87件中 61 - 70件表示
  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たフランス

    2014年5月9日にフランスのイストル空軍基地で4号機が耐水テストを実施。滑走路上の水が最低22ミリメートルで、60ノットから140ノットまでの速度で滑走しノーズランディングギアの水しぶきがエンジン、補助動力装置(APU)の動きに影響がないことを確認。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たエアライン (雑誌)

    日本の航空雑誌『エアライン』(イカロス出版)の記者がエアバス社に「A350」と略して良いかと尋ねたところ、エアバス社の担当者はできる限り正式名称の「A350 XWB」で表記してほしいと答えたという。ただ、エアバス社の公式資料でも「XWB」が省略されているものも存在している。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たチャンギ国際空港

    これらETOPSのさらなる高度認定に対応する航続距離延長型として、「A350-ULR」が追加設定された。このタイプはパキスタン国際航空やエミレーツ航空などB777-200LR型機を運航している航空会社の超長距離線用機材としての新規需要が期待されており、2015年に発表されたULRタイプのローンチカスタマーとなったのはA380と同様にシンガポール航空であり、航続距離は双発機として最高記録となる予定であり、シンガポール航空保有機としてはA340-500型機の置き換え対象となる機材で、シンガポール/チャンギ国際空港からアメリカ合衆国/ロサンゼルス国際空港や中南米地域への直行便設定も可能となる。2016年5月2日エアバスは、A350-900が米連邦航空局(FAA)より180分超(最大300分)のETOPS認可を取得したと発表した。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見た大西洋

    2016年には南米大陸のA350発注会社にも新造機のデリバリーが始まり、ブラジルのTAM航空が大西洋横断の欧州-南米間渡洋路線に初めて使用した。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見た東南アジア

    2014年10月に欧州航空安全機関がエアバスA350-900型機に対して、ETOPS-300及びETOPS-370の認定を与えた。これによってA350-900型機は太平洋と大西洋を含んだ世界中ほとんどすべての主要空港間に、無着陸飛行ルート設定が可能な直行定期便を運航する事が可能となった。この認定取得により、A350を発注した各国航空会社は、東南アジアから米国、オセアニアから米国といった中央太平洋上を飛行する史上最長となる定期国際路線設定が可能となった。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見た炭素繊維

    エアバス社は2007年9月に、構造並びに一部形状の変更を公表した。それによるとこれまでアルミニウム・リチウム合金製とされてきた胴体構造はカーボンファイバーのフレームリングとアルミニウム・リチウム合金のビームからなる骨組みにカーボンファイバーパネルを張り合わせた構造になり、ボーイング787とほぼ同等のカーボンファイバー使用率となった。また、機首形状が2006年のXWB型の最初のアナウンス時のデザインから変更され、A380の機首先端を切って取りつけたような形状となっている。しかしフライトデッキはA380の液晶画面8面ではなく、より大型の液晶画面を6面用いた想像図が公開されている。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たエンジン・アライアンス GP7000

    787より大きな推力が要求される搭載エンジンとしては、ロールス・ロイスがトレント1700を強化し供給する覚書を締結している。ゼネラル・エレクトリックはGEnXでなく、より大きな推力を見込めるGP7200の派生型を供給する予定であった。しかしその後GE社とエアバス社の交渉は決裂しGEnX強化型あるいはGP7200派生型をA350 XWBに提供する覚書は2008年10月現在結ばれていない。そのため、現時点ではA350 XWBへのエンジン供給はロールス・ロイスの独占となっている。この背景には、GEがエンジン供給を独占して大きな利益を上げているボーイング777-200LR/300ERおよび将来開発が予定されている777-8XとA350XWB-900R/1000が直接競合するという事情があるためと考えられている。GEと共にエンジン・アライアンスに出資するプラット・アンド・ホイットニーはXWB向けGP7200派生型の開発に前向きな旨の表明をしているが、優先交渉権はGEnXにありGEがXWB型へのエンジン提供を最終的に見送った場合にGP7200のXWB向け提供の交渉を開始できると認めている。2009年5月にGE首脳は、「B787の飛行試験によってGEnXの燃費を含めた性能が示されれば改めてエアバスとの交渉に臨むだろう」という趣旨の発言を行った。この場合は-800および-900型向けに限ってのエンジン開発となるだろうと見られている。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見た中南米

    これらETOPSのさらなる高度認定に対応する航続距離延長型として、「A350-ULR」が追加設定された。このタイプはパキスタン国際航空やエミレーツ航空などB777-200LR型機を運航している航空会社の超長距離線用機材としての新規需要が期待されており、2015年に発表されたULRタイプのローンチカスタマーとなったのはA380と同様にシンガポール航空であり、航続距離は双発機として最高記録となる予定であり、シンガポール航空保有機としてはA340-500型機の置き換え対象となる機材で、シンガポール/チャンギ国際空港からアメリカ合衆国/ロサンゼルス国際空港や中南米地域への直行便設定も可能となる。2016年5月2日エアバスは、A350-900が米連邦航空局(FAA)より180分超(最大300分)のETOPS認可を取得したと発表した。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たコチャバンバ

    2014年1月9日にボリビアのコチャバンバ、ラパスで高地テストを行うため、ボリビアに到着。コチャバンバは海抜8,300フィートで約2,500メートル、ラパスは海抜13,000フィートの約4000メートルにあり、3号機を使用して高地でのエンジン、補助動力装置(APU)、各種システムのオペレーションを確認。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA350 XWB

    エアバスA350 XWBから見たアメリカ合衆国

    これらETOPSのさらなる高度認定に対応する航続距離延長型として、「A350-ULR」が追加設定された。このタイプはパキスタン国際航空やエミレーツ航空などB777-200LR型機を運航している航空会社の超長距離線用機材としての新規需要が期待されており、2015年に発表されたULRタイプのローンチカスタマーとなったのはA380と同様にシンガポール航空であり、航続距離は双発機として最高記録となる予定であり、シンガポール航空保有機としてはA340-500型機の置き換え対象となる機材で、シンガポール/チャンギ国際空港からアメリカ合衆国/ロサンゼルス国際空港や中南米地域への直行便設定も可能となる。2016年5月2日エアバスは、A350-900が米連邦航空局(FAA)より180分超(最大300分)のETOPS認可を取得したと発表した。エアバスA350 XWB フレッシュアイペディアより)

87件中 61 - 70件表示

「エアバスA350」のニューストピックワード