25件中 11 - 20件表示
  • エアバスA350

    エアバスA350から見たGE・アビエーション

    787より大きな推力が要求される搭載エンジンとしては、ロールス・ロイスがトレント1700を強化し供給する覚書を締結している。ゼネラル・エレクトリックはGEnXでなく、より大きな推力を見込めるGP7200の派生型を供給する予定であった。しかしその後GE社とエアバス社の交渉は決裂しGEnX強化型あるいはGP7200派生型をA350XWBに提供する覚え書きは2008年10月現在結ばれていない。そのため、現時点ではA350XWBへのエンジン供給はロールス・ロイスの独占となっている。この背景にはGEがエンジン供給を独占して大きな利益を上げているボーイング777-200LR/300ERとA350XWB-900R/1000が直接競合する事になるためという事情があるためと考えられている。GEと共にエンジン・アライアンスに出資するプラット・アンド・ホイットニーはXWB向けGP7200派生型の開発に前向きな旨の表明をしているが、優先交渉権はGEnXにありGEがXWB型へのエンジン提供を最終的に見送った場合にGP7200のXWB向け提供の交渉を開始できると認めている。2009年5月にGE首脳は、「B787の飛行試験によってGEnXの燃費を含めた性能が示されれば改めてエアバスとの交渉に臨むだろう」という趣旨の発言を行った。この場合は-800および-900型向けに限ってのエンジン開発となるだろうと見られている。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見たボーイング777

    エアバスは、A300やA330といった自社の旅客機の後継機種、より直接にはA330やA340の市場を大型双発機777や新型機787で席巻しつつあるライバルボーイング社の対抗機種として、新しい世代の中型双発機を開発しようとしていた。これが初期のA350型機であるが、その大まかな特徴は以下のようなものであった。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見たエアバスA380

    A380に使用された新素材を適用した軽量かつ薄い胴体とし客室幅を拡大エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見たエアバスA330

    エアバスA350()は、A300・A330/A340の後継機としてエアバス社が開発を進めている次世代中型ワイドボディ旅客機。ボーイング社の787 ドリームライナーに対抗するために計画されている。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見たエアバスA340

    エアバスA350()は、A300・A330/A340の後継機としてエアバス社が開発を進めている次世代中型ワイドボディ旅客機。ボーイング社の787 ドリームライナーに対抗するために計画されている。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見たワイドボディ機

    エアバスA350()は、A300・A330/A340の後継機としてエアバス社が開発を進めている次世代中型ワイドボディ旅客機。ボーイング社の787 ドリームライナーに対抗するために計画されている。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見た貨物機

    A350XWB-900F A350XWB-900の貨物型。貨物搭載量90t。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見た旅客機

    エアバスA350()は、A300・A330/A340の後継機としてエアバス社が開発を進めている次世代中型ワイドボディ旅客機。ボーイング社の787 ドリームライナーに対抗するために計画されている。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見たロールス・ロイス トレント

    787より大きな推力が要求される搭載エンジンとしては、ロールス・ロイスがトレント1700を強化し供給する覚書を締結している。ゼネラル・エレクトリックはGEnXでなく、より大きな推力を見込めるGP7200の派生型を供給する予定であった。しかしその後GE社とエアバス社の交渉は決裂しGEnX強化型あるいはGP7200派生型をA350XWBに提供する覚え書きは2008年10月現在結ばれていない。そのため、現時点ではA350XWBへのエンジン供給はロールス・ロイスの独占となっている。この背景にはGEがエンジン供給を独占して大きな利益を上げているボーイング777-200LR/300ERとA350XWB-900R/1000が直接競合する事になるためという事情があるためと考えられている。GEと共にエンジン・アライアンスに出資するプラット・アンド・ホイットニーはXWB向けGP7200派生型の開発に前向きな旨の表明をしているが、優先交渉権はGEnXにありGEがXWB型へのエンジン提供を最終的に見送った場合にGP7200のXWB向け提供の交渉を開始できると認めている。2009年5月にGE首脳は、「B787の飛行試験によってGEnXの燃費を含めた性能が示されれば改めてエアバスとの交渉に臨むだろう」という趣旨の発言を行った。この場合は-800および-900型向けに限ってのエンジン開発となるだろうと見られている。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350

    エアバスA350から見た炭素繊維

    エアバス社は2007年9月に、構造並びに一部形状の変更を公表した。それによるとこれまでアルミニウム・リチウム合金製とされてきた胴体構造はカーボンファイバーのフレームリングとアルミニウム・リチウム合金のビームからなる骨組みにカーボンファイバーパネルを張り合わせた構造になり、ボーイング787とほぼ同等のカーボンファイバー使用率となった。また、機首形状が2006年のXWB型の最初のアナウンス時のデザインから変更され、A380の機首先端を切って取りつけた様な形状となっている。しかしフライトデッキはA380の液晶画面8面ではなく、より大型の液晶画面を6面用いた想像図が公開されている。エアバスA350 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード