306件中 111 - 120件表示
  • 折り畳み翼

    折り畳み翼から見たエアバスエアバス

    陸上機として設計された機体では折り畳み翼は稀であるが、整備ハンガー内に収容するには全高や翼幅が嵩む機体では採用されている。ボーイング B-50 スーパーフォートレス、サーブ 37 ビゲン、ボーイング377といった機体ではハンガー内に収容できるように全高を低めるために垂直尾翼が折り畳めるようになっていた。ボーイング777双発ワイドボディ機では制限のある空港向けに翼端の折り畳み機構を持つ型が提案され、ドバイ航空ショーで発表されると中東の航空会社3社が発注し、ボーイング社とエアバス社からの約600機の購入予定を表明した。新しい777Xは、アブ・ダビを拠点とするエティハド航空、ドバイを拠点とするエミレーツ航空とカタール航空からのみで発表時の注文と購入予定が224機というワイドボディ機としては新記録となる注文数となった。2つ型のボーイング777Xは、初期の777で計画されたものよりも短く簡単な機構の折り畳み式翼端を持ち、これは飛行中には翼幅が7 m長くなるが、777-300型と同サイズの空港ゲートに適応できる。折り畳み翼 フレッシュアイペディアより)

  • ヴュルツブルク

    ヴュルツブルクから見たエアバスエアバス

    ヴュルツブルクは飛行機の名親になっており、ルフトハンザのエアバスA321-100 D-AIRU機は「ヴュルツブルク」と名付けられている。ヴュルツブルク フレッシュアイペディアより)

  • 統一航空機製造会社

    統一航空機製造会社から見たエアバスエアバス

    2017年5月に中華人民共和国の国有企業中国商用飛機と航空機を共同開発・製造する合弁会社を上海で設立、中国に技術移転を進める欧米のエアバスやボーイングに対抗した動きとされる。統一航空機製造会社 フレッシュアイペディアより)

  • ソカタ

    ソカタから見たエアバスエアバス

    ソカタ(SOCATA)はフランスの航空機メーカーである。個人向けの軽飛行機、ビジネス機を製造しており、自社開発機の他、エアバスやダッソーなど他社の部品製造も請け負っている。ソカタ フレッシュアイペディアより)

  • コミューター航空会社

    コミューター航空会社から見たエアバスエアバス

    大型機市場でシェアを2分するボーイングとエアバスはコミューター機に相当する機体を製造しておらず、多数のメーカーが参入している。代表的な機体は、エンブラエル ERJ175、ボンバルディア CRJ700、DHC-8-Q400、サーブ 340、ATR 42-600、シコルスキー S-76などが挙げられる。またMRJやARJ21などの新規参入もあり大型機市場に比べ競争が激しい。コミューター航空会社 フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ワイラー

    グレッグ・ワイラーから見たエアバスエアバス

    2015年1月に、ワンウェブはリチャード・ブランソン率いるヴァージン・グループと通信用半導体大手のクアルコムからの出資を受けた。同年5月、ヴァージンからの追加出資、エアバス・グループ、コカコーラなどからも出資を得た。同年6月、衛星製造をエアバスに900機発注した。米フロリダ州に、これまでにない多数の衛星を一気に製造するための工場を建設中であると報じられた。グレッグ・ワイラー フレッシュアイペディアより)

  • ブレーメン

    ブレーメンから見たエアバスエアバス

    造船および金属工業では21世紀にはいる頃から産業構造の変化が起きている。二大造船所のヴェーザー造船所とブレーマー・ヴルカン造船所をはじめとする多くの企業が生き残ることができなかった。ブレーメン製鋼所はアルセロール(2006年以降は アルセロール・ミッタル)に買収された。これに対して航空・宇宙産業では、ブレーメンは現在、その間接部門やハイテク研究部門の所在地となっている。約6,000人のきわめて優秀な人材が活発に研究を行うドイツ最大のテクノロジーパークが大学に設けられた。エアバス機の最終組み立て工程は、ブレーメンで行われている。EADSグループやOHBテクノロジー・グループの企業によって宇宙空間で使い勝手の良い研究室、推進ロケット、あるいは人工衛星システムのモジュールやその一部が制作されている。ラインメタルやアトラス・エレクトローニクは軍事用、民間用の電子技術開発をブレーメンで行っている。この他にゼーバルツブリュック地区にはメルセデスの工場やドイツ鉄道の大きな車両工場がある。ブレーメン フレッシュアイペディアより)

  • XLドイツ航空888T便墜落事故

    XLドイツ航空888T便墜落事故から見たエアバスエアバス

    調査はフランス事故調査委員会 (BEA) を中心に、ドイツの連邦航空機事故調査局 (BFU)、ニュージーランド交通事故調査委員会 (TAIC)、アメリカ国家運輸安全委員会 (NTSB) 及び機体メーカーのエアバスや運航者であるXLドイツ航空の技術者で構成されるグループが行った。XLドイツ航空888T便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ギュータースロー

    ギュータースローから見たエアバスエアバス

    列車・飛行機の協力関係: 2004年7月14日から、ドイツ鉄道のICE 1の編成番号 158(動力車 401 056-3 および 401 559-0)は公式にギュータースローの紋章を掲げている。この他、ルフトハンザのエアバス A321-231 D-AISJ と協力関係を結んでおり、「ギュータースロー」の名称がつけられている。ギュータースロー フレッシュアイペディアより)

  • ヴェッツラー

    ヴェッツラーから見たエアバスエアバス

    1990年からルフトハンザのエアバス 310-300(識別記号 D-AIDH)に「ヴェッツラー」の名前が付けられていた。この機体は2003年にルフトハンザから(2006年に倒産)に売却された。2007年からは、ルフトハンザのエアバス 321-231(識別記号 D-AISH)に「ヴェッツラー」の名前が付けられている。ヴェッツラー フレッシュアイペディアより)

306件中 111 - 120件表示

「エアバス」のニューストピックワード