223件中 51 - 60件表示
  • Project Open Sky

    Project Open Skyから見たエアバスエアバス

    2002年4月 - Microsoft Flight Simulator 2002用に3代目ボーイング767シリーズを公開。これはgMaxで制作された初のモデルとなり、より自然な翼の反りを再現したモデルである。また、同じ時期にグループ初となるボーイング社以外のモデル、エアバス社のエアバスA330シリーズを公開した。Project Open Sky フレッシュアイペディアより)

  • 操縦桿

    操縦桿から見たエアバスエアバス

    サイドスティック形式を採用する理由としては、例えばロッキード・マーティン(開発当時はジェネラル・ダイナミクス)製の戦闘機F-16では、第一に対G対策のため通常の戦闘機よりもシートが30度後方に傾斜しているため、正面に操縦桿を配置すると手が届かないこと。第二に操縦桿をサイド配置とし、脇を緩めた姿勢で操作する方が、高いGがかかった際の心肺機能への負担が少ないこと、などがあげられる。サイドスティック方式の例としては、他にA320以降のエアバス製旅客機がある。操縦桿 フレッシュアイペディアより)

  • SABCA

    SABCAから見たエアバスエアバス

    SABCA(Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques)はベルギーの航空宇宙分野の企業である。ダッソーのグループ会社である。破産したフォッカーの保有していたSABCAの株式は Storkが保有している。民間航空や防衛産業の分野で航空機の装備品の設計、製作や航空機の保守業務をおこなっている。SABCAの事業所は3ヶ所あって、ブリュッセルのHaren空港に本社と航空機の近代化業務の部門があり、CharleroiのGosselies空港に航空機の保守、近代化業務の部門があり、ルーメンに装備品製作とエアバスなどに納入する航空機部品を製作する工場がある。SABCA フレッシュアイペディアより)

  • インテルジェット

    インテルジェットから見たエアバスエアバス

    インテルジェットは現在エアバスのA320-214型機で運航を行っている。運航開始当初は7機のA320を現在は破綻したヴォラーレ・エアラインズからリースしており、また新たにA320を年間4機のペースで買い進めている。当初は合計で20機の購入に加え10機のオプションも保有していたが、エアバス社は2007年1月にオプションの10機も発注されたと発表した。インテルジェット フレッシュアイペディアより)

  • サウスイースト・アジアンエアラインズ

    サウスイースト・アジアンエアラインズから見たエアバスエアバス

    2006年9月にタイガーエアウェイズが資本参加、エアバスA319による国際線の運航を開始した。サウスイースト・アジアンエアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • ラウプハイム陸軍飛行場

    ラウプハイム陸軍飛行場から見たエアバスエアバス

    ディール・エアロシステムズ社の事業所が飛行場の端に設けられていた。2008年11月まではエアバス社の一部業務を請け負っていたが、事業再編によりエアバスによって買収され業務が引き継がれている。ラウプハイム陸軍飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • VASP航空

    VASP航空から見たエアバスエアバス

    また、1970年代に入るとボーイング727-200やエアバスA300を導入し、国内線の高需要路線に投入したほか、これらの機材を使って隣国のアルゼンチンやボリビア、ウルグアイなどに近距離国際線を運航するまでになった。VASP航空 フレッシュアイペディアより)

  • コロミエ

    コロミエから見たエアバスエアバス

    経済は主として航空関連業界や、ビジネスパークを通じた第三次産業からなっている。コミューン北東部の航空業ゾーンにはエアバス社とEADS社がある。コロミエ フレッシュアイペディアより)

  • 潘慶林

    潘慶林から見たエアバスエアバス

    そのビジネス経験から、フランスのエアバスのアジア初進出となる天津工場の誘致に成功するなど、中国国家開発区である「天津経済技術開発区」(TEDA)の発展にも大きく寄与、その功績が認められ、2009年11月にはTEDAを含む「天津濱海新区」の駐日総代表に就任した。潘慶林 フレッシュアイペディアより)

  • エアバス ベルーガ

    エアバス ベルーガから見たエアバスエアバス

    エアバス ベルーガ (Airbus A300-600ST Super Transporter, Beluga) は、エアバスA300をベースに開発した貨物機。ベルーガとはシロイルカの意味。大きな航空機部品を輸送する巨大な貨物室を持っているため、特徴的な外見を持っている。5機が生産され、全機がエアバス社の関連企業SATIC (Special Aircraft Transport International Company) により運航されている。エアバス ベルーガ フレッシュアイペディアより)

223件中 51 - 60件表示

「エアバス」のニューストピックワード