223件中 81 - 90件表示
  • リビア航空

    リビア航空から見たエアバスエアバス

    これらの経済制裁が1999年4月に解除された後は、国際線の運航も再開された。また、エアバス・ボーイング等の航空機の導入を積極的に進めて、経年機材の置き換えを進めている。リビア航空 フレッシュアイペディアより)

  • MD-12

    MD-12から見たエアバスエアバス

    そこで機体構成を全面的に変更し、新設計する主翼に 4 発のエンジンをパイロン装備し、胴体は総二階建ての客室を持つものにしたものを MD-12 として発表したのである。これは当時ボーイング社が構想していた NLA とエアバス社のエアバスA380 に対抗するためでもあり、ボーイング747よりも大きな機体になるはずであった。メディア等では初就航は「1997年(事実上不可能)」と発表されていたこともあった。MD-12 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Flight Simulator X

    Microsoft Flight Simulator Xから見たエアバスエアバス

    前作では収録されなかったエアバス製航空機の追加。Microsoft Flight Simulator X フレッシュアイペディアより)

  • GKN

    GKNから見たエアバスエアバス

    その後、社名をGKN plcに変更し、ファスナーや製鋼事業から手を引いて、軍用車両製造や航空宇宙産業へ参入した。1994年にヘリコプターの製造メーカーウエストランド・エアクラフトを買収したが、軍用車両の製造部門をアルビス plcに売却した。さらに、2000年にはイタリアのフィンメッカニカとヘリコプター製造部門と合併に合意し、アグスタウェストランドを設立したが、これも株式をフィンメッカニカに売却して手放した。しかし、2008年に1億5千万ポンドでエアバスのブリストル工場を買収して航空宇宙産業を維持している。また、粉末冶金による金属部品製造を拡大させ、GKN シンターメタルズ (GKN Sinter Metals) が世界的な企業グループとして成功した。GKN フレッシュアイペディアより)

  • エア・ジャマイカ

    エア・ジャマイカから見たエアバスエアバス

    1994年ジャマイカ政府は会社の民営化を発表し、25%を残し残りの株式を売却した上でこのうちの5%をエア・ジャマイカの従業員に払い下げた。民営化後はこれまでのボーイングとマクドネル・ダグラスにかわりエアバスから機材を購入するようになり、マイレージサービスの導入や機内誌の発行、同じカリブの国であるセントルシアに運航基地を設けるなど積極的に事業を拡大していった。エア・ジャマイカ フレッシュアイペディアより)

  • KC-X

    KC-Xから見たエアバスエアバス

    選定延期の混乱により、最有力である旅客機改造案のほか、中古機(実質DC-10)改造と既存KC-135Eの改修案、大型「給油機」と小型「戦術給油機」を調達し、混合して運用する案も提示された。2005年8月に空軍は「KC-10のような大型給油機を装備するのが最適」として、エアバスA330、ボーイング777、ボーイングC-17 グローブマスターIII輸送機のどれかをベースとした改造機案をしめしている。このうち、C-17は2007年に調達を完了する事となっており、生産ラインも閉じられる為、実質はボーイングかエアバスの旅客機を採用する事が予想されたが、開発段階のものであり、性能と運用コストの点で777改造機やA330MRTTは未知数であった。KC-X フレッシュアイペディアより)

  • ブラニフ航空

    ブラニフ航空から見たエアバスエアバス

    その後ハイアットホテル経営者一族のジェイ・プリツカーが音頭を取り、パンアメリカン航空が発注したものの同社の倒産により受領されなかったエアバスA320型機2機により1989年に再度同名で運航を開始するが、1990年に湾岸戦争による乗客減などを受け運航を停止した。その後1991年に復活するものの、こちらもまもなく運航を停止した。ブラニフ航空 フレッシュアイペディアより)

  • シュターデ郡

    シュターデ郡から見たエアバスエアバス

    ダウ・ケミカル、AOS、エアバス、E.ONといった企業が住民の多くを雇用している。アルテス・ラントは観光化が進んでおり成功している。この地域には多くのレストランやホテルがある。シュターデ郡 フレッシュアイペディアより)

  • ケニア航空431便墜落事故

    ケニア航空431便墜落事故から見たエアバスエアバス

    2000年1月30日、ケニア航空431便はエアバスA310-304(機体記号:5Y-BEN)(機体愛称:Harambee Star)で運行されていた。ケニアのナイロビを出発し、ナイジェリアのラゴスを経由しコートジボワールのアビジャンに向かう予定であった。ケニア航空431便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング717

    ボーイング717から見たエアバスエアバス

    100席クラスの航空機市場をターゲットにしていたため、ボーイング社の商品群のなかで最も小さい旅客機であった。このクラス機体はそれなりの需要を見越して開発され、エアバスのA318と市場を争ったが、両機ともより大型の機体の短縮型であり座席数の割に重量がややかさむ。ボーイング717 フレッシュアイペディアより)

223件中 81 - 90件表示

「エアバス」のニューストピックワード