306件中 101 - 110件表示
  • UKUSA協定

    UKUSA協定から見たエアバスエアバス

    1990年代に冷戦が終わると、国家間の戦争より麻薬やテロ、密入国、ロシアの犯罪組織などが問題になった。2000年頃には武器拡散を防ぐために、GCHQが傍受したイランと中国の対艦ミサイルの取引を妨害するNSAの作戦が行なわれたと言う。一方でUKUSA協定グループ以外の国々は同盟国・敵対国ともに盗聴されて、情報はデータベースに半永久的に保管されるので、個人のプライバシーの侵害や産業スパイを心配した。欧州議会はNSAがエシュロンを使って、エアバスの技術を盗むのではないかと疑い調査した。1995年にジュネーブで行われた日米自動車交渉では、NSAが自動車会社の幹部の電話を盗聴したと言う。協定各国のどこかで作られた曖昧な情報によって、知らない間にブラックリストにのせられて拘禁された外国人が何人もいて、政府の監視技術の広域化による個人の権利侵害の危険性を心配する意見もあった。UKUSA協定 フレッシュアイペディアより)

  • イルクート MS-21

    イルクート MS-21から見たエアバスエアバス

    初期の設計では約33%の複合材料を含み、2015年には複合材料製の翼が加わることにより、複合材料の割合が約40-45%まで増える見込みである。設計者の計画によるとMS-21はエアバスやボーイングの同規模の機体よりも10-15%効率が高く、エアバスA320 よりも構造重量において15%効率が優れていて、運行経費が20%低く、燃料消費が15%少ない。これにより、年間300万ドルの節約が可能であるとイルクート副社長のキリル・ブダレフは述べている。イルクート MS-21 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の労働界

    2007年の労働界から見たエアバスエアバス

    仏、独、英、西の欧州各国の各国が出資しているエアバスは各国が大株主ということで、これまで各国の政治力によって影響され、経営合理化が各国の横槍によって阻まれてきた。このため、業務委託の率が他の航空機大手と比べて低いなど高コスト体質が続いていた。これらからここ数年エアバスの不振が続いており、経営陣も危機感を強めていた。2007年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • ダッソー メルキュール

    ダッソー メルキュールから見たエアバスエアバス

    商業的に失敗したメルキュールだったが、フランスは欧州各国とともにエアバスを設立し、メルキュールを基本として後にエアバスA320を開発し、成功しており、まったくの無駄に終わったわけではないといえる。ダッソー メルキュール フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング・イエローストーン・プロジェクト

    ボーイング・イエローストーン・プロジェクトから見たエアバスエアバス

    ライバル会社のエアバスもまた、A320シリーズの後継機として同規模のエアバスNSRを開発中である。ボーイング・イエローストーン・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • ローンチカスタマー

    ローンチカスタマーから見たエアバスエアバス

    大手2大航空機メーカー、ボーイング社とエアバス社を筆頭に、主要メーカーの機種におけるローンチカスタマーを例に挙げてみる。ローンチカスタマー フレッシュアイペディアより)

  • コングロマリット

    コングロマリットから見たエアバスエアバス

    近年では企業にも変化する市場に対する柔軟性が要求されるため、コングロマリットの構築?解体のサイクルも1990年代以降は短くなりつつあるとも言われるが、そもそものコングロマリットという巨大企業形態自体が足かせとなる事も多い。巨大複合企業体の全盛期は1960年代〜1980年代であり、現在は欧州におけるエアバス社などが独仏両国による新生コングロマリットだと指摘される事もあるが、この場合の一国で保有する複合企業という定義とは異なり、北米でも一部を除いて殆どが残っておらず、もっと緩い業務提携で留める事が多い。コングロマリット フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール航空117便ハイジャック事件

    シンガポール航空117便ハイジャック事件から見たエアバスエアバス

    飛行機の機体、エアバスA310 (9V-STP) はマレーシアスバン空港をマレーシア時間21:15に118人の乗客と11人の客室乗務員を乗せて出発した。まず高度5000ftまで上げ、9:35、シートベルト着用サインを消した。ハイジャッカーの2人は右のトイレ、もう2人は左のトイレに入った。その1-2分後、ハイジャッカー4人は客室乗務員の1人に向かって"This is hijack, Don't move, Stay where you are"(これはハイジャックだ、動くな、その場所にいろ!)と叫び始めた。シンガポール航空117便ハイジャック事件 フレッシュアイペディアより)

  • COMAC C919

    COMAC C919から見たエアバスエアバス

    2011年2月ライアンエアーはComacと航空機の調達に関して協議したと発表した。ライアンエアーは、発注済のボーイング 737-800の受領が2012年で終了する為、次期機体の検討を行っていたが、ボーイングとエアバスに提示された価格に不満があった為、2009年時点でこの二社との交渉から撤退していた。しかし、ライアンエアーは2013年に引き続きB737を発注することを決定、初の中国外航空会社からの受注とはならなかった。COMAC C919 フレッシュアイペディアより)

  • カディス県

    カディス県から見たエアバスエアバス

    かつては造船業(ナバンティア社)が盛んであったが、韓国や中国との競争により危機に瀕している。エアバスとデルファイ社の工場がある。シェリー酒が特産品である。カディス県 フレッシュアイペディアより)

306件中 101 - 110件表示

「エアバス」のニューストピックワード