306件中 91 - 100件表示
  • ガルフ・エア072便墜落事故

    ガルフ・エア072便墜落事故から見たエアバスエアバス

    2000年8月23日、ガルフ・エア072便はエアバスA320-212(機体記号:A4O-EK)で運行されていた。飛行計画ではエジプトのカイロを出発し、バーレーンに向かう予定であった。ガルフ・エア072便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • メカクローム

    メカクロームから見たエアバスエアバス

    航空部門ではエアバス、ボーイングなどの航空機メーカーはもちろんのこと、ロールス・ロイス、SAAB、ダッソーなどとも取引関係がある。メカクローム フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス トレント XWB

    ロールス・ロイス トレント XWBから見たエアバスエアバス

    2004年よりエアバスは顧客からボーイング787に対抗し得る機体の開発を求められており、2005年10月に公式にA350として新型機の設計を立ち上げた。ロールス・ロイスは当初トレント1000エンジンの静止推力をに高めてトレント1700として対応する予定だった。トレント1000とは異なりトレント1700は従来のブリード・エアエンジンで川崎重工と共同開発する予定だった。ロールス・ロイス トレント XWB フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・ジグラー

    アンリ・ジグラーから見たエアバスエアバス

    アンリ・ジグラー(フランス語:Henri Ziegler)は、ヨーロッパの航空宇宙防衛企業エアバスの創設者の一人で初代CEOなどを務め、コンコルドプロジェクトにも大きく関わった航空産業の重鎮である。アンリ・ジグラー フレッシュアイペディアより)

  • エアーマネジメント

    エアーマネジメントから見たエアバスエアバス

    ゲームの基本は乗り入れを希望する都市と交渉して空港のスロットを確保し、就航先の都市に支社を設置してさらに路線を拡大する作業にある。登場する飛行機はボーイング・エアバスはもとよりツポレフ・イリューシンなど東側のメーカーもフォローしている(1作目は架空の会社名。なお、北米版及びヨーロッパ版では冒頭に航空機メーカー各社のクレジットが入る)。エアーマネジメント フレッシュアイペディアより)

  • YXX

    YXXから見たエアバスエアバス

    プロペラ式となる新型プロップファンエンジンは噴射式のターボファンエンジンに比べて燃費が良いことが上げられ、運航費の10パーセント低下をエアラインに強調するつもりであった。また、プロペラ機ながら、マッハ0.75の速度に達することができ、ターボファンに引けを取らない低振動・低騒音の高性能エンジンと新型プロペラを搭載することとした。価格はエアバスのA320並を目指すこととしていた。YXX フレッシュアイペディアより)

  • 潘慶林

    潘慶林から見たエアバスエアバス

    そのビジネス経験から、フランスのエアバスのアジア初進出となる天津工場の誘致に成功するなど、中国国家開発区である「天津経済技術開発区」(TEDA)の発展にも大きく寄与、その功績が認められ、2009年11月にはTEDAを含む「天津濱海新区」の駐日総代表に就任した。潘慶林 フレッシュアイペディアより)

  • FJR710 (エンジン)

    FJR710 (エンジン)から見たエアバスエアバス

    この RJ500 エンジンは、ボーイング社がボーイング737-300のエンジンにGE製CFM56-3を選定してしまったためそれ以上の開発は行われなかったが、翌年になりプラット・アンド・ホイットニー(アメリカ)、MTU(西ドイツ、当時)およびフィアット(イタリア)の 3 社グループが加わり、スイスに IAE (International Aero Engines AG) という名称のエンジン製造会社を設立(のちにフィアットは出資者から離脱)。ここでやや推力を高めた新エンジン "V2500" を開発した。この国際共同開発エンジンはエアバス A320 やマクドネル・ダグラス MD-90 等に採用され、2007年(平成19年)現在で 3,000 台を越える受注を得た。FJR710 (エンジン) フレッシュアイペディアより)

  • フライ・バイ・ワイヤ

    フライ・バイ・ワイヤから見たエアバスエアバス

    エアバスはA320で、旅客機として初めてデジタルFBWを採用した。同時に操縦桿はジョイスティック型となり、操縦席の脇に配置された。以降のA330・A340・A380などでも踏襲されている。エアバスではボーイングに比べるとコンピュータによるプロテクション機能を優先しており、その点も含めた設計思想の違いはたびたび議論の的となっている(前述のエールフランス296便事故や中華航空140便墜落事故を参照)。フライ・バイ・ワイヤ フレッシュアイペディアより)

  • GE・アビエーション

    GE・アビエーションから見たエアバスエアバス

    GEAEの末期には、アメリカの航空機メーカー・ボーイングの新型機787に対し、GE90 の発展型GEnx を提案し、ロールス・ロイスと共に選定された。また787の競合機としてヨーロッパの航空機メーカー・エアバスが開発中のエアバスA350 XWBへも GE90 および GEnx の採用を強く働きかけ、さらに747-400 の後継機として開発中の747-8 への、2年間のエンジン独占供給権も確保している。GE・アビエーション フレッシュアイペディアより)

306件中 91 - 100件表示

「エアバス」のニューストピックワード