87件中 11 - 20件表示
  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たカンタス航空

    2015年10月、エアバスはシンガポール航空の要請により、シンガポール=北米間直行運航可能なA350-900ULRを開発することを決定。2017年にカンタス航空もシドニー = ロンドン線やメルボルン = ニューヨーク線の直行便にA350-900ULRの性能を調査し、2020年頃の就航を検討しているが、エアバスはシンガポール航空仕様で19時間程度の飛行時間を想定していて、カンタス航空の要求は20時間程度の飛行時間想定のため、さらなる性能などの向上が望まれる。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見た全日本空輸

    2013年10月7日に日本航空とエアバスは共同プレスリリースで、A350-900型機18機とA350-1000型機13機の確定31機、オプション25機の購入契約を締結したと発表した。初期の機体の引渡しから20年を経過し、機材更新の時期を迎えるボーイング777の後継機として、2019年より順次導入される予定。日本航空がエアバス機を発注するのは初めてのことである。なおこれに先立ち日本では日本航空 と併せ全日本空輸も老朽化したボーイング777の置き換えとしてA350-1000を有力な候補に挙げているとの報道がなされていたが、全日本空輸は2014年3月にボーイング777-9Xの発注を決定し、エアバスA350の発注には至らなかった。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たハワイアン航空

    2014年7月にはA330の次世代型であるA330neoを開発することが決まった。A330を運航しているハワイアン航空はA350 XWBの発注を全てキャンセルしA330neoへ切り替えた。マレーシアのLCCであるエアアジアXは主力機種であったA330-300の更新用として、A350 XWBを発注しているがA330neoも発注した。また2016年1月にはイランのフラッグキャリアであるイラン航空がエアバス社に大型発注を行い、A350-1000型機を16機確定発注した。香港のキャセイパシフィック航空はA350-900を22機、長胴型のA350-1000を26機の2タイプ計48機を発注しているが、受領を開始する2016年内に新造機12機を受領する予定であり、香港国際空港からロンドンへの基幹路線や、現在は主にA330-300で運航している香港と日本の三大都市圏を結ぶ路線に投入するとしている。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たユナイテッド航空

    これら計画の総体、特に787より大きな機体サイズと新技術の積極採用という点から見て、787のみならず一回り大きな(そして今のところボーイングの独擅場である)777 (-200・-300・-8X) の市場にも対抗できる機体を目指していることがうかがえる計画である。日本航空やユナイテッド航空のように、A350を777の後継機として位置づけている航空会社も実際にある。この計画変更により胴体径が広くなるためか、後方の胴体絞り部などは従来のエアバス機のように胴体上部へ絞り上がっていく形でなく、ボーイング機などに見られる胴体中心部へ上部からも絞っていく形に変更されている。その一方で、フラップを内外二分割してドループ・エルロンと共に巡航中に独立して角度制御を行うことで揚力分布を最適化し巡航時の揚抗比を改善するなど新しい技術も取り入れられている。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たベトナム航空

    2016年1月現在、フィンエアー・カタール航空・ベトナム航空などが、A350による定期国際線運航を既に開始している。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たボーイング787

    エアバスは、A300やA330といった自社の旅客機の後継機種、より直接にはA330やA340の市場を大型双発機777や新型機787で席巻しつつあるライバル・ボーイング社の対抗機種として、新しい世代の中型双発機を開発しようとしていた。これが初期のA350型機であるが、その大まかな特徴は以下のようなものであった。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たロンドン

    2014年7月にはA330の次世代型であるA330neoを開発することが決まった。A330を運航しているハワイアン航空はA350 XWBの発注を全てキャンセルしA330neoへ切り替えた。マレーシアのLCCであるエアアジアXは主力機種であったA330-300の更新用として、A350 XWBを発注しているがA330neoも発注した。また2016年1月にはイランのフラッグキャリアであるイラン航空がエアバス社に大型発注を行い、A350-1000型機を16機確定発注した。香港のキャセイパシフィック航空はA350-900を22機、長胴型のA350-1000を26機の2タイプ計48機を発注しているが、受領を開始する2016年内に新造機12機を受領する予定であり、香港国際空港からロンドンへの基幹路線や、現在は主にA330-300で運航している香港と日本の三大都市圏を結ぶ路線に投入するとしている。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見た格安航空会社

    2014年7月にはA330の次世代型であるA330neoを開発することが決まった。A330を運航しているハワイアン航空はA350 XWBの発注を全てキャンセルしA330neoへ切り替えた。マレーシアのLCCであるエアアジアXは主力機種であったA330-300の更新用として、A350 XWBを発注しているがA330neoも発注した。また2016年1月にはイランのフラッグキャリアであるイラン航空がエアバス社に大型発注を行い、A350-1000型機を16機確定発注した。香港のキャセイパシフィック航空はA350-900を22機、長胴型のA350-1000を26機の2タイプ計48機を発注しているが、受領を開始する2016年内に新造機12機を受領する予定であり、香港国際空港からロンドンへの基幹路線や、現在は主にA330-300で運航している香港と日本の三大都市圏を結ぶ路線に投入するとしている。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たバンコク

    2014年10月19日には試作5号機(MSN005、機体記号:F-WWYB)がアジアを巡るデモツアーの一環として羽田空港に飛来し、日本航空の関係者や記者などを乗せてデモフライトを実施した。このデモツアーでは東京以外にもソウル、ハノイ、バンコク、クアラルンプールへ訪れ、A350 XWBの導入を予定している航空会社へのアピールが行われた。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たクアラルンプール

    2014年10月19日には試作5号機(MSN005、機体記号:F-WWYB)がアジアを巡るデモツアーの一環として羽田空港に飛来し、日本航空の関係者や記者などを乗せてデモフライトを実施した。このデモツアーでは東京以外にもソウル、ハノイ、バンコク、クアラルンプールへ訪れ、A350 XWBの導入を予定している航空会社へのアピールが行われた。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード