223件中 21 - 30件表示
  • ボーイング787

    ボーイング787から見たエアバスエアバス

    787の開発開始を受けて、2005年にライバルのエアバス社は787に対抗するための機材としてA330に大幅に手を加えたA350を発表した。発表当初の目標性能では「A350の方が航続距離、旅客数ともに増加している」とされているが、ボーイング社は「787は全く新しい旅客機のため、A330をリファインしても当機を超えることはできない」と主張した。ボーイング787 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たエアバスエアバス

    1980年代、ボーイングは既に世界最大の旅客機メーカーとして君臨していたが、一方で猛追するエアバスの脅威にもさらされていた。とりわけリタイヤが進んでいた3発ワイドボディ機ロッキード L-1011 トライスターやマクドネル・ダグラスのDC-10の後継機争いでは、同じくマクドネル・ダグラスのMD-11やエアバスのA330、A340に対抗しうる旅客機を持っていなかった。中でもA340はボーイング747-400よりは小さいものの、航続性能ではほぼ互角、しかもA340の方がはるかに燃費が良かった。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

  • C-X (輸送機)

    C-X (輸送機)から見たエアバスエアバス

    また、車両などの大型貨物を搭載する為に断面積が旅客機より大きく、広い機内スペースを確保する為にバルジを設けて主脚を収納するために歪になった機体形状によっても空気抵抗が増える。これらにより、高速巡航には向かなくなりがちである。XC-2はこれらの課題を考慮し、機体は空気抵抗を抑えた形状として、主翼は高速巡航に最適化し、エンジンはボーイングやエアバス製の旅客機にも使われている大推力エンジンを採用した。上記の通り機体サイズ・最大積載量・航続距離のいずれの点においてもC-1、更にC-130Hを大きく上回り、現在国際共同開発中のエアバス A400Mに匹敵するが、ターボプロップエンジン推進のA400M、あるいは他のジェット輸送機に比べて巡航速度が速く、民間の旅客機並みの高亜音速で、民間の旅客機と同じ高度や航路を活用して目的地への迅速な輸送が可能となる。またC-1等より大型の機体であるが、大推力エンジンの搭載等によりC-1並みの短距離離着陸(STOL) 性能を維持しており、滑走路の短い地方空港への輸送にも運用できる。C-X (輸送機) フレッシュアイペディアより)

  • ボーイングとエアバス

    ボーイングとエアバスから見たエアバスエアバス

    ボーイングとエアバスは、過去から現在まで、ライバル関係にある航空機製造メーカーで、特に旅客機においてはお互いライバル機を多く製造している。初の競合機はボーイング側が製造するボーイング767とエアバス側が製造するエアバスA300である。ボーイングとエアバス フレッシュアイペディアより)

  • 機体

    機体から見たエアバスエアバス

    結局、ワイドボディ機と呼ばれる大型機体の組み立ては、米国のボーイングとヨーロッパのエアバスによって支配されることになった。ヨーロッパ、北米および南米の多くの製造業者は、定員100人以下の機体市場を引き継ぐこととなった。多くの製造業者は機体部品を製造している。機体 フレッシュアイペディアより)

  • FJR710 (エンジン)

    FJR710 (エンジン)から見たエアバスエアバス

    この RJ500 エンジンは、ボーイング社がボーイング737-300のエンジンにGE製CFM56-3を選定してしまったためそれ以上の開発は行われなかったが、翌年になりプラット・アンド・ホイットニー(アメリカ)、MTU(西ドイツ、当時)およびフィアット(イタリア)の 3 社グループが加わり、スイスに IAE (International Aero Engines AG) という名称のエンジン製造会社を設立(のちにフィアットは出資者から離脱)。ここでやや推力を高めた新エンジン "V2500" を開発した。この国際共同開発エンジンはエアバス A320 やマクドネル・ダグラス MD-90 等に採用され、2007年(平成19年)現在で 3,000 台を越える受注を得た。FJR710 (エンジン) フレッシュアイペディアより)

  • スカイバス航空

    スカイバス航空から見たエアバスエアバス

    機体はエアバス社のA319型機に統一していた。外装は、オレンジ色のスカイバス社のロゴを基調とした塗装と、広告をほぼ全面に展開したものとが想定されていた。スカイバス航空 フレッシュアイペディアより)

  • 相互乗員資格

    相互乗員資格から見たエアバスエアバス

    エアバスは操縦系統がほかと異なるA300とA310、その派生型を除く全ての型式で、この相互乗員資格が認められている。よって最も小型のA318から世界最大のA380の間にも相互乗員資格が認められていて、いづれかの操縦資格を持つ操縦士は、別の資格を得る時も2週間程度などの短い訓練時間で済む。これによる航空会社の利点は、短い訓練時間で複数の機種を操縦できる操縦士を育成できることで、安価に保有機の運用能力を高められるところにある。相互乗員資格 フレッシュアイペディアより)

  • 圧縮空気推進

    圧縮空気推進から見たエアバスエアバス

    エアバス - 圧縮空気タンク製造会社圧縮空気推進 フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・デュラン

    アンリ・デュランから見たエアバスエアバス

    エアバス社の本社が所在するフランス航空産業のメッカであるトゥールーズ近郊という環境もあって、航空マニアとして育った。アンリ・デュラン フレッシュアイペディアより)

223件中 21 - 30件表示

「エアバス」のニューストピックワード