306件中 31 - 40件表示
  • マクドネル・ダグラス MD-90

    マクドネル・ダグラス MD-90から見たエアバスエアバス

    本項では以下、ダグラス、マクドネル・ダグラス、ボーイングおよびエアバス製旅客機については社名を省略して英数字のみで表記する。たとえばダグラスDC-9は「DC-9」、ボーイング737は「737」、エアバスA320は「A320」とする。マクドネル・ダグラス MD-90 フレッシュアイペディアより)

  • C-2 (航空機・日本)

    C-2 (航空機・日本)から見たエアバスエアバス

    このような条件がある中でC-2には、ISO 40フィートコンテナを積んだセミトレーラを牽引車込みで搭載可能なスペースと高速巡航という相反する性能が求められた。これらの課題解決のため、C-2の主翼は胴体より上にあり、主翼桁が貨物室を圧迫しない配置になっている。これにより、例えばA400Mの貨物室高さが主翼部でそれ以降の4mより15cm低い3.85mに対し、C-2は全貨物室で4mの高さを確保している。なおこの主翼配置によって増大する空気抵抗は、主翼前後を大型のフェアリングで覆うことで抑えており、C-2の外見上の特徴となっている。また高速巡航のため主翼形状を遷音速領域に適応したスーパークリティカル翼型とし、エンジンもボーイング製やエアバス製の旅客機にも使われている大推力エンジンを採用した。C-2 (航空機・日本) フレッシュアイペディアより)

  • ISAE SUPAERO

    ISAE SUPAEROから見たエアバスエアバス

    SUPAEROは1909年に設立された。世界で最初の航空宇宙工学専門の学校であり、ヨーロッパの航空宇宙分野では最も優れた学校の1つと認識されている。卒業生の多くはエアバス等の世界各地の主要航空機メーカーへ就職している。ISAE SUPAERO フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング

    ボーイングから見たエアバスエアバス

    ボーイング(The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバスと世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発・設計製造を行う。機体の設計に関して、有限要素法の設計手法の導入に先んじていて、その技術は車輌構体設計など他分野にも技術供与されており、世界の航空宇宙機器業界をリードしている。ボーイング フレッシュアイペディアより)

  • エアバス・グループ

    エアバス・グループから見たエアバスエアバス

    エアバス・グループ()は、2000年7月から2017年1月まで、ヨーロッパの大手航空・宇宙企業であり、民間航空機メーカーであるエアバスの100%親会社であった。2017年1月にエアバス・グループは子会社のエアバスと合併、存続会社の名称はエアバスとなったため、企業名称としては消滅しているが、コーポレートサイトでは民間航空機製造部門と区別する意味でエアバス・グループの名称も併用されている。企業としてのエアバス・グループの法的所在地はオランダのライデンであったが、メインオフィスはフランス南部のブラニャックにあった。ユーロネクスト、フランクフルト証券取引所、マドリード証券取引所に株式公開している(、、)。エアバス・グループ フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737MAX

    ボーイング737MAXから見たエアバスエアバス

    2010年12月、ライバルのエアバス社がA320の機体により燃費の良い新エンジンを搭載したA320neoをローンチした。各航空会社からは高評価で迎えられ、特にエアアジア、IndiGoから大量の受注があった。A320neoの好調な滑り出しを受け、2011年8月30日、ボーイング取締役会では対抗馬としてボーイング737 MAX計画の立ち上げを決議した。 対エアバスA320で16%、同A320neoに対しては4%の燃費向上を狙う。航続距離はA320neoと同等かそれを上回る計画。初号機は2017年の予定。ボーイング737MAX フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス DC-9

    マクドネル・ダグラス DC-9から見たエアバスエアバス

    ところが、1991年の湾岸戦争によって一挙に航空不況が訪れると売上が激減、同時期に就航開始したMD-11の失敗の上に、MD-80/90シリーズがエアバスの同クラス新型機A320シリーズやボーイング737の新世代機に押されたこと、さらにMD-11とMD-80/90シリーズの間に入る経済的な中型の中長距離機のラインナップが無いことなどからマクドネル・ダグラスの経営は悪化した。マクドネル・ダグラス DC-9 フレッシュアイペディアより)

  • Tu-204 (航空機)

    Tu-204 (航空機)から見たエアバスエアバス

    この旅客機の開発には、ロシアのIl-96と同様に革新的な技術が導入されており、西側のエアバス機などに導入されているフライ・バイ・ワイヤとグラスコックピット、主翼端に付けられたウイングレットに加え西側同様の航空電子機器を装備し、さらにロシア製の航空機では初めてイギリス製のロールスロイスRB211-535ターボファンエンジンを装備している。また機体には特殊な金属素材が多用されているという。Tu-204 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 新明和工業

    新明和工業から見たエアバスエアバス

    2002年(平成14年) - エアバスA380向け部品製造を開始。新明和工業 フレッシュアイペディアより)

  • 西久保愼一

    西久保愼一から見たエアバスエアバス

    2010年、エアバス社の超大型機A380を導入(2014年予定)し、欧米への国際線展開を発表した。国内線では再び中型機A330を導入し羽田発着路線の提供席数を増やす。A330では全席をJALのクラスJに相当する"グリーンシート"を導入。単なる価格競争から座席品質に競争の軸足を移し、LCCとの消耗戦からの脱却を図った。 また石垣島や宮古島では片道5,000円という破格の運賃を提供し、割高であった離島リゾート路線に価格破壊を持ちこんだ。他社競合のない茨城路線においても一貫して低価格運賃を提供した。西久保愼一 フレッシュアイペディアより)

306件中 31 - 40件表示

「エアバス」のニューストピックワード