306件中 51 - 60件表示
  • クラウス=ディートリッヒ・フラーデ

    クラウス=ディートリッヒ・フラーデから見たエアバスエアバス

    2年間の訓練を経て、1992年3月のソユーズTM-14で初の宇宙飛行をした。宇宙飛行後はドイツ空軍に戻り、現在はエアバス社でテストパイロットとして働いている。クラウス=ディートリッヒ・フラーデ フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・デュラン

    アンリ・デュランから見たエアバスエアバス

    エアバス社の本社が所在するフランス航空産業のメッカであるトゥールーズ近郊という環境もあって、航空マニアとして育った。アンリ・デュラン フレッシュアイペディアより)

  • ギャラクシーエアラインズ

    ギャラクシーエアラインズから見たエアバスエアバス

    2006年4月28日 - 1号機(登録番号:JA01GX)をエアバス社より受領。国土交通省航空局に機体登録。ギャラクシーエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • ソニック・クルーザー

    ソニック・クルーザーから見たエアバスエアバス

    ボーイング社はエアバスがA380の開発を開始して約3ヵ月後の2001年3月26日、エアバスA380に対抗して長年計画していた、ボーイング747を改良した747Xの開発を延期した。そして誰もが全く予想していなかった、高速で巡航できる中型機の開発を優先すると発表した。その中型機の概要として、巡航速度はマッハ0.95以上、巡航高度は40,000ft(約12,000m)以上、客席数は100?300席(ボーイング737?767-300クラス)、航続距離は7,500?9,000nm(約16,600km)以上とされるものだった。ソニック・クルーザー フレッシュアイペディアより)

  • エアバスNSR

    エアバスNSRから見たエアバスエアバス

    エアバスNSR(Airbus NSR)はエアバスがA320シリーズ(A318・A319・A320・A321)の後継機として開発を計画している、旅客機である。製造が実施されれば、ナローボディの小型旅客機になるとされている。NSRはNew Short Rangeの略で、このNSRは研究段階での名称であるため、将来的には変更される可能性もある。エアバスNSR フレッシュアイペディアより)

  • リープヘル

    リープヘルから見たエアバスエアバス

    エアバス・インダストリーの主要サプライヤーでもある。リープヘル フレッシュアイペディアより)

  • コミー

    コミーから見たエアバスエアバス

    2002年5月 - エアバス、FFミラーAIRを標準装備化。コミー フレッシュアイペディアより)

  • ブゲネ

    ブゲネから見たエアバスエアバス

    ブゲネにはナント・アトランティック空港があるため、エアバス社のブゲネ工場や、航空会社レジョナル(fr)の本部がある。ブゲネ フレッシュアイペディアより)

  • エアバスUKブロウトンFC

    エアバスUKブロウトンFCから見たエアバスエアバス

    1946年に創設し、当初はチェスターにある飛行機工場・ヴィッカース・アームストロング所有のサッカー部として発足したが、その後は工場の所有者が変更されるにつれてクラブの名称も変更され、現在はフランスの航空機メーカー・エアバスのイギリス法人が運営母体となっている。クラブは長年にわたり、地域リーグで活動をし続け、1999年-2000年度シーズンにウェールズのトップリーグであるウェルシュ・プレミアリーグに昇格を果たす。エアバスUKブロウトンFC フレッシュアイペディアより)

  • ドバイ航空ショー

    ドバイ航空ショーから見たエアバスエアバス

    ドバイ航空ショーは1989年第1回を開催。現在はで開催されており、エミレーツ航空やエティハド航空、カタール航空などがエアバスやボーイングなどの航空機を大量購入されているのが風物詩とも言われている。現在はドバイ政府、ドバイ・エアポーツなどが主催されている。その他、UAE空軍の貴重な展示物なども行っている。1989年の第1回には25機、200社が参加したが、2013年のショーには163機、1046社が参加するといわれており、世界で有数の航空ショーに成長した。ドバイ航空ショー フレッシュアイペディアより)

306件中 51 - 60件表示

「エアバス」のニューストピックワード