エアバス ニュース&Wiki etc.

エアバス( )は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の航空宇宙機器開発製造会社。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.()であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。民間航空機メーカーとしてのエアバスは、2000年以降親会社の航空防衛企業であるエアバス・グループの子会社として位置… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「エアバス」のつながり調べ

  • KC-46 (航空機)

    KC-46 (航空機)から見たエアバス

    ボーイングは老朽化が進むKC-135やKC-10を代替する空中給油機としてKC-767の改良型であるKC-767ATをアメリカ国防総省に提案、100機をリース契約で調達する案を提示した。しかし、汚職問題によりこれは白紙化され、エアバス/ノースロップ・グラマンが提案するKC-30Tとの競争入札となった。2008年2月29日、KC-30T案をKC-45として採用することを、国防総省が発表し、KC-767ATは脱落した。この選定について、ボーイングは会計監査院(GAO)に対してKC-30Tの採用に関する異議を申し立て、機種選定をやり直すこととなった。最終的にノースロップ・グラマンが入札を見送ると発表、2011年2月24日、国防総省はKC-767をKC-46Aの名称で採用することを決定した。(KC-46 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • コングロマリット

    コングロマリットから見たエアバス

    近年では企業にも変化する市場に対する柔軟性が要求されるため、コングロマリットの構築?解体のサイクルも1990年代以降は短くなりつつあるとも言われるが、そもそものコングロマリットという巨大企業形態自体が足かせとなる事も多い。巨大複合企業体の全盛期は1960年代〜1980年代であり、現在は欧州におけるエアバス社などが独仏両国による新生コングロマリットだと指摘される事もあるが、この場合の一国で保有する複合企業という定義とは異なり、北米でも一部を除いて殆どが残っておらず、もっと緩い業務提携で留める事が多い。(コングロマリット フレッシュアイペディアより)

「エアバス」のニューストピックワード