40件中 21 - 30件表示
  • エティハド航空

    エティハド航空から見たエアバスA350エアバスA350

    上級クラスでは、テレビ・ラジオや600時間以上の映画、ゲームを楽しめるAVOD(オーディオ・ビデオ・オン・デマンド)エンターテイメント機付きの23インチワイドスクリーンLCD、専用ワードローブ、ミニバーを設置している。新ファーストクラスはエアバスA340-600に12席を設置し、2010年末までに多機種へも順次展開する予定。2011年からパナソニックアビエーション(パナソニックの現地法人でIFEの提供会社)と10年間にわたって機内エンターテイメント(IFE)の独占供給の契約を締結。但し、2012年12月現在、映画のジャンルに東南アジア映画、韓国映画があっても、邦画のカテコリはない。2011年からボーイング777-300ERやエアバスA380にeX2を供給する事やエアバスA350受領後には最新のeX3シリーズを搭載するとの事。エティハド航空 フレッシュアイペディアより)

  • カタール航空

    カタール航空から見たA350エアバスA350

    2007年、同社は80機のA350や30機のボーイング787など、160億ドルにも及ぶ機材を発注した。また、今後数年で、200機以上総額300億ドルに及ぶ機材発注を行う予定。2008年12月時点で、平均機体年齢が3.2年と、世界で最も新しい機材を使用している。カタール航空 フレッシュアイペディアより)

  • ライアンエアー

    ライアンエアーから見たエアバスA350エアバスA350

    2007年4月、ライアンエアーは新たに長距離路線(おもに大西洋路線)を飛ばす新会社を2009年ごろに設立する計画であると発表した。社名は「RyanAtlantic」(ライアン アトランティック)で、ライアンエアーと同じく低運賃で座席を提供する一方で、これまでエコノミークラスのみの機材で運航してきた方針とは異なり、アッパークラス(ファーストクラス)を設定する方針である。これはヴァージンアトランティック航空などの航空会社に対抗するものであるという。路線は現在ライアンエアーがハブ空港としている空港から、アメリカ国内の約6都市までを結ぶという。ただし(これはライアンエアーに限ったことではないが)、着陸料金が高く混雑しやすい大都市の中心空港は避け、郊外にある小さな空港を使うという方針を踏襲する。現在すでにオハイオ州ポート・コロンバス国際空港への就航を検討し、交渉中である。同空港からはアメリカの格安航空会社・スカイバス航空とコードシェア便を運航する計画であったが、スカイバス航空は2008年4月に運航を停止したため、計画は白紙に戻った。使用機材はエアバスA350やボーイング787を40?50機程度調達し投入する予定としている。ライアンエアー フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング

    ボーイングから見たA350エアバスA350

    しかし、ボーイングは再び厳しい状況に陥りつつある。旅客機部門においては、737と777は受注・販売ともに好調を維持しているが、各国航空会社から大量発注を受けており、同社の今後の命運を握る787に関しては、初飛行や初号機引き渡しなどのスケジュールが当初計画よりも1年近く遅延している。これが航空会社の心証を悪くし、最初は静観する見通しであったローンチカスタマーの全日空が不快感を露わにし、納入遅延に伴う損害賠償請求を検討するなど、かつてライバルのエアバス社がA380に深刻な遅延が生じた際に被ったようなダメージをボーイングも被る可能性がある。さらに、エアバス社が787に対抗して発表した新型機A350XWBへの先行性、技術的優位性も失われつつある。現在787を発注している航空会社に関しても、大量発注であれば納入時期は数年先になるため、787の発注をキャンセルしてA350XWBに発注変更することでリスク分散を図る可能性がある。このように、燃料価格高騰などで航空会社の経営が厳しい昨今において、この開発遅延はボーイング社の致命傷となりかねない。これに対してボーイングは、787開発プロジェクトのトップであったマイク・ベア副社長をプロジェクトから外すなどの措置を執った。ボーイング フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール航空

    シンガポール航空から見たA350エアバスA350

    同社は、機材の更新に積極的でボーイング777-300ER・787・エアバスA380・A350等の最新鋭機を積極的に導入することを進めている。また、シンガポール航空は2009年から2010年までに、エアバス社からエアバスA330-300型機19機を、リースで導入する。A330型のリース契約は、A380型の引き渡し遅延に伴う供給不足を補う為、エアバス社がシンガポール航空に支払う、補償の一環とされている。また、A350-900XWB型機を20機発注し、同時に同型機を20機オプション発注した。これらは2013年から2015年にかけて納入される予定である。(A330-300はA350-900XWBが導入されるまでのつなぎとして導入をされた。)シンガポール航空 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール航空

    シンガポール航空から見たエアバスA350エアバスA350

    ロールスロイス]]社製トレントを搭載する(A330-300・A340?500・A380-800・B777-200/200ER/300は全機材ロールスロイス・トレントを搭載)更に発注中のエアバスA350-900XWBはロールスロイス(トレントXWB)のみの選択なので、シンガポール航空のロールスロイスエンジンの採用率はきわめて高い部類になる。シンガポール航空 フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス plc

    ロールス・ロイス plcから見たエアバスA350エアバスA350

    トレント シリーズ(新世代ワイドボディ機の市場において47% (最大)の市場占有率 787の派生機種用に用意 777, A330, A340-500, A340-600 とエアバスA380、A350 XWBの全機種に採用 )ロールス・ロイス plc フレッシュアイペディアより)

  • ゼネラル・エレクトリック

    ゼネラル・エレクトリックから見たエアバスA350エアバスA350

    現在は各ビジネスのブランドに共通感を持たせ(GEキャピタルは金融関係。GEエナジー・インフラストラクチャはエネルギー関係。NBCユニバーサルはメディア&エンターテイメントなど)、ジェフリー・イメルト会長の下、成長を続けているが、方向性を若干修正し、シェア拡大よりも事業の分散投資をより重視することを前面に押し出した。大きな利益を上げていた保険事業をスイス再保険へ売却した事例はその典型である。現在は全体の事業の中でもGEマネーが非常に大きなシェアを占めているが、GEテクノロジー・インフラストラクチャがボーイングの新型機787およびエアバスA380/350のエンジン開発で先頭に立つなど、依然として世界最強企業の名をほしいままにしている。また社員が非常に猛烈に働く企業であり、「人材創出企業」としても有名(ボーイング、先代3MのCEOなど)。ゼネラル・エレクトリック フレッシュアイペディアより)

  • ハワイアン航空

    ハワイアン航空から見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350-800型機 : 6機(国際線、2017年以降順次導入予定)ハワイアン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ベトナム航空

    ベトナム航空から見たエアバスA350エアバスA350

    2009年11月には、エアバスA350XWB-900型機を2機・エアバスA380型機を4機を発注。これらが予定通り納入されれば、同社のフリートに初めて四発エンジン旅客機が加わる。ベトナム航空 フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード