223件中 11 - 20件表示
  • TAM航空

    TAM航空から見たエアバスエアバス

    1997年、TAM社は同社としては初の大型機として、エアバス社にエアバスA330・10機、A319・4機、A320・34機、計45機を発注した。エアバス社からは即時に機体が供給され、同年中にサンパウロ - マイアミ(マイアミ国際空港)間に同社としては初の海外路線を開設した。TAM航空 フレッシュアイペディアより)

  • シュド・アビアシオン

    シュド・アビアシオンから見たエアバスエアバス

    シュド・アビアシオンはノール・アビアシオン(Nord-Aviation:北方航空事業)と1970年に合併し、アエロスパシアルになった。さらに国際的なコンソーシアムのエアバスをブリティッシュエアロスペース、DASAと作り、最終的には2000年7月10日にドイツのDASAとスペインののCASAと合併して共同会社EADSとなった。EADSはエアバスの親会社である。シュド・アビアシオン フレッシュアイペディアより)

  • MD-11

    MD-11から見たエアバスエアバス

    一方で、1980年代に入ると、ワイドボディ旅客機のハイテク化が進むようになった。ボーイングはグラスコックピットを採用し、航空機関士の乗務を不要としたボーイング767を1981年に初飛行させ、次いでエアバスも同様に航空機関士の乗務が不要なA310を1982年に初飛行させた。さらに、ボーイング747も1985年にグラスコックピットを採用したボーイング747-400の開発を発表した。以後の旅客機では、機体の大きさに関わらず操縦士は2人乗務が常識となってゆくということになるが、これはその前兆でもあった。MD-11 フレッシュアイペディアより)

  • トゥールーズ

    トゥールーズから見たエアバスエアバス

    第二次世界大戦後もシュド・アビアシオンがBACと協同でコンコルドを開発するなど、ヨーロッパ航空産業におけるひとつの拠点の位置を占めている。現在もエアバスの本社がトゥールーズに置かれ、隣接した組み立て工場が稼働中である。トゥールーズ フレッシュアイペディアより)

  • DC-9

    DC-9から見たエアバスエアバス

    ところが、1991年の湾岸戦争によって一挙に航空不況が訪れると売上が激減、MD-11の失敗の上にエアバスの同クラス新型機A320シリーズに押されてマクドネル・ダグラスの経営は悪化した。関係の深かった中華人民共和国と韓国が共同開発を予定していた小型旅客機「AE100」への参加交渉が泥沼となったために撤退(1995年)し、単独で受注に成功したMD-90シリーズの最終モデルMD-95の開発を決定した。だが、冷戦後の軍用機需要の低下や、MD-11の失敗などによる極度の経営悪化によって1996年にボーイング社との合併に至った。開発中だったMD-95はボーイングが引き継ぎ、ボーイング717-200として発売された。DC-9 フレッシュアイペディアより)

  • EADS

    EADSから見たエアバスエアバス

    EADS(イーエーディーエス、European Aeronautic Defence and Space Company)は、ヨーロッパの大手航空・宇宙企業である。エアバスの100%親会社である。ユーロネクストとフランクフルト証券取引所に株式公開している。EADS フレッシュアイペディアより)

  • カーチス・ライト

    カーチス・ライトから見たエアバスエアバス

    1980年代、ブリティッシュ・エアロスペース/エアバス・インダストリー・コンソーシアムへピーン・フォーミング・サービスを提供。A-320、A-330、A-340などで利用される。カーチス・ライト フレッシュアイペディアより)

  • Il-96 (航空機)

    Il-96 (航空機)から見たエアバスエアバス

    Il-96(イリューシン96;ロシア語:'イール・ヂヴィノースタ・シェースチ;別表記:イリユーシン・ヂヴィノースタ・シェースチ;ラテン文字転記Ilyushin 96')は、1980年代にソ連のイリューシン設計局で開発された4発ワイドボディ旅客機。Il-86を改良して作られた。ロシア製旅客機で初めての新機軸が大幅に採用され、エアバスやボーイングなど、欧米の旅客機と比肩する装備を持っている。Il-96 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァリグ・ブラジル航空

    ヴァリグ・ブラジル航空から見たエアバスエアバス

    また同時期には国内大手のクルゼイロ航空を傘下に収め、その後吸収合併するなど拡大路線を突き進んだ。なおこの際に同社が導入していたエアバスA300B2の運航を受け継ぎ、初めてのエアバス機の導入となった。ヴァリグ・ブラジル航空 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド航空

    フィンランド航空から見たエアバスエアバス

    1986年 同社初のエアバス製ワイドボディ機、エアバスA300B4を導入。その後のフィンランド航空の、エアバス機を中心としたフリート構成の基礎となる。フィンランド航空 フレッシュアイペディアより)

223件中 11 - 20件表示

「エアバス」のニューストピックワード