前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • フィンランド航空

    フィンランド航空から見たエアバスA350エアバスA350

    2007年3月8日 エアバス社の次世代新型機エアバスA350-900(A350XWB)を、世界の航空会社で初めて確定発注し、エアバスA350XWBのローンチカスタマーとなる1。ロールス・ロイス トレントの新世代エンジンである、トレントXWBエンジンが搭載される。フィンランド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス トレント

    ロールス・ロイス トレントから見たエアバスA350エアバスA350

    B777-200LR/300ERの対抗機として計画された、A340-500/600に用いられる予定だった500の改良型。新型双発機A350 XWB (Xtra Wide-Body)が代替する事になり、実機は製作されなかった。ファンの直径が97.4インチでトレント1000/XWBのガス発生器と低圧タービンを改良し使用する予定だった。ロールス・ロイス トレント フレッシュアイペディアより)

  • TAM航空

    TAM航空から見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350-900:(27機発注中)TAM航空 フレッシュアイペディアより)

  • USエアウェイズ

    USエアウェイズから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバス A350-800XWB型機 0機 (18機発注中)USエアウェイズ フレッシュアイペディアより)

  • キャセイパシフィック航空

    キャセイパシフィック航空から見たエアバスA350エアバスA350

    最近ではボーイング777-300ERと新規に発注したエアバスA330-300を契機に全てのクラスのシートや新型のAVODパナソニックアビエーション社製eX2(StudioCX)にリプレースしている2年〜3年にかけて更新する予定。2010年にはエアバスA350-900を30機確定発注をした。更に保有機の全機材にパナソニックアビエーション製の「eXConnect」を導入する事を決め2012年以降機材でのブロードバンド接続が可能となる予定である。キャセイパシフィック航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA340

    エアバスA340から見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスは対抗策としてA350(初期構想)のアルミニウム・リチウム合金の構体を利用することにより胴体を8t軽量化、エンジンをA350向けトレント1700のファンを小型化してトレント500と同直径としたトレント1500によって巡航燃費率を10%低減し、他にもさまざまな小改良を加えたA340-600の大規模改良型を構想し発表している。これによりボーイング777-200LR/300ERと対等以上の経済性を発揮できるとした。しかし、A350計画がA350XWB計画へと移行し、A340-600と同規模のA350XWB-1000もローンチされたことからこの構想は実現することなく消滅している。エアバスA340 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング787

    ボーイング787から見たエアバスA350エアバスA350

    787の開発開始を受けて、2005年にライバルのエアバス社は787に対抗するための機材としてA330に大幅に手を加えたA350を発表した。発表当初の目標性能では「A350の方が航続距離、旅客数ともに増加している」とされているが、ボーイング社は「787は全く新しい旅客機のため、A330をリファインしても当機を超えることはできない」と主張した。ボーイング787 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイングとエアバス

    ボーイングとエアバスから見たエアバスA350エアバスA350

    それに対し、エアバスは、ボーイング7E7に対抗するための次世代中型旅客機エアバスA350の開発を開始した。ボーイングとエアバス フレッシュアイペディアより)

  • GE・アビエーション

    GE・アビエーションから見たエアバスA350エアバスA350

    GEAEの末期には、アメリカの航空機メーカー・ボーイングの新型機787に対し、GE90 の発展型GEnx を提案し、ロールス・ロイスと共に選定された。また787の競合機としてヨーロッパの航空機メーカー・エアバスが開発中のA350へも GE90 および GEnx の採用を強く働きかけ、さらに747-400 の後継機として開発中の747-8 への、2年間のエンジン独占供給権も確保している。GE・アビエーション フレッシュアイペディアより)

  • PikeOS

    PikeOSから見たエアバスA350エアバスA350

    空間的および時間的リソースは、PikeOSシステムソフトウェアによって個々のVMへ静的に割り当てられる。PikeOSマイクロカーネルとこのシステムソフトウェアは、全域的なの最小レイヤーを形成している。少量の信頼できるコードとモジュール設計によりPikeOSは、IEC 61508、、EN 50128、EN 62304 といった工業規格に準拠することを要求される安全性が重視されるプロジェクトに適している。既知の例ではエアバスA350のおよびエアバスA400Mのロードマスター・ワークステーションで用いられている。PikeOS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード