1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • エアバスA340

    エアバスA340から見たエアバスA350XWBエアバスA350

    2012年現在、シンガポール航空が、民間旅客機のノンストップ路線としては世界最長となるシンガポール (SIN) - ニューヨーク (EWR) 路線(所要時間18時間40分)でA340-500型機を使用している。しかし、シンガポール航空がA340-500の機材更新目的にA380とA350を導入するため、2013年中の全機退役が予定されている。エアバスA340 フレッシュアイペディアより)

  • KLMオランダ航空

    KLMオランダ航空から見たエアバスA350XWBエアバスA350

    最新鋭機への更新に伴って、747-400型機は2013年から順次退役し、売却されることになっている。また、MD-11型機については2014?2015年の間に全機が退役する予定である。この代替目的にエールフランスと共同でボーイング787-9を25機確定発注(+オプション25機)、またエアバスA350-900を25機確定発注(オプション35機)、合計110機を発注し、2016年以降KLMのボーイング787-9初号機が引き渡され、有償飛行を開始する予定である。KLMオランダ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たエアバスA350エアバスA350

    目標は、翼の大型化による揚抗比の改善、新型エンジンGE9Xによる10%の比燃費改善、機体全般での材質変更などと合わせて、1席当たり15%の燃費改善である。機体としては、新大型翼周りの胴体の最適化と、777-300ER型(3クラス365席仕様)比で胴体の延長と短縮を計画している。777-8Xは、この777-300ER型の胴体を短縮、777-9Xは777-300ER型の胴体を延長したバージョンである。対抗機種としては、A350XWB-900/1000である。早ければ2012年末にも開発へ着手し、就航目標は、2010年代後半としており、2013年後半の787-9の就航に続くワイドボディ機の就航として時期を見計らっている。なお、標準座席仕様は777-8Xが353席、-9Xは407席を見込んでいる。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

  • アエロフロート・ロシア航空

    アエロフロート・ロシア航空から見たエアバスA350エアバスA350

    同社はA320ファミリーの他にも、幅広く最新鋭機を発注している。ボーイング777-300ERを6機、ボーイング777-200ERを2機、ボーイング787 ドリームライナーを22機、エアバスA330-200を10機、エアバスA350を22機、スホーイ・スーパージェット100を30機発注している。スホーイ・スーパージェット100は、2012年3月5日に6機目(機体番号:RA-89005)を受領し、この機材には「スカイチーム」の塗装が施工されている。アエロフロート・ロシア航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA330

    エアバスA330から見たエアバスA350エアバスA350

    ボーイング787-9と競合するよう企画された型である。機体重量を軽減し、より経済的なエンジンを搭載する。この計画は拡張されA350へと発展した。シンガポール航空 (SIA) などはこの計画に興味を示していた。エアバスA330 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアライン

    チャイナエアラインから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350-900型機 14機+6機オプション (2015年以降)チャイナエアライン フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350XWB

    エアバスA350XWBから見たエアバスA350エアバスA350

    エアバスA350XWB フレッシュアイペディアより)

  • A350XWB

    A350XWBから見たエアバスA350エアバスA350

    A350XWB フレッシュアイペディアより)

  • A350

    A350から見たエアバスA350エアバスA350

    A350 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード