86件中 11 - 20件表示
  • エア・カライベス

    エア・カライベスから見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    エアバスA350-900:(3機発注中)エア・カライベス フレッシュアイペディアより)

  • エティハド航空

    エティハド航空から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    上級クラスでは、テレビ・ラジオや600時間以上の映画、ゲームを楽しめるAVOD(オーディオ・ビデオ・オン・デマンド)エンターテインメント機付きの23インチワイドスクリーンLCD、専用ワードローブ、ミニバーを設置している。新ファーストクラスはエアバスA340-600に12席を設置し、2010年末までに多機種へも順次展開する予定。2011年からパナソニックアビエーション(パナソニックの現地法人でIFEの提供会社)と10年間にわたって機内エンターテイメント(IFE)の独占供給の契約を締結。但し、2012年12月現在、映画のジャンルに東南アジア映画、韓国映画があっても、邦画のカテゴリはない。2011年からボーイング777-300ERやエアバスA380にeX2を供給する事やエアバスA350 XWB受領後には最新のeX3シリーズを搭載する。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • カタール航空

    カタール航空から見たエアバスA350エアバスA350 XWB

    2014年12月22日、エアバスA350の最初の1機がエアバスから引き渡され、2015年1月15日からドーハ - フランクフルト線で運航を開始した。カタール航空 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の運航機材

    日本航空の運航機材から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    エアバス社の航空機は、統合前の旧 日本エアシステムが発注したエアバスA300のみであったが、2013年10月7日、ボーイング777の退役に伴う後継機として、日本航空としては初めてとなるエアバス社のA350型機を確定31機、オプション25機を発注し、2019年から順次導入予定となる。同機は日本の航空会社としても初発注となった。日本航空の運航機材 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    目標は、翼の大型化による揚抗比の改善、新型エンジンGE9Xによる10%の比燃費改善、機体全般での材質変更などと合わせて、1席当たり15%の燃費改善である。機体としては、新大型翼周りの胴体の最適化と、777-300ER型(3クラス365席仕様)比で胴体の延長と短縮を計画している。777-8Xは777-300ERより胴体を短縮、777-9Xは777-300ERより胴体を伸長する。対抗機種としては、A350XWB-1000。2013年後半の787-9の就航に続くワイドボディ機の就航として時期を見計らっている。なお、標準座席仕様は777-8Xが353席、-9Xは407席を見込んでいる。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • A350

    A350から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    A350 フレッシュアイペディアより)

  • A350XWB

    A350XWBから見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    A350XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350XWB

    エアバスA350XWBから見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    エアバスA350XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350-800

    エアバスA350-800から見たエアバスA350 XWBエアバスA350 XWB

    エアバスA350-800 フレッシュアイペディアより)

86件中 11 - 20件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード