306件中 61 - 70件表示
  • エラスムス・ムンドゥス

    エラスムス・ムンドゥスから見たエアバスエアバス

    進路はエアバス・ロールス・ロイス・欧州宇宙機関・ドイツ航空宇宙センター (DLR) などの航空宇宙業界、および博士課程への進学がある。エラスムス・ムンドゥス フレッシュアイペディアより)

  • ボーイングY1

    ボーイングY1から見たエアバスエアバス

    エアバスでも同クラスのA320シリーズ後継機としてエアバスNSR計画を進めている。ボーイングY1 フレッシュアイペディアより)

  • ヘタフェ空軍基地

    ヘタフェ空軍基地から見たエアバスエアバス

    基地は軍事利用のみならずEADS=CASAの工場が隣接し、生産された部品をエアバスのトゥールーズ工場ヘ輸送するため隣接している鉄道施設を使用する。隣接するもう一つの工場ではスペイン軍に納入されるユーロファイター タイフーン多用途戦闘機が集積されてスペイン仕様に整備してから納入されている。航空交通については主に軍用と軽空輸用途に限られている。ヘタフェ空軍基地 フレッシュアイペディアより)

  • KR-860 (航空機)

    KR-860 (航空機)から見たエアバスエアバス

    これは旧ソビエト連邦のウクライナ共和国のアントノフ設計局(現ウクライナのANTKアントーノウ)が開発した世界最大の大型輸送機であるAn-225の600トンを凌駕していた。1999年に開催されたパリ航空ショーでは1/24スケールのモックアップ模型が展示された 。また構想では300機の市場需要があるとしていたほか、天然ガスを運搬する輸送機にする構想もあった。世界で初めて総2階建て構造を採用したエアバス社のA380は、実際に300機を超える発注契約を獲得し、プロジェクト全体での黒字化に成功した事から、スホーイ社の需要予測は正しかったと言える。この機体のローンチカスタマーとなる航空会社が現れた場合は、開発コストとして100億USドルを見込んでいた。KR-860 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • アエリオン AS2

    アエリオン AS2から見たエアバスエアバス

    アエリオン AS2(Aerion AS2)は、がエアバスと共同開発している超音速ビジネスジェット。アエリオン AS2 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の経済

    欧州連合の経済から見たエアバスエアバス

    欧州連合加盟国からは世界有数とされる多国籍企業の多くが生まれ、世界規模での本社もおかれている。そのような企業には分野別で世界最大の規模を持つものもある。例えばアリアンツは金融業の売上高では世界最大であり、エアバスは世界のジェット機のほぼ半分を製造している。エールフランス‐KLMは運行本数で世界最大の航空会社、アモリムは世界最大のコルク加工・製造会社、アルセロール・ミッタルは世界最大の鉄鋼会社、ダノン・グループは乳製品市場の世界最大手、アンハイザー・ブッシュ・インベブは世界最大のビール会社、ロレアル・グループは世界最大の化粧品会社、LVMHは世界最大の高級嗜好品コングロマリット、ノキアは世界最大の携帯電話製造会社、ロイヤル・ダッチ・シェルは世界最大のエネルギー資本、ストゥーラ・エンソは世界最大の生産能力を持つパルプ・製紙会社である。欧州連合にはこのほかにも売上高、営業利益、市場占有率、従業員数などの指標で世界最大規模の企業が存在する。欧州連合に本拠を置く企業の多くがそれぞれの部門で世界上位10位以内に入っている。欧州連合の経済 フレッシュアイペディアより)

  • コンソーシアム

    コンソーシアムから見たエアバスエアバス

    営利目的のコンソーシアムの例としてエアバスがある。1970年に創設された、民間航空機製造業者である。エアバスは現在はEADSの傘下にある。EADS自身はアエロスパシアル・マトラ(フランス)、DASA(ドイツ)、CASA(スペイン)の合併により誕生した。この各社が元々エアバス・コンソーシアムを結成しており、その出資割合は順に 37.9%、37.9%、4.2% であった。ほかにBAEシステムズが20%を出資していたが、2006年にその分を売却している。コンソーシアムとしてのエアバスは、出資割合に応じて利益を各社に分配するものであり、業務も出資割合に応じて割り当てられる。コンソーシアム フレッシュアイペディアより)

  • トルコ空軍

    トルコ空軍から見たエアバスエアバス

    現在トルコ空軍の固定翼戦力は、防空戦力の主力としてF-16 ファイティングファルコンC/D戦闘機×224機、F-4ファントムII E/E 2020戦闘機×174機を、日々のスクランブル発進に使用している。輸送機戦力としては、小型輸送機CN235×43、中型戦術輸送機C-130 ハーキュリーズB/E×18機、C-160T×16機 新型輸送機エアバス社製輸送機A400M アトラス輸送機×2機(最終的に8機調達予定)、早期警戒管制機ボーイング737 AEW&C×4機などとなっている。ヘリコプター戦力(回転翼機)も輸送用と戦闘用でそれぞれ配備されている。トルコ空軍 フレッシュアイペディアより)

  • CFMインターナショナル LEAP

    CFMインターナショナル LEAPから見たエアバスエアバス

    CFMによって合計28基の試験用エンジンが認証取得に使用され、他の32基はエアバス、ボーイング、中国商用飛機で認証取得のために試験計画で使用される。試験計画に入る最初のエンジンはエアバス A321で安全のために必要とされる最高推力への到達に成功した。試験運転において同じエンジンで推力に到達した。GE・アビエーションは2014年10月6日にLEAP-1Cの最初の飛行試験をカリフォルニア州ヴィクターヴィルで同社所有のボーイング747型機に懸架して実施した。C型の特徴は2枚構成のドアを廃して一体型のOリングによる逆推力装置を備えたことである。逆推力装置はOリングを後部にスライドして展開することにより旧設計よりも抵抗が少なく高効率である。CFMインターナショナル LEAP フレッシュアイペディアより)

  • 相互乗員資格

    相互乗員資格から見たエアバスエアバス

    エアバスについては操縦系統がほかと異なるA300とA310、その派生型を除く全ての型式で、この相互乗員資格が認められている。よって最も小型のA318から世界最大のA380の間にも相互乗員資格が認められていて、いづれかの操縦資格を持つ操縦士は、別の資格を得る時も2週間程度などの短い訓練時間で済む。これによる航空会社の利点は、短い訓練時間で複数の機種を操縦できる操縦士を育成できることで、安価に保有機の運用能力を高められるところにある。相互乗員資格 フレッシュアイペディアより)

306件中 61 - 70件表示

「エアバス」のニューストピックワード