223件中 41 - 50件表示
  • 中国商用飛機

    中国商用飛機から見たエアバスエアバス

    この企業は資本金が19億元(2008年5月の時点で27億USドル)で中央政府をはじめ、上海の地方政府やAVIC IやAVIC IIが主要な株主として名を連ねる。この政府が所有する企業は最終的にボーイングやエアバスへの依存を減らす為に150席以上の大型旅客機の設計と生産を専門にしている。中国商用飛機 フレッシュアイペディアより)

  • 僕はイーグル

    僕はイーグルから見たエアバスエアバス

    短期大学卒業後は大手商社に勤めすぐに結婚。エアバス撃墜事件で撃墜されたエアバスに乗っており、娘の「理恵」と生存するも夫を失う。僕はイーグル フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の航空

    2000年の航空から見たエアバスエアバス

    7月10日 - エアバス社と欧州の航空宇宙企業が統合され、EADS社となった。2000年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 軍用機のコックピット

    軍用機のコックピットから見たエアバスエアバス

    サイドスティック方式を採用している主な戦闘機は、F-16、F-22、F-35などが代表例である。このうちF-16とF-22は、サイドスティック自体がほとんど動かず、操縦士が操縦桿にかける圧力を感知して操縦を行うシステムであった。しかしF-35からは、サイドスティック自体も大きく動く、従来の操縦桿同様な方式を採っている。また、大型の軍用機であってもB-1、B-2、C-17では操縦輪でなく足間に操縦桿を取り付け、旅客機にもサイドスティックを採用しているエアバスは軍用機にも同様にサイドスティックを用いている。しかし近年でも依然として、戦闘機などでは足間に操縦桿、大型機では操縦輪を採用する場合もあり、各国、各メーカーの設計思想の違いが表れている。(採用する軍隊によって変更された例はある:イスラエル空軍のF-16は操縦桿を右側から中央に移している。この場合操縦システムがフライ・バイ・ワイヤーなので変更できた)軍用機のコックピット フレッシュアイペディアより)

  • 東邦テナックス

    東邦テナックスから見たエアバスエアバス

    東邦テナックス株式会社(とうほうテナックス)は、東京都文京区に本社を置くPAN系炭素繊維メーカー。世界を代表する規模を誇り、生産高は世界第2位。主力製品である炭素繊維は、風力発電のブレード(羽根)や高圧タンク向けなどの産業用途のほか、仏エアバス社の超大型旅客機エアバスA380を始めとした航空・宇宙分野向けに出荷されている。東邦テナックス フレッシュアイペディアより)

  • コミー

    コミーから見たエアバスエアバス

    2002年5月 - エアバス、FFミラーAIRを標準装備化。コミー フレッシュアイペディアより)

  • GE・アビエーション

    GE・アビエーションから見たエアバスエアバス

    GEAEの末期には、アメリカの航空機メーカー・ボーイングの新型機787に対し、GE90 の発展型GEnx を提案し、ロールス・ロイスと共に選定された。また787の競合機としてヨーロッパの航空機メーカー・エアバスが開発中のA350へも GE90 および GEnx の採用を強く働きかけ、さらに747-400 の後継機として開発中の747-8 への、2年間のエンジン独占供給権も確保している。GE・アビエーション フレッシュアイペディアより)

  • テールスキッド

    テールスキッドから見たエアバスエアバス

    代表的な装備機種はボーイングの767-300や777-300、エアバスのA340、超音速旅客機コンコルドなど。テールスキッド フレッシュアイペディアより)

  • リープヘル

    リープヘルから見たエアバスエアバス

    タワークレーンの製造から始まった同社は、家電、鉄道車両、航空機産業および工作機械などにも進出しており、エアバス・インダストリーの主要サプライヤーでもある。リープヘル フレッシュアイペディアより)

  • バタビア航空

    バタビア航空から見たエアバスエアバス

    機材は以下の航空機で構成される(2010年4月現在)。ただし、エアアジアグループ入りするためエアバス以外のメーカーが製造した機材は今後数年以内に退役することになる。バタビア航空 フレッシュアイペディアより)

223件中 41 - 50件表示