306件中 41 - 50件表示
  • Project Open Sky

    Project Open Skyから見たエアバスエアバス

    2002年4月 - Microsoft Flight Simulator 2002用に3代目ボーイング767シリーズを公開。これはgMaxで制作された初のモデルとなり、より自然な翼の反りを再現したモデルである。また、同じ時期にグループ初となるボーイング社以外のモデル、エアバス社のエアバスA330シリーズを公開した。Project Open Sky フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ホワイト (外交官)

    ロビン・ホワイト (外交官)から見たエアバスエアバス

    1986年から1987年までハーバード大学で研究生として行政学の課程を受講。1987年から1989年まで国務省貿易協定部副部長を務め、反日感情、エアバスへの補助金、対外助成金、主要国首脳会議に関する事案を管理。1989年から1990年まで国務次官特別補佐官を務め、日米構造協議、系列取引問題、日本の国家予算抑制、物価合同調査、日本の購買習慣、通商産業省に関する事案を管理。1990年から1991年まで国務省日本部にて経済担当課長を務め、クウェート侵攻、日本の再軍事利用に関する憲法問題、日本経済に関する課題、ソニーによるMGM買収、日本買いに関するアメリカの反発などの事案を管理。ロビン・ホワイト (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • ボーイングNLA

    ボーイングNLAから見たエアバスエアバス

    このNLAは747-400発達型を含めて5機種が検討されていた。その後、1機種に絞ることとなっていた。NLAは500席以上の機体市場を狙って発表されたもので、同時期にはエアバスA3XX(現在のA380)とマクドネル・ダグラスMD-12の構想も発表されていた。しかしながら、この計画はライバルメーカーの計画を牽制するために発表した側面もあり、ボーイング社は同規模の旅客機市場では複数のメーカーが参入するほどの市場規模はないとして、実際に開発に着手することはなく、ボーイング747の性能向上型の開発に力を入れるようになった。次世代超大型機の構想は水面下に沈み、この市場はエアバス社のA380が独占するように見えた。しかし、ボーイング社も簡単にユーザーを見放すことはせず747Advanced 計画として再び浮上して来た。そして2005年11月15日、日本貨物航空とカーゴルックスによる発注(貨物型)によりボーイング747-8として正式ローンチすることとなった。この型は前述の「新大型旅客機構想」の答えである。ボーイングNLA フレッシュアイペディアより)

  • SABCA

    SABCAから見たエアバスエアバス

    SABCA(Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques)はベルギーの航空宇宙分野の企業である。ダッソーのグループ会社である。破産したフォッカーの保有していたSABCAの株式は Storkが保有している。民間航空や防衛産業の分野で航空機の装備品の設計、製作や航空機の保守業務をおこなっている。SABCAの事業所は3ヶ所あって、ブリュッセルのHaren空港に本社と航空機の近代化業務の部門があり、CharleroiのGosselies空港に航空機の保守、近代化業務の部門があり、ルーメンに装備品製作とエアバスなどに納入する航空機部品を製作する工場がある。SABCA フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の外交

    欧州連合の外交から見たエアバスエアバス

    このほか欧州連合域内の製造者が安い中華人民共和国製品との競争に耐えられなくなり、例えば欧州連合向けの繊維製品に関する貿易摩擦といった問題を抱えている。中華人民共和国と欧州連合は協調関係の構築を模索しており、例えば中華人民共和国がガリレオ・プロジェクトに参加し、2億3000万ユーロの資金を投じたり、中華人民共和国内に製造工場を建設する見返りとして、2006年にフランス大統領ジャック・シラクが訪中したさいにエアバス製飛行機を150機注文している。欧州連合では1985年に中華人民共和国との間で結ばれた通商協力協定に替えて、より包括的な連携協力協定の締結計画が持ち上がっている。中華人民共和国にとって欧州連合は最大の貿易相手となっており、欧州連合にとって中華人民共和国は2番目に大きな貿易相手となっている。欧州連合の外交 フレッシュアイペディアより)

  • ランゴン (ジロンド県)

    ランゴン (ジロンド県)から見たエアバスエアバス

    埠頭 - ランゴンの川港は17世紀に全盛期を迎えた。当時、ワインは水上輸送でボルドーに運ばれていた。現在この場所は遊歩道となっている。さらに上流では、エアバス社が工業港をかまえ、大西洋から陸揚げされた部品をトゥールーズ一帯へ輸送している。ランゴン (ジロンド県) フレッシュアイペディアより)

  • スカイバス航空

    スカイバス航空から見たエアバスエアバス

    機体はエアバス社のA319型機に統一していた。外装は、オレンジ色のスカイバス社のロゴを基調とした塗装と、広告をほぼ全面に展開したものとが想定されていた。スカイバス航空 フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・リース・ファイナンス

    インターナショナル・リース・ファイナンスから見たエアバスエアバス

    ボーイングとエアバスの航空機をエア・カナダ、エールフランス、ルフトハンザ、アメリカン航空など世界中の航空会社にリースしている。インターナショナル・リース・ファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • KC-45 (航空機)

    KC-45 (航空機)から見たエアバスエアバス

    ノースロップ・グラマン/EADS連合のKC-30T案は、対抗機であるボーイング社のKC-767案よりも大型の機体であり、給油と貨物の搭載量の面では優位であったが、ヨーロッパの仏・独主導のエアバス製という他国製の航空機であることによる感情面や雇用面の問題があった。KC-45 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合域内排出量取引制度

    欧州連合域内排出量取引制度から見たエアバスエアバス

    2012年3月には中国当局は欧州製エアバス機の購入を控えるよう各航空会社に働きかけていて45機程度差し止められたことが判明し、エアバス及びヨーロッパの主要航空会社、航空関連企業が連名でイギリス、フランス、ドイツなどの欧州各国政府首脳へ書簡を送付し、排出規制をめぐる対立の解決を求めた。欧州連合域内排出量取引制度 フレッシュアイペディアより)

306件中 41 - 50件表示

「エアバス」のニューストピックワード