用路線となり、2017年10月29日デトロイト発と、折り返し10月30日成田発をもって日本路線から完全撤退。翌30日デトロイト発と、折り返し31日成田発よりエアバスA350-900が運用に入っている。ノースウェスト航空85便緊急着陸事故 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール航空

    シンガポール航空から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    シンガポール航空の搭載エンジンは、ボーイング777を導入以降B777-300ERの様にエンジンを選択できない機材を除き、極力ロールスロイス社製トレントを搭載する(A330-300・A340-500・A380-800・B777-200/200ER/300は全機材ロールスロイス・トレントを搭載)更に発注中のエアバスA350-900はロールスロイス(トレントXWB)のみの選択なので、シンガポール航空のロールスロイスエンジンの採用率はきわめて高い部類になる。シンガポール航空 フレッシュアイペディアより)

  • USエアウェイズ

    USエアウェイズから見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    エアバス A350-800XWB型機 0機 (18機発注中)USエアウェイズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード