223件中 71 - 80件表示
  • エアバスNSR

    エアバスNSRから見たエアバスエアバス

    エアバスNSR(Airbus NSR)はエアバスがA320シリーズ(A318・A319・A320・A321)の後継機として開発を計画している、旅客機である。製造が実施されれば、ナローボディの小型旅客機になるとされている。NSRはNew Short Rangeの略で、このNSRは研究段階での名称であるため、将来的には変更される可能性もある。エアバスNSR フレッシュアイペディアより)

  • イランエアツアーズ

    イランエアツアーズから見たエアバスエアバス

    現在は旧ソ連製ツポレフTu-15410機で運用していたが、旧ソ連製航空機の信用性の低さとスペアパーツの入手の難しさが一連の事故につながっているとの批判から、近年フリートの変更に着手している。現在のところ最新鋭のツポレフTu-204を5機を発注しており、2008年より受領予定である。また、中古のエアバスの機体も購入した。イラン・エアツアーズの機材は以下の通り(2009年3月21日現在)。イランエアツアーズ フレッシュアイペディアより)

  • クラウス=ディートリッヒ・フラーデ

    クラウス=ディートリッヒ・フラーデから見たエアバスエアバス

    2年間の訓練を経て、1992年3月のソユーズTM-14で初の宇宙飛行をした。宇宙飛行後はドイツ空軍に戻り、現在はエアバス社でテストパイロットとして働いている。クラウス=ディートリッヒ・フラーデ フレッシュアイペディアより)

  • アル=ワリード・ビン・タラール

    アル=ワリード・ビン・タラールから見たエアバスエアバス

    2007年11月12日、エアバス社の最新鋭旅客機A380を3億ドルでプライベート機として購入した。1億ドルの改装費をかけ、機内には2つのダイニングやゲームルーム、主寝室などを設置した。ミサイル防衛システムなども装備しており、エアバス社では"The Flying Palace"(空飛ぶ宮殿)と呼んでいる。アル=ワリード・ビン・タラール フレッシュアイペディアより)

  • TACA航空

    TACA航空から見たエアバスエアバス

    エアバスよりA319及びA320を購入して、機材の総入れ替えを行った。TACA航空 フレッシュアイペディアより)

  • ノースロップ・グラマン

    ノースロップ・グラマンから見たエアバスエアバス

    その後はしばらく、新型機の採用や量産計画などはなかったが、KC-X (次期空中給油輸送機計画)でEADSと組み、エアバスが開発したエアバス A330 MRTTをベースにした機体を提案し、ボーイング社提案のKC-767ベース案と争った。2008年2月29日にアメリカ空軍はノースロップ・EADS案を採用。12KC-45とという機体名で179機生産する予定でいた。しかし同年6月に米会計検査院(GAO)からこの決定に対して見直し勧告が行なわれたため、KC-Xの選定作業は振り出しに戻った。その後2011年2月24日に再選定により国防総省はボーイング社案を採用(KC-46と命名)したため、KC-45は不採用となった。ノースロップ・グラマン フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の外交

    欧州連合の外交から見たエアバスエアバス

    このほか欧州連合域内の製造者が安い中華人民共和国製品との競争に耐えられなくなり、例えば欧州連合向けの繊維製品に関する貿易摩擦といった問題を抱えている。中華人民共和国と欧州連合は協調関係の構築を模索しており、例えば中華人民共和国がガリレオ・プロジェクトに参加し、2億3000万ユーロの資金を投じたり、中華人民共和国内に製造工場を建設する見返りとして、2006年にフランス大統領ジャック・シラクが訪中したさいにエアバス製飛行機を150機注文している。欧州連合では1985年に中華人民共和国との間で結ばれた通商協力協定に替えて、より包括的な連携協力協定の締結計画が持ち上がっている。中華人民共和国にとって欧州連合は最大の貿易相手となっており、欧州連合にとって中華人民共和国は2番目に大きな貿易相手となっている。欧州連合の外交 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合域内排出量取引制度

    欧州連合域内排出量取引制度から見たエアバスエアバス

    2012年3月には中国当局は欧州製エアバス機の購入を控えるよう各航空会社に働きかけていて45機程度差し止められたことが判明し、エアバス及びヨーロッパの主要航空会社、航空関連企業が連名でイギリス、フランス、ドイツなどの欧州各国政府首脳へ書簡を送付し、排出規制をめぐる対立の解決を求めた。欧州連合域内排出量取引制度 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーグッピー

    スーパーグッピーから見たエアバスエアバス

    1960年代にアポロ計画のサターンロケットを空輸するために改造されたものであり、活躍していた。また、スーパーグッピー4機が1970年代から、ヨーロッパのエアバスインダストリー(エアバス)で、欧州各地に分散する生産拠点から、胴体や翼などの大型品を最終組立工場まで輸送するために運用されていた。そのためライバルメーカーであるボーイング社がエアバスの生産のために手助けしていたことになり、「全てのエアバス機はボーイングの翼によって届けられた」と揶揄された。この状態はエアバスが自社製造のエアバス ベルーガ輸送機を導入したことによって解消された。スーパーグッピー フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737マックス

    ボーイング737マックスから見たエアバスエアバス

    そんな中ライバルのエアバス社は2010年にA320neoを投入。通路数が1本のナローボディー機で、燃費・運用効率のよい新型エンジンを搭載した。各航空会社からは高評価で迎えられ、特にエアアジア、IndiGoから大量の受注があった。A320neoの成功を受け、2011年8月30日、ボーイング取締役会では対抗馬としてボーイング737マックス計画の立ち上げを決議した。 対エアバスA320機で16%、同A320neo機で4%の燃費向上を狙う。 航行距離はA320neoと同等かそれを上回る計画。 初号機は2017年納入の予定。ボーイング737マックス フレッシュアイペディアより)

223件中 71 - 80件表示