306件中 21 - 30件表示
  • ボーイング717

    ボーイング717から見たエアバスエアバス

    本項では以下、ダグラス、マクドネル・ダグラス、ボーイングおよびエアバス製旅客機については社名を省略して英数字のみで表記する。たとえばマクドネル・ダグラスMD-80は「MD-80」、ボーイング737は「737」、エアバスA320は「A320」とする。ボーイング717 フレッシュアイペディアより)

  • 旅客機のコックピット

    旅客機のコックピットから見たエアバスエアバス

    操縦輪とは、旅客機の操作をするもののひとつで、ハンドル状になっている。ピッチ(上昇と降下)とロール(左右の傾き、横滑り)などの操作をするための装置で、ハンドルにも無線の送信用・自動操縦解除などいくつかのボタンがついていることがある。また、エアバスが製造する旅客機では、エアバスA320シリーズから、操縦輪に換わってサイドスティックと呼ばれる装置が採用されている。これは操縦輪より小型でジョイスティックのように片手で操作でき、左席の左側と右席の右側に取り付けられている。操縦輪は引いたり押したり捻ったりだけで、回す必要がないので自動車のステアリングホイールのような全円ではない。旅客機のコックピット フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス MD-11

    マクドネル・ダグラス MD-11から見たエアバスエアバス

    一方で、1980年代に入ると、ワイドボディ旅客機のハイテク化が進むようになった。ボーイングはグラスコックピットを採用し、航空機関士の乗務を不要としたボーイング767を1981年に初飛行させ、次いでエアバスも同様に航空機関士の乗務が不要なA310を1982年に初飛行させた。さらに、ボーイング747も1985年にグラスコックピットを採用したボーイング747-400の開発を発表した。以後の旅客機では、機体の大きさに関わらず操縦士は2人乗務が常識となってゆくということになるが、これはその前兆でもあった。マクドネル・ダグラス MD-11 フレッシュアイペディアより)

  • BAEシステムズ

    BAEシステムズから見たエアバスエアバス

    2000年から2001年にかけて、BAEは宇宙分野の部門をヨーロッパ航空宇宙企業EADSへの売却やミサイル部門のMBDAへの売却で整理が行われた。2004年に軍用車両メーカーアルヴィス plcを買収し、2005年にユナイテッド・ディフェンス・インダストリーズ (UDI) も買収することで、軍用車両の大手企業となった。同年プラムツリー・ソフトウェアも買収し、アクセンチュアとの提携関係を継承した。一方で、株式20%を保有していたエアバスを2006年に80%の株式を保有していたEADSへ売却した。BAEシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • CFMインターナショナル CFM56

    CFMインターナショナル CFM56から見たエアバスエアバス

    世界で最も多く生産された旅客機であるボーイング737を始め、エアバスA320やA340などのパワープラントとして採用されているため、CFM56の生産数は多い。他にもアメリカ空軍のKC-135R空中給油機のエンジン更新プログラムにおいてF108として採用され、KC-135AのJ57 ターボジェットエンジンから大きな性能向上を果たした例がある。エアバスA340-200と300 シリーズにおいてはCFM56-5Cのみが採用され、同様にエアバスA320でも搭載される。CFMインターナショナル CFM56 フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス トレント

    ロールス・ロイス トレントから見たエアバスエアバス

    エアバスA330向けには当初トレント600(680)が予定されていたが、A330が計画値より重量超過したため、拡大版700(720)が新規に設計された。1989年にキャセイ・パシフィック航空から10機、トランス・ワールド航空から20機の確定発注を受けて翌1990年に進空し、1994年に90分、1995年に120分、1996年には180分間のETOPS認証を獲得した。2007年のパリ航空ショーまでに700は140基を受注し、A330搭載エンジンの41%のシェアを獲得している。ロールス・ロイス トレント フレッシュアイペディアより)

  • トリブバン国際空港

    トリブバン国際空港から見たエアバスエアバス

    2010年代に入り航空管制施設や衛星測位システムなどの発達によりRNP-AR(Required Navigation Performance ? Authorization Required)方式の進入が可能となり、対応機材の航空機を運用していれば従来の進入方式よりある程度の曲線を描いた進入が可能となり経路短縮、空域騒音区域軽減、進入時間短縮による燃料消費、二酸化炭素排出の削減といった効果が期待され、2013年1月21日にエアバスはカタール航空保有の同社A319が同方式での同空港への進入に成功したことを発表し、同年4月に同空港をハブとするネパール航空は同方式に対応したA320を購入することを決定した。トリブバン国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • カタール航空

    カタール航空から見たエアバスエアバス

    2007年に行われたドバイ航空ショーにおいて、カタール石油、シェル石油、エアバス、ロールス・ロイス、カタール・サイエンス&テクノロジー・パークの5社と提携し、天然ガス由来液体燃料を開発することを決定した。これが実現すれば、カタール航空が世界で最初に天然ガス由来の燃料で飛行機を飛ばす航空会社になると示唆した。炭酸ガスの排出を大幅に削減し、地球温暖化の抑制を貢献できる利点があるとしている。カタール航空 フレッシュアイペディアより)

  • トゥールーズ

    トゥールーズから見たエアバスエアバス

    第二次世界大戦後もシュド・アビアシオンがイギリスのBACと協同でコンコルドを開発するなど、ヨーロッパ航空産業におけるひとつの拠点の位置を占めている。現在もエアバスの本社がトゥールーズに置かれ、トゥールーズ・ブラニャック空港に隣接した組み立て工場で大型旅客機のエアバスA380やエアバスA330などが製造されている。トゥールーズ フレッシュアイペディアより)

  • 民間機

    民間機から見たエアバスエアバス

    現在の代表的な民間機製造メーカーは、100席を超えるジェット機では、アメリカのボーイングとヨーロッパのエアバスである。両社は、旅客機を中心に民間機を製造している。過去にはマクドネル・ダグラスやロッキードも代表的な民間機製造メーカーであった。一方、貨物機は、旅客機の貨物バージョン(派生型)として開発されることが多い。民間機 フレッシュアイペディアより)

306件中 21 - 30件表示

「エアバス」のニューストピックワード