223件中 91 - 100件表示
  • ロビン・ホワイト (外交官)

    ロビン・ホワイト (外交官)から見たエアバスエアバス

    1986年から1987年までハーバード大学で研究生として行政学の課程を受講。1987年から1989年まで国務省貿易協定部副部長を務め、反日感情、エアバスへの補助金、対外助成金、主要国首脳会議に関する事案を管理。1989年から1990年まで国務次官特別補佐官を務め、日米構造協議、系列取引問題、日本の国家予算抑制、物価合同調査、日本の購買習慣、通商産業省に関する事案を管理。1990年から1991年まで国務省日本部にて経済担当課長を務め、クウェート侵攻、日本の再軍事利用に関する憲法問題、日本経済に関する課題、ソニーによるMGM買収、日本買いに関するアメリカの反発などの事案を管理。ロビン・ホワイト (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • エアポート'02

    エアポート'02から見たエアバスエアバス

    VHSソフト、DVDのカバーはイリューシンIl-96がクラッシュランディングしているが、作中ではIl-96機ではなくエアバスA300機が舞台である。エアポート'02 フレッシュアイペディアより)

  • ダッソー メルキュール

    ダッソー メルキュールから見たエアバスエアバス

    商業的に失敗したメルキュールだったが、フランスは欧州各国とともにエアバスを設立し、メルキュールを基本として後にエアバスA320を発表し、成功しており、まったくの無駄に終わったわけではないといえる。ダッソー メルキュール フレッシュアイペディアより)

  • アレーニア・アエルマッキ

    アレーニア・アエルマッキから見たエアバスエアバス

    現在ではエアバス A330、A318、A319、A320、A321、新鋭機A380旅客機用やビジネスジェットのダッソー ファルコン 900、2000、F7X用エンジンナセルの開発・生産も受け持つ。アレーニア・アエルマッキ フレッシュアイペディアより)

  • エールアンテール

    エールアンテールから見たエアバスエアバス

    本格的に自社発注機材を運行し始めるのは、1976年に導入したエアバスA300で、以後エアバス社の機材を導入するようになる。特にA319・A320・A330は、エールアンテールがローンチカスタマーとなっている。エールアンテール フレッシュアイペディアより)

  • サントス・ドゥモン空港

    サントス・ドゥモン空港から見たエアバスエアバス

    また、1500メートル以下の滑走路しか無いにも関わらず、1960年代以降にジェット機が普及してきた後も、これらの航空会社のボーイング737やエアバスA320、フォッカー 100などの中、小型ジェット機を中心に運航されることとなった。サントス・ドゥモン空港 フレッシュアイペディアより)

  • COMAC C919

    COMAC C919から見たエアバスエアバス

    2011年2月ライアンエアーはComacと航空機の調達に関して協議したと発表した。。ライアンエアーは2012年に現在発注したボーイング 737-800の最後の機体を受け取る予定でそれ以降の発注は未定である。この時点で300機以上の機体を保有する。2009年に彼らはボーイングとエアバスに提示された価格に不満があった為、交渉から撤退した。COMAC C919 フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・リース・ファイナンス

    インターナショナル・リース・ファイナンスから見たエアバスエアバス

    ボーイングとエアバスの航空機をエア・カナダ、エールフランス、ルフトハンザ、アメリカン航空など世界中の航空会社にリースしている。インターナショナル・リース・ファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • コンソーシアム

    コンソーシアムから見たエアバスエアバス

    営利目的のコンソーシアムの例としてエアバスがある。1970年に創設された、民間航空機製造業者である。エアバスは現在はEADSの傘下にある。EADS自身はアエロスパシアル・マトラ(フランス)、DASA(ドイツ)、CASA(スペイン)の合併により誕生した。この各社が元々エアバス・コンソーシアムを結成しており、その出資割合は順に 37.9%、37.9%、4.2% であった。ほかにBAEシステムズが20%を出資していたが、2006年にその分を売却している。コンソーシアムとしてのエアバスは、出資割合に応じて利益を各社に分配するものであり、業務も出資割合に応じて割り当てられる。コンソーシアム フレッシュアイペディアより)

  • カディス県

    カディス県から見たエアバスエアバス

    かつては造船業(ナバンティア社)が盛んであったが、韓国や中国との競争により危機に瀕している。エアバスとデルファイ社の工場がある。シェリー酒が特産品である。カディス県 フレッシュアイペディアより)

223件中 91 - 100件表示

「エアバス」のニューストピックワード