40件中 11 - 20件表示
  • ボーイング・イエローストーン・プロジェクト

    ボーイング・イエローストーン・プロジェクトから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスではA350の開発で対抗する。ボーイング・イエローストーン・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • イエメニア

    イエメニアから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350-800 XWB(発注:10機、オプション:4機)イエメニア フレッシュアイペディアより)

  • エチオピア航空

    エチオピア航空から見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350-900 (12機発注中)エチオピア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラル・エレクトリック GE90

    ゼネラル・エレクトリック GE90から見たエアバスA350エアバスA350

    ボーイング787、ボーイング747-8およびエアバスA350向けの後継エンジンGEnxは、GE90を元にして開発されている。GE・アビエーションとプラット・アンド・ホイットニーの共同出資会社であるエンジン・アライアンスは、GE90の派生型としてエアバスA380向けのGP7200を開発した。ゼネラル・エレクトリック GE90 フレッシュアイペディアより)

  • エア・ヨーロッパ (スペイン)

    エア・ヨーロッパ (スペイン)から見たエアバスA350エアバスA350

    エア・ヨーロッパはエアバス330-200型機を発注中である。いくつかのエアバス航空機はリースでもある。エア・ヨーロッパは2004年10月に10機のエアバスA350型機の顧客として立ち上がるよう発注中である。エア・ヨーロッパ (スペイン) フレッシュアイペディアより)

  • アビアンカ航空

    アビアンカ航空から見たエアバスA350エアバスA350

    2012年4月30日現在で下記の機材を計63機運航。中長距離用機材としてボーイング787やエアバスA350を発注した他、短中距離用のエアバスA320も追加発注している。アビアンカ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラル・エレクトリック GEnx

    ゼネラル・エレクトリック GEnxから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350の初期構想型にも採用が予定されていたが、その後計画が変更されたA350XWBでは今のところ採用に至っていない。これはA350XWBがボーイング787及び777の競合機であることが原因だと考えられている(特にボーイング777はGE製エンジン独占供給のため)。ゼネラル・エレクトリック GEnx フレッシュアイペディアより)

  • ワイドボディ機

    ワイドボディ機から見たエアバスA350エアバスA350

    エアバス社では、エアバスA300、A310、A330、A340、A380(メインデッキ・アッパーデッキともに2通路仕様)が、ワイドボディ機に該当する。また2012年の初飛行を目指して開発中のエアバスA350もワイドボディ機である。ワイドボディ機 フレッシュアイペディアより)

  • MRJ

    MRJから見たエアバスA350エアバスA350

    外観は円筒形の機体に後退翼、主翼下にエンジンを備えた一般的な小型ジェット旅客機と同じであるが、機首や主翼は空気抵抗を考慮した形状を採用している。当初、このクラスの機体では初めて主翼・尾翼を炭素系複合材料で製作し、他社の機体より大幅に軽量化することとしており、複合材の使用量は全体の3割程度となっていた(約5割を占めるボーイング787やエアバスA350よりも低いが、これは、複合材は伸びる力に強いが、衝突など押す力に弱いため、頻繁に離着陸することで地上での作業頻度の多いリージョナルジェットの特性を考慮してのことであった)が、後に主翼はアルミ合金製へ変更した。胴体は当初から、地上設備や車両との接触、また地方空港での整備性を考慮し、通常のアルミ合金を使用することとした。MRJ フレッシュアイペディアより)

  • エアアジア X

    エアアジア Xから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350-900型機(10機を発注、2016年から導入予定)エアアジア X フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード