223件中 31 - 40件表示
  • チャイナエアラインの航空事故

    チャイナエアラインの航空事故から見たエアバスエアバス

    1994年4月26日:中華航空140便(エアバスA300-600R、機体記号B-1816)チャイナエアラインの航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • メカクローム

    メカクロームから見たエアバスエアバス

    航空部門ではエアバス、ボーイングなどの航空機メーカーはもちろんのこと、ロールス・ロイス、SAAB、ダッソーなどとも取引関係がある。メカクローム フレッシュアイペディアより)

  • ユーロフライ

    ユーロフライから見たエアバスエアバス

    2001年以来エアバス社の機材のみを使っている。ユーロフライ フレッシュアイペディアより)

  • YXX

    YXXから見たエアバスエアバス

    プロペラ式となる新型プロップファンエンジンは噴射式のターボファンエンジンに比べて燃費が良いことが上げられ、運航費の10パーセント低下をエアラインに強調するつもりであった。また、プロペラ機ながら、マッハ0.75の速度に達することができ、ターボファンに引けを取らない低振動・低騒音の高性能エンジンと新型プロペラを搭載することとした。価格はエアバスのA320並を目指すこととしていた。YXX フレッシュアイペディアより)

  • YSX

    YSXから見たエアバスエアバス

    ところが、この年の5月、ボーイングはAE100の離脱を表明し、AE100はAIRが受注したものの、中韓の意見がまとまらずに停滞した。欧州勢にしてみれば、ようやく勝ち取ったにもかかわらず、何の利益もなく、無駄に時間を浪費しただけだった。一方ボーイングは、AE100から離脱したものの、YSXに帰ってくる様子は全くなかった。エアバスのA380に対抗するための747X計画(後に凍結)を抱え、737-500を改造するという中途半端な計画に魅力を感じなくなったようだ。YSX フレッシュアイペディアより)

  • ガルフ・エア072便墜落事故

    ガルフ・エア072便墜落事故から見たエアバスエアバス

    2000年8月23日、ガルフ・エア072便はエアバスA320-212(機体記号:A4O-EK)で運行されていた。飛行計画ではエジプトのカイロを出発し、バーレーンに向かう予定であった。ガルフ・エア072便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • YX

    YXから見たエアバスエアバス

    日本の企業は民間機を1機種しか作っていないにもかかわらず、これら多数の企業が共同参加を打診してきたのには、YS-11完成による日本の技術力の高さを買ったのはもちろん、欧米企業の下請け部門も納期を守るうえに高品質など、評価は非常に高かったからであるが、同時に70年に設立されたエアバスの存在が各社を焦らせていた。フランスと西ドイツは共同でエアバスを設立し、中型機を共同開発してリスクを分散させる方式をとったことに各企業は魅力を感じており、また市場を奪い合うより共同で開発したほうが得策であると判断したからである。国際共同開発は1970年代から世界の潮流になり始めていた。YX フレッシュアイペディアより)

  • ローンチカスタマー

    ローンチカスタマーから見たエアバスエアバス

    大手2大航空機メーカー、ボーイング社とエアバス社を筆頭に、主要メーカーの機種におけるローンチカスタマーを例に挙げてみる。ローンチカスタマー フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の航空

    2011年の航空から見たエアバスエアバス

    (納入前倒し) エアバス社(フランス・トゥールーズ)は、本日近・中距離型機の「A320NEO」を半年前倒しの、2015年10月からの納入開始を発表。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 中国北方航空

    中国北方航空から見たエアバスエアバス

    中華人民共和国の航空当局の政策により1988年に中国民用航空総局(CAAC)の瀋陽管理局を引き継いで誕生。主にエアバス社やマクドネル・ダグラス社の旅客機を運航し、中国東北部を結ぶ路線が中心であるが、韓国や日本への路線もあった。中国北方航空 フレッシュアイペディアより)

223件中 31 - 40件表示

「エアバス」のニューストピックワード